谷崎潤一郎の代表作「刺青」と映像化作品まとめ

耽美主義の作家として有名な谷崎潤一郎による小説「刺青(しせい)」の魅力と、「刺青」を原作とした映像化作品を紹介しています。

谷崎潤一郎

明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。

出典:谷崎潤一郎 - Wikipedia

その文豪としての印象は、ちょっぴり、いや、相当ねっとりしているといわなければならないだろう。というか、単刀直入にいうなら、きわめてエ○チな色合いを帯びた(時には、ほとんど変態っぽくさえある)作風のブンゴウなのだ。

出典:その12 谷崎潤一郎は、正真正銘のヘンタイです。 | 本は友だち! |...

谷崎潤一郎の作品には女性愛やマゾヒズム、フェチシズムなどが散見されます。

谷崎潤一郎は「耽美主義」の作家

耽美主義の作家、谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品が「変態っぽくさえある」と思われるのは、谷崎潤一郎が耽美主義の作家であるからでしょう。
耽美主義とは、どのような考え方なのでしょうか?

道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮である。これを是とする風潮は19世紀後半、フランス・イギリスを中心に起こり、生活を芸術化して官能の享楽を求めた。1860年頃に始まり、作品の価値はそれに込められた思想やメッセージではなく、形態と色彩の美にある、とする立場である。

出典:耽美主義 - Wikipedia

とても簡単に言ってしまえば、「それが道徳的・思想的に正しいかどうかではなく、美しさのみを追求する」のが耽美主義と言えるでしょう。

谷崎潤一郎と供に「耽美主義」として有名な三島由紀夫

三島由紀夫の小説「金閣寺」なども、耽美主義の影響を色濃く受けています。

三島由紀夫「金閣寺」

1950年に実際に起きた「金閣寺放火事件」を題材とした三島由紀夫の小説。金閣寺の「美」に憑りつかれた学僧が、寺を放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語です。

谷崎潤一郎と供に耽美主義とされる夢野久作の小説「ドグラ・マグラ」

小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』と並んで、日本探偵小説三大奇書に数えられています。

「美」を第一に追求する「耽美主義」。なんとなくイメージがついたでしょうか。

谷崎潤一郎の代表作「刺青」(しせい)

谷崎潤一郎「刺青」

皮膚や足に対するフェティシズムと、それに溺れる男など、谷崎作品に共通するモチーフが見られる、谷崎潤一郎の代表作です。

「世の中が今のように激しく軋みあわない時分」、多くの人々が刺青をしてその意匠を比べ合っていた中に、清吉という、元浮世絵職人の彫り師がいた。清吉は美女の体に己の魂を彫り込みたいという宿願を持っていたが、満足する女を見つけられずに過ごしていた。そんな中、駕籠の簾から女の足がこぼれているのを見て、清吉はこれぞ自分の求めていた女だと確信したのだった。

出典:刺青 (小説) - Wikipedia

駕篭から覗く美しい足を見た清吉は、その女に恋をしてしまう

拇指(おやゆび)から起って小指に終る繊細な五本の指の整い方、絵の島の海辺で獲れるうすべに色の貝にも劣らぬ爪の色合い、珠のような踵(きびす)のまる味、 清冽な岩間の水が絶えず足下を洗うかと疑われる皮膚の潤沢。

出典:�J�菁��Y�@�u�h�v

谷崎潤一郎の女性の足へのフェチシズムがうかがえる一文です。

清吉は、その娘の背に巨大な蜘蛛の刺青を彫るのだった

「親方、私はもう今迄のような臆病な心を、さらりと捨てゝしまいました。───お前さんは真先に私の肥料(こやし)になったんだねえ」

出典:jenga:2013年06月02日

清吉に刺青を彫られた美しい娘は、清吉にこう言い放ったのです。

男を肥やしにして輝く残虐な女性…これが清吉の求めた「美しい女性」だったのです。

「刺青」はこれまで何作も映画化されている

1966年 「刺青(いれずみ)」

小説「刺青」の読みは「しせい」ですが、こちらの映画は「いれずみ」です。

1984年 「刺青 IREZUMI」

スターを目前にしながら刺青を彫られてしまい、堕ちていく女と、彼女に群がる男たちの姿を描く。谷崎潤一郎の同名の小説を、舞台を現代に移して映画化したもの

出典:刺青(1984) | Movie Walker

2005年 「刺青 SI-SEI」

こちらも現代劇にされています。

2007年 「刺青 堕ちた女郎蜘蛛」

不倫に破れ、出会い○サイトのサクラをしているアサミ(川島令美)は、妻子と別居し自己啓発セミナーの勧誘をしている二ノ宮(和田聰宏)と出会う。彼に連れられ刺青師の彫光(嶋田久作)を訪ねたアサミは、女○蜘蛛の刺青を彫ることを決意する。彼女の背中に彫られた刺青は、やがて二人の生き方を大きく変え始める……。

出典:解説・あらすじ - 刺青

2009年 「刺青 背負う女」

家族関係や不倫に悩む主人公が、日本画展の取材をきっかけに女彫師や心から愛せる男と出会い、入れ墨を彫られることを通して大胆に生まれ変わる姿を描く。

出典:解説・あらすじ - 刺青 背負う女 - 作品 - Yahoo!映画

刺青 匂ひ月のごとく (2009)

それぞれの映画が、谷崎潤一郎による原作の魅力を残しつつ、その時代に合うようにアレンジされています。映画を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング