「タバスコ」はアントニオ猪木が日本に定着させたってホント!?

「タバスコ」といえば、発酵させた唐辛子に酢や塩を加えた調味料で、いわゆるホットソースの代名詞ともなっている辛いソースです。パスタやピザなどさまざまな料理に一般的に使われるようになったタバスコですが、日本に定着させたのはアントニオ猪木の活動が大きかったということをご存知ですか?

タバスコとどんな関係が!?多方面に活躍するアントニオ猪木

アントニオ猪木といえば・・・

アントニオ猪木

「元気ですかー!?」の掛け声で有名なアントニオ猪木

1960年プロレスデビューしたアントニオ猪木

出典:ckec.jp

1960年プロレスデビューしたアントニオ猪木

2010年にはデビュー50周年を記録しました。

現在は多方面に活躍中のアントニオ猪木

出典:stat.ameba.jp

現在は多方面に活躍中のアントニオ猪木

タレント活動のほか、参議院議員を務めたり、執筆活動や経営者としての活動などをしておられます。

なんと猪木さん、あのノーベル平和賞を受賞したマララさんと会談をしにロンドンに行っていたのですね。

出典:実は英語・多言語がペラペラ?!アントニオ猪木氏の知られざる一面をご紹介します

会談なども行うアントニオ猪木

アントニオ猪木が持ち込んだ?調味料として有名なタバスコ

調味料としてメジャーなタバスコ

どなたでも見たことはあるのではないでしょうか?

タバスコの定番、ペッパーソース。誰もが一度は口にしたことのあるソースです。余計な味付けがされておらず、タバスコ独特の辛味と酸味を味わえる一品。

出典:タバスコの種類

緑色のタバスコ

ハラペーニョを使って作られたものです。

パスタにタバスコ

ピザにタバスコ

出典:pds.exblog.jp

ピザにタバスコ

チーズに合います

この万能な調味料、タバスコを日本に定着させたのはアントニオ猪木だった?いったいアントニオ猪木は何をしたのでしょうか?

日本にタバスコを定着させたアントニオ猪木の行動とは!?

アメリカ進駐軍が日本に持ち込んだタバスコ

出典:i.ytimg.com

アメリカ進駐軍が日本に持ち込んだタバスコ

昭和20年代(1940年ごろ~)のアメリカ進駐軍が、日本に持ち込んだ物資の中の一つにタバスコがありました。

アントニオ猪木が事業に組み込んだタバスコ

「アントン・トレーディング」という貿易会社を設立。この会社は一時日本国内でのタバスコ(マキルヘニー・カンパニー)の販売権を持っていたことがある

出典:アントニオ猪木 - Wikipedia

事業の一つとして貿易会社を行っていた際、タバスコの販売権を獲得。一般顧客に販売するほか、レストランチェーン「アントン・フーズ」でスペアリブに使用するなどしました。

CM出演するアントニオ猪木

出典:p.twpl.jp

CM出演するアントニオ猪木

タバスコをはじめ、さまざまな食品・輸入品のCMを行っていました。

タバスコも提供されるアントニオ猪木酒場

ちなみに、1970年代にアントニオ猪木が行っていた事業の一つ、スペアリブレストランチェーンでは「アントン・リブ」のような食事も楽しめました。

昭和の時代、金曜8時にワールドプロレスリングを見ながら食べた夕食「昭和の食卓」の再現―。
  テレビの前でアントニオ猪木に興奮したあの時に猪木酒場でプレイバックし昭和世代で盛り上がる―。
 猪木プロレスは闘いのワンダーランド、猪木酒場は居酒屋のワンダーランド!あの感動をもう一度!!

ご来店される皆様が「元気になる居酒屋」、それがアントニオ猪木酒場です。

出典:"ANTONIO INOKI"foods business...

プロレスラーとしてはもちろん、事業家としても有名なアントニオ猪木。タバスコを日本に定着させたように、日本に新しい流行をもたらそうと、日々奮闘中のようです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング