【永遠の大関候補】若の里がついに引退か...これまで歩んできた若の里相撲の軌跡まとめ【だっはっは】

若の里関がついに引退へ、これまで歩んできた若の里の相撲の歴史をたどってみました。通算勝利数歴代6位のユニークな人気力士の引退に寂しさこみあがるファンたち。

若の里、膝が限界...引退を固める。

若の里引退。24年間分の礼

若の里、引退へ。
取り組みの後、土俵へ5秒間の礼をしました。

西十両11枚目の若の里(29=田子ノ浦)は、深々と、土俵に向かって礼をした。それは5秒間も続いた。「24年分の礼です」。目をつぶると温かな拍手が耳に入った。若の里の目と鼻が赤くなった。「込み上げてくるものがありました。花道を下がるとき、涙がこぼれてしまった」。

出典:若の里も引退へ 両膝限界「やりきりました」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

若の里、引退の原因は膝の限界

膝の怪我が引退の原因、限界だった若の里の膝

膝に治療しながらの取り組みが続いていました。
膝への負担が限界だったようです。

限界に近かった両膝。週に1度は水を抜いていた。通常は10ccの中で、片膝100cc以上になった。15日間をもたせる強烈な痛み止めも打っていた。だが、最後まで取り切った。「なんか、肩の荷が下りました」と穏やかな顔になった。

出典:若の里も引退へ 両膝限界「やりきりました」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

若の里が引退を決めた取り組み

若の里は同6枚目・天鎧鵬(30)=尾上=に寄り切りで敗れ、11敗目(4勝)。
1997年九州場所で新十両に昇進してから守り続けた関取の座を失い、幕下転落が確実。花道ではあふれる涙をタオルでぬぐい「悔しいけど、現実を受け入れることになる。幕下に落ちたら相撲を取らないという現実を受け入れると思う」と引退する考えを示した。

出典:若の里引退へ 花道で深々頭下げ「24年分の礼です」(スポーツ報知) -...

若の里のこれまでの戦績、功績。

輝かしい若の里

若の里 忍(わかのさと・しのぶ)本名・古川忍。1976年7月10日、青森・弘前市生まれ。39歳。田子ノ浦部屋。92年春、鳴戸部屋に入門「古川(こがわ)」で初土俵。97年九州、新十両。98年夏、新入幕。13年12月に田子ノ浦部屋に転籍。最高位は関脇。幕内では613勝568敗124休。三賞は10回(殊勲4回、敢闘4回、技能2回)。金星は2個。

出典:若の里引退へ 花道で深々頭下げ「24年分の礼です」(スポーツ報知) -...

若の里が歩んできた相撲道

中学時代からのライバルの若の里、高見盛

若の里は10歳から相撲を始めた、中学時代には同郷に高見盛、武州山がいました。
青森県の同期が3人も相撲界に入るという快挙。すごい年代だったのですね。

鳴子部屋に入門。1日100番を越える稽古が若の里を待っていた

入門後も思ったように勝ちきれないときも

大関昇進のチャンスを勝ちきれなかった若の里。

特に2003年11月場所と2005年1月場所の2度、関脇で連続2桁勝利を挙げ、その場所大関獲りのチャンスを掴んだものの、2度共に負け越して失敗、結局大関昇進はならなかった。

出典:若の里忍 - Wikipedia

怪我にも悩んだ若の里

怪我にも苦しんだ若の里

相撲もスポーツ。怪我は付き物ではあるんですよね。
若の里もその一人、怪我に苦しむ時期がありましたし、引退の理由としても膝の負担ですし。本人にとっては歯がゆく、悔しいでしょう。

2005年9月場所より度重なる怪我に襲われ、2006年11月場所には十両下位の11枚目まで陥落した。

出典:若の里忍 - Wikipedia

若の里の「だっはっは」

ファンにはたまらない若の里の「だっはっは」

若の里のインタビュー時の「だっはっは」が今でも心に残っている方が多いようです。

相撲デスク・佐々木一郎@Ichiro_SUMO

若の里関の迫力あるすり足。重りの石には、先代師匠直筆の「自分の頭で考えろ」の文字がある。「若の里関も、いろいろ考えながらやってるんですよね?」と聞くと「一応、少ない脳みそで考えてますよ。だっはっは」。#sumo http://t.co/8bFOWlhR

相撲デスク・佐々木一郎@Ichiro_SUMO

若の里関は連敗せず、勝って4勝1敗とした。明日の6日目は、5連勝中の千代大龍戦。「全勝力士か。カベにはなれないけど、ベニア板くらいにはなりたいな。だっはっは」。#sumo

相撲デスク・佐々木一郎@Ichiro_SUMO

若の里関が、(おそらく)史上初めて、春巡業の「風紀委員長」に任命された。今まで風紀係しかなかったが、委員長が新設。委員は豊ノ島、安美錦、隠岐の海、北太樹の各関取。若の里関は「全身全霊で頑張ります。だっはっは」。#sumo http://t.co/ejmyeFaKTx

ファンから愛されているのが伝わりますね!

相撲界からまた1人偉大な力士を失ってしまう

これにて引退なら、今後の進退は?

「まだまだ辞めたくないという気持ちがあるので、まだ現実を受け入れるのに時間がかかる。気持ちだけなら、まだ5年でも10年でもやりたい」と心境を告白。「いずれは決断するので、少し待っていてください。また改めて発表します」と言い残して帰路についた。

出典:若の里引退へ 花道で深々頭下げ「24年分の礼です」(スポーツ報知) -...

親方への進展などまだ考えたくない若の里

とりあえず、長い間お疲れ様でした。と言いたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング