「社葬」などで活躍した十朱幸代。現在はどうしているのか?

「社葬」「男はつらいよ」など、数々の作品で活躍してきた女優十朱幸代さん。最近は映画への出演がしばらく無い状態ですが、現在の活動はどうしているのでしょうか?

十朱幸代さんのプロフィール

十朱幸代さんのプロフィール

1942年俳優十朱久雄さんの娘としてうまれた幸代さん。1956年父ともに訪れたテレビ局でスカウトされたことをきっかけにクイズ番組に出演し、芸能界入りを果たします。その後は女優の道を歩み今日に至ります。

十朱さんといったらこの美しさ!

2013年の写真ですが当時なんと71歳!年を経ても凛とした美しさは変わりませんね!

十朱幸代の美しさの秘訣は整形だった?

美を保つために徹底的にこだわった十朱幸代

昔から今になっても驚くべき程に若さを保っていると言われている十朱さん。何度か整形をされるほど美しさ、若さのために気を遣っているんですね。

多くの名作に携わった十朱幸代。その代表作とは?

十朱幸代さんの代表作①社葬

1989年に公開された映画「社葬」。大新聞社の後継者争い、内幕を喜劇的に描いたブラックコメディ。

「社葬」をきっかけに日刊スポーツ映画大賞主演女優賞を獲得した十朱幸代

この年、「社葬」「ハラスのいた日々」での演技が評価された十朱幸代さんは、日刊スポーツ映画大賞主演女優賞に選ばれました!

十朱幸代の代表作②日本一短い「母」への手紙

十朱幸代の代表作②日本一短い「母」への手紙

1995年に公開された映画「日本一短い『母』への手紙」。家族を捨てた母(十朱幸代)と残された家族を「手紙」をキーワードに描きます。

日本一の女優になった十朱幸代

この作品での演技が高く評価され、日本アカデミー賞優秀主演女優賞に選ばれました。

歌手としても活動していた?

歌手としても活動していた十朱幸代

「いたずら恋の風」「星まつり」など何曲か歌を出しています。

最近は何してるの?

「日本一短い『母』への手紙」で1995年に出演して以降、20年間映画には出演していないようですが、その他にはこんな活動をされているそうです。

「日本一短い『母』への手紙」の十朱幸代

2011年の十朱幸代さん

NHK連続テレビ小説「カーネーション」に出演した十朱幸代さん

2011年のNHK連続テレビ小説「カーネーション」では、主人公糸子の祖母役を演じました。着物姿がよく似合ってますよね!

2013年の十朱幸代さん

十朱幸代、常盤貴子にビンタ!?

2013年にドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言」に出演した十朱さん。親子役を共に演じた常盤さんにビンタするシーンがあったそうですが・・・

「十朱さんからビンタをもらうシーンがあって、今まで(ドラマで)何回もビンタを受けてきて一番痛かった」と暴露。

出典:常盤貴子、十朱幸代の強烈ビンタ暴露「今までで一番痛かった」

ベテラン女優はビンタの演技にも手を抜かないのでしょうか・・・(笑)

2014年の十朱幸代さん

とあるCMに出演した十朱幸代さん

この年、特に大きな映画、ドラマには出演していなかった十朱さんですがこんなCMに出演していました!

0:15 DHC 極らくらく 十朱幸代 cm(2014年)

DHC 極らくらく 十朱幸代 cm(2014年)

年齢を重ねても芸能界で頑張る十朱さん。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング