小池徹平の主演ミュージカル「1789-バスティーユの恋人たち-」魅力を先取り♪

小池徹平がミュージカルでの活躍めざましい!来年帝劇で主役を張ることになった作品を一足早くチェック!

高い歌唱力をもつ小池徹平

小池徹平

1986年1月5日生まれ、大阪出身の俳優
言わずと知れた甘い笑顔の持ち主

ウエンツ瑛士とのデュオWaTで高い歌唱力も披露した小池徹平

紅白歌合戦にも出ました

実は小池徹平、高い歌唱力を武器に近年ミュージカルでの活躍がめざましい!

2015年に「デスノートThe Musical」にL役で主演した小池徹平

ばっちりなりきっています!

なんと2016年春、帝劇ミュージカル「1789-バスティーユの恋人たち-」に主演決定!

1789−バスティーユの恋人たち−

小池徹平&加藤和樹がWキャストで主演を務めるミュージカル『1789−バスティーユの恋人たち−』が、16年4・5月に帝国劇場で上演される。

出典:小池徹平&加藤和樹のWキャスト主演...

小池徹平のほかキャストも豪華

小池徹平、加藤和樹、神田沙也加、夢咲ねね、花總まり、凰稀かなめ

2016年4月11日(月)から5月15日(日)まで東京・帝国劇場にて上演。大阪公演は、5月21日(土)から6月5日(日)まで大阪・梅田芸術劇場にて

1780年代後半のフランス。官憲に父を銃殺されて土地を奪われた地方の農民、ロナンを軸に、仏革命に翻弄(ほんろう)される人々の生きようをフレンチロックに乗せて描くミュージカルだ。

出典:宝塚歌劇「1789-バスティーユの恋人たち-」...

2012年にフランスで初演されたミュージカル

ミュージカル『1789−バスティーユの恋人たち−』の魅力を先取りしましょう!

小池徹平が演じる主役はどんな役?

小池徹平が演じるのは?

若き農夫あがりの革命家青年ロナン

時は激動のフランス革命

ロナン・マズリエ 

農民、後に若き革命家となる。父を兵士に殺され、その復讐を心に誓い、パリに上京する。そこで、デムーラン、ダントン、ロベスピエールらの革命家たちと出会い、自身も「新しい考え」に目覚めていき、革命へと身を投じる。その中で、マリー・アントワネットの子どもの家庭教師をしていたオランプと恋に落ちる。

出典:~Joie de vivre~...

2014年宝塚歌劇団月組で初演された際には男役トップスター龍真咲が演じた

実は本作はすでにもう宝塚での上演があり、2016年に帝国劇場でも東宝が上演する予定。

宝塚での『1789−バスティーユの恋人たち−』

不幸に見舞われ身分差に苦しみながら懸命に生きる青年。

小池徹平の良さがひきだされそうです!

もがくように生きヒロインと恋に落ちる青年を演じる小池徹平と加藤和樹

稽古場にて。二人共ミュージカルでの主演経験をもっています。

そのほかの役もご紹介!

ヒロインのオランプ

フランスでオランプで演じたCamille Lou

美人!!

オランプ

マリー・アントワネットの子どもの家庭教師(でも、マリー・アントワネットの侍女のような役も担っているように舞台では見えました。)。父は、バスティーユ監獄の看守。主君であるマリー・アントワネットに献身的に尽くす。パレ・ロワイヤルで偶然出会ったロナンと恋に落ちるが、自らと正反対の世界に生きるロナンとの愛に苦悩する。

出典:~Joie de vivre~...

宝塚verでオランプを演じた海乃美月(手前)

帝劇verでオランプを演じる予定の夢咲ねね

2015年に宝塚を退団したばかり、今後の期待が大きく注目されている可憐な容姿が特徴の元星組トップ娘役

田沙也加も演じるオランプ

アナ雪で再注目の、高い歌唱力をもつ実力者

ドラマ「表参道高校合唱部」などにも出演

主人公ロナンとオランプの切ない恋が主軸

マリー・アントワネット

宝塚verでマリー・アントワネットを演じた愛希れいか

この衣装はちょっと奇抜!?

マリー・アントワネット

ルイ16世の王妃。ミュージカルでは、彼女とフェルゼンとの逢引きをオランプが手助けしたことが発端で、ロナンとオランプが出会ったというストーリーになっています。民衆の怒りなど無頓着で豪奢な生活を送るシーンが冒頭に出てきますが、その一方で息子であるルイ=ジョゼフ・ド・フランスの死を嘆く母としての姿も描かれます。そして、彼女の凋落、神に自身の人生への後悔や懺悔の念を吐露する最期も描かれます。

出典:~Joie de vivre~...

宝塚の十八番「ベルサイユのばら」で描かれる王妃像とはちょっと違いそう!

帝劇verでマリー・アントワネットを演じる花總まり

史上最長期間娘役トップであり続けた元宝塚の女帝。

同じく帝劇verでマリー・アントワネットを演じる凰稀かなめ

2015年に宝塚を退団したばかりの元宙組男役トップスター、退団後初の女性としての演技に注目。

実在の人物も多数登場し、歴史への親近感も深まるかも?スペクタクル感満載の「1789-バスティーユの恋人たち-」をぜひお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング