中山美穂が12年ぶりの主演!元夫・辻仁成原作の映画「サヨナライツカ」

中山美穂が12年ぶりの映画主演をつとめた映画「サヨナライツカ」は、元夫である辻仁成の原作小説を映画化した作品です。 ここでは「サヨナライツカ」の魅力をご紹介します。

中山美穂

中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の歌手、女優。身長158cm。
長野県佐久市生まれで東京都小金井市出身。ビッグアップル所属。
作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一 咲」(にのまえ さき)というペンネームを使用していた時期もあった。愛称は「ミポリン」。
実妹は女優の中山忍。元夫はミュージシャン・小説家の辻仁成。

出典:中山美穂 - Wikipedia

中山美穂主演の映画「サヨナライツカ」

中山美穂主演の映画「サヨナライツカ」

今はもう離婚してしまった元夫・辻仁成による小説を、中山美穂の主演で映画化した作品です。

1975年、灼熱のバンコク。お金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“ただ、愛されること”を求め生きてきた沓子は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。たちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていくふたり。しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に婚約者がいたのだった。
かなわぬ恋とわかっていながら、愛することこそが本当の愛だと気づいた沓子は、それでも、豊を愛しつづけると決める……。そしてふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが──

出典:MOVIE|最高に切ないラブストーリー『サヨナライツカ』プレビュー

中山美穂の元夫であり、「サヨナライツカ」原作者の辻仁成

映画「サヨナライツカ」の公開当時は原作者・辻仁成と主演・中山美穂の二人はまだ夫婦だったので、二人が離婚されてから見ると寂しいものがあります…。

辻仁成による原作の小説「サヨナライツカ」

サヨナライツカ

永遠の不幸もないように
永遠の不幸もない
いつかサヨナラがやってきて、いつかコンニチワがやってくる
人は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトにわかれる

私はきっと愛したことを思い出す

出典:◆サヨナライツカ◆ | 本読みの休日

物語のテーマとなっている詩「サヨナライツカ」。

「サヨナライツカ」監督のイ・ジェハン監督

前作「私の頭の中の消しゴム」が日本でも「泣ける!」と話題になったイ・ジェハン監督がメガホンをとった作品です。

「誰にでも忘れられない人がいる」っていいね。私も、愛したこと思い出すんだろな。こんなに泣かされた映画ははじめてかも。

出典:サヨナライツカのレビュー・感想・評価 - 映画.com

「サヨナライツカ」で中山美穂が12年ぶりの映画主演 ラブシーンを熱演

「サヨナライツカ」主演の中山美穂と西島秀俊

映画「サヨナライツカ」では、二人の大胆なラブシーンも見所です。

中山美穂さんはさすがですね。
ベテランオーラがでてます。

大人のキスの見本みたい。

出典:西島秀俊と中山美穂のキスシーン〜「サヨナライツカ」に学ぶ

「サヨナライツカ」で大胆なドレスに身を包んだ中山美穂

中山美穂と西島秀俊の大人の色気が楽しめそうです。

でも実際の撮影の現場は、すごくリアルで全然ロマンチックじゃないんです。監督のこだわりで、足の角度は絶対にこうで、手はこっちというのがあって。

出典:『サヨナライツカ』中山美穂 単独インタビュー - インタビュー - Yahoo!映画

「サヨナライツカ」での中山美穂と西島秀俊

お二人とも、麗しい…。

9割以上の衣装がオリジナル!?映画「サヨナライツカ」では中山美穂の衣装にも注目すべし

「サヨナライツカ」では、イ・ジェハン監督の前作『私の頭の中の消しゴム』でも衣装を担当したキム・ソンギルがその90%以上をオーダーメイドで作ったという中山美穂の衣装にも注目したいところです。

misslady@lady113351

サヨナライツカ マナカトウコのドレス素敵すぎるんですけど http://t.co/ma9Q1zVoT9

大胆に背中の開いたドレスの中山美穂に思わずドキッとしてしまいますね。

セクシーで挑発的な沓子の神秘的な魅力を表現するためには、1970年代のイメージを基本に、時代を超えて洗練されたクラシカルな衣装が必要だった。

出典:『サヨナライツカ』中山美穂のために作られた洗練された衣装の数々 |...

デザイン、色彩、質感どれをとっても絶妙です。

鮮やかなフレアスカートとリボンが印象的な中山美穂 【サヨナライツカ】

白くて大きな帽子のラインが女性的な印象を与えています。夜の大胆なドレスとのギャップが鮮やかですね。

髪を結った姿も素敵な中山美穂 【サヨナライツカ】

出典:pbs.twimg.com

髪を結った姿も素敵な中山美穂 【サヨナライツカ】

キスシーンが絵になりますね。

物語にのめりこんで泣くも良し、中山美穂と西島秀俊の色気に酔うも良し、美しい衣装を楽しむも良し。中山美穂が12年振りに映画主演をつとめた「サヨナライツカ」、観てみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング