明石家さんまさん、大竹しのぶさんの連れ子とのエピソードが感動的!!

明石家さんまさんの息子の二千翔(にちか)さんは実は大竹しのぶさんの連れ子、つまり明石家さんまさんと血が繋がっていません。それでも明石家さんまさんが二千翔(にちか)さんに愛情を注ぐエピソードが感動的でした!!

明石家さんまさん一家

明石家さんまさんは4人家族

明石家さんまさんは1988年に大竹しのぶさんと結婚。1992年に離婚しますが、その間は4人家族でした。

元妻・大竹しのぶさん

現在のところ、明石家さんまさんの奥さんだったことのある唯一の女性が大竹しのぶさん。

息子・二千翔(にちか)さん(Twitterより引用)

出典:o.twimg.com

息子・二千翔(にちか)さん(Twitterより引用)

そして今回の主役となるのが息子の二千翔(にちか)さん。大竹しのぶさんのマネージャーを務めた後、自ら会社を立ち上げて社長をしているそうです。

明石家さんまさんの息子・二千翔(にちか)さんは大竹しのぶさんの連れ子だった

大竹しのぶさんには前の夫がいた

実は大竹しのぶさんは明石家さんまさんの前に別の方と結婚していました。それはTBSのディレクターだった服部清治さんで、その間に生まれたのが二千翔(にちか)さんだったのです。

しかし、服部さんはガン侵され結婚後まもなくして他界。

出典:明石家さんまの長男の画像!家族の絆!!: 話題の最新ニュース!!ネタコレ!!

そこで二千翔(にちか)さんを連れて、大竹しのぶさんは明石家さんまさんと再婚したのです。

明石家さんまさんと二千翔(にちか)さんとの心温まるエピソード!

息子と血の繋がっていない明石家さんまさん

二千翔(にちか)さんは大竹しのぶさんの連れ子なので明石家さんまさんと血は繋がっていません。しかしそれでも実の子のように大切に育てていたそうです。

喘息持ちだった二千翔(にちか)さん

元々身体の弱かった二千翔(にちか)さんは喘息がひどかったようです。そんな二千翔(にちか)さんが体調を崩した時の明石家さんまさんの行動が心温まります。

にちかさんは、子供の頃はとても体が弱かったそうです。
ぜんそくの発作に悩まされ、薬が手放せない生活でした。
ぜんそくの発作でにちかさんが寝込んでいるとき、
さんまさんはひたすらにちかさんに寄り添って、「気」を送ったそうです!

出典:明石家さんまの長男の画像!家族の絆!!: 話題の最新ニュース!!ネタコレ!!

明石家さんまさんが頼ったのは気功

明石家さんまさんが頼ったのは気功。夜中じゅうずっと二千翔(にちか)さんに気を送り続けました。すると…?

夜中から朝までずっとさんまさんま気功を送り続け
倒れそうになりながら必死でやったそうなんです
すると、熱がぴたっと下がってしまったそうです
すごいのはこの後で・・・・・・
大人になった現在まで喘息の症状は全く出なくなったそうです

出典:さんまとにちかのエピソードが感動で心が震える!IMALUを含めた親子関係

「病は気から」と言いますが…。

IMALUさんと二千翔(にちか)さんへ愛情を平等に

実の子ではない二千翔(にちか)さん

明石家さんまさんにとって、IMALUさんは血が繋がっていますが二千翔(にちか)さんは血が繋がっていません。しかしそこで愛情の差が生まれないように明石家さんまさんは配慮をしました。

さんまさんは仕事を終えて家に帰ってくると
真っ先ににちかさんを抱っこしたそうです!実の子のIMALUさんより先に!!
これも、血がつながっていない寂しさをにちかさんに感じさせないための
さんまさんの配慮だったとか。

出典:明石家さんまの長男の画像!家族の絆!!: 話題の最新ニュース!!ネタコレ!!

明石家さんまさん、みんな合わせて一家族!

明石家さんまさんが「IMALU」に込めた想い

IMALUさんの名前の由来というと、「『い』きてるだけで『まる』もうけ」「『いま』をいき『る』」というのが有名ですが、実は心温まるもうひとつの理由がありました。

有名な話なんですが、もうひとつ素敵なエピソードがあるんです
1IMALU 2にちか 3さんま 4しのぶ
これで家族1つだからって意味だったそうですよ

出典:さんまとにちかのエピソードが感動で心が震える!IMALUを含めた親子関係

明石家さんまさん一家は4人で「一家族」

二千翔(にちか)さんまで含めてちゃんと1~4まで揃うようになっている明石家さんまさん一家の名前。血は繋がっていなくても明石家さんまさんは二千翔(にちか)さんまで大事にしているのです。

明石家さんまさん一家は今も仲が良い

ちなみに明石家さんまさん一家、離婚後も家族みんな仲が良いそうです。羨ましいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング