仲間由紀恵さん主演ドラマ「アンタッチャブル」の内容と評判

アンタッチャブルは、2009年10月から12月までに放送されたサスペンスミステリードラマです。豪華キャストで迎えたこのドラマの流れをまとめてみました。

ドラマ「アンタッチャブル」とは?

アンタッチャブルの出演者

仲間由紀恵さんを主演にしたサスペンスミステリードラマです。

『アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜』(アンタッチャブル じけんきしゃ なるみりょうこ)は、2009年10月16日から12月18日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、ABCとテレビ朝日の共同制作・テレビ朝日系で放送された日本のテレビドラマ。主演は仲間由紀恵。

キャッチコピーは「世の中には、触れてはいけない闇がある。」と「その闇は、触れてはならない。」。

出典:アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜 - Wikipedia

主な登場人物

アンタッチャブルメインキャスト1 鳴海 遼子(仲間 由紀恵)

出典:yanajun.com

アンタッチャブルメインキャスト1 鳴海 遼子(仲間 由紀恵)

ドラマの主人公で、三流誌「アンタッチャブル」記者として奔走する。

アンタッチャブルメインキャスト2 遠山 史朗(要 潤)

三流誌「アンタッチャブル」編集長で、主人公とは過去から繋がりがあるが、あまり関わりたくないと思っている。

アンタッチャブルの人物相関

出典:www.se99.jp

アンタッチャブルの人物相関

取材記者として、様々な事件の取材をしていく物語です。

ストーリーと様々な出演者

ドラマでは、鳴海 遼子が様々な事件の闇を取材する

出典:stat.ameba.jp

ドラマでは、鳴海 遼子が様々な事件の闇を取材する

コミカルな演出を交えての展開になっています。

アンタッチャブルのストーリーに関してですが、仲間由紀恵が三流週刊誌記者を熱演しており、アンタッチャブルな社会の闇の真相に迫っていくという本格的なミステリーとなっているそうです。

出典:あらすじ:ドラマ アンタッチャブル

ドラマでは毎回ゲスト出演者の演技も見所

警察も見逃す事件の闇を嗅ぎつける敏腕記者として、コミカルに演じています。

様々な役柄を演じるドラマの出演者にも注目

小野真弓さんが特殊メイクで出演した回のものです。

小野は、初めての特殊メークについて、「40分ほどでメークをしていただきました。近くで見ても自然で、技術の素晴らしさに感動しました」と感想を。また、「メークを施した後に自分自身どんなふうになるのだろう? とまったく想像がつかず、見た時は正直“誰?”と思いました(笑)」と普段とのギャップに驚いた様子。

出典:小野真弓がドラマ「アンタッチャブル」で特殊メークに初挑戦!

ドラマの最終回には、主人公の過去にまつわる未解決事件の真相に迫る

すべての謎が解けていく流れに注目です。

視聴率、人気ぶりは?

ドラマの初回視聴率は11.6%

初回放送は2桁とまずまずの滑り出しでした。

10月初旬に行なわれた制作発表記者会見では、
「構想2年、練りに練り上げられたドラマ」
であると発表され、仲間さんも
「先の読めない展開のドラマでワクワク、ドキドキして撮影に臨んでいます」
と語っていました。

出典:視聴率絶不調の「アンタッチャブル」でも打ち切りできない裏事情 - スクープ!エンタメ...

ドラマの2話目以降は2桁を割る結果に

最終回までで、2桁を復活させるにはいたりませんでした。

一時ドラマの6%台に落ち込む

第3話では、最低視聴率の6.2%に。

その後、少しずつ盛り返し7-9%の推移でドラマ最終回を迎えました

出典:img.47news.jp

その後、少しずつ盛り返し7-9%の推移でドラマ最終回を迎えました

終わってみれば平均視聴率8.34%となり、同週放送内では中位をキープ

ドラマとしてはそこそこで終わってしまったようにも思えますが、出演者の皆さんはなかなか楽しんでいたようで、雰囲気的には良好であったことが伺えます。今後も様々なドラマで演技が活きるのを期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング