空手家 緑健児のプロフィールや経歴、トレーニング法などのまとめ

空手家として華々しい成績を残し、現役引退後はさらに空手を広めるべく活動をされている緑健児さん。東京オリンピックでのオリンピック競技化への取り組みも行っている緑健児さんのプロフィールやこれまでの経歴、トレーニング方法などをまとめてみました。

緑健児プロフィール

イケメン空手家 緑健児

現在はNPO法人全世界空手道連盟新極真会の代表理事をしています。

1962年奄美大島生まれ。78年空手修行の為上京。
極真空手91年第5回全世界大会・優勝。
身長165cm70kg

出典:緑師範紹介|新極真会 福岡支部 新極真カラテ 緑健児道場

緑健児の空手家としての経歴

ものすごく強かった緑健児

出典:i.ytimg.com

ものすごく強かった緑健児

主な戦績
1984年 第1回全日本ウエイト制 軽量級 ベスト8
1985年 第2回全日本ウエイト制 軽量級 優勝
1987年 第4回全日本ウエイト制 軽量級 優勝
1987年 第4回全世界空手道選手権大会 ベスト16
1988年 スイス国際大会 準優勝
1990年 第7回全日本ウェイト制 軽量級 優勝
1990年 第22回全日本空手道選手権大会 準優勝
1991年 第5回全世界空手道選手権大会 優勝

出典:「奄美が生んだ小さな巨人」緑健児とは? - 新極真会...

ものすごい経歴の持ち主ですね

1987年に開催された第4回全世界空手道選手権大会に日本代表選手として出場し、ベスト16の成績を残したが、この試合で引退を決意する。
引退するも翌年のスイス国際大会に出場して、選手として復帰する。

出典:緑健児 - Wikipedia

今も強そうな緑健児

国内では1990年に開催された第7回全日本ウエイト制空手道選手権大会で復帰し、軽量級で優勝する
1991年の第5回全世界空手道選手権大会では軽量級ながら体重無差別のトーナメントで黒澤浩樹、増田章ら強豪選手を破って優勝し、小さな巨人と賞賛された。
この第5回全世界空手道選手権大会をもって現役を引退する。

出典:緑健児 - Wikipedia

小さな巨人。ピッタリなニックネームですね。

引退後も活躍する緑健児

空手の為にがんばります。

2000年に極真会館の代表理事に就任し後進の指導を行う一方、フルコンタクト空手のオリンピック競技化を目指し、2010年に財団法人日本オリンピック委員会(JOC)副会長の福田富昭が会長を務める日本格闘競技連盟に加盟。

出典:vol.3 新極真会代表理事・緑健児(みどり けんじ)

オリンピック競技化を目指す緑健児

出典:118.67.97.38

オリンピック競技化を目指す緑健児

緑健児のトレーニング法とは!?

精神統一をする緑健児

出典:pds.exblog.jp

精神統一をする緑健児

現在「新極真会」の代表でもある緑健児は、毎日以下のノルマを毎日していたそうです!
  ↓
腹筋台を斜めにし上体を起こす腹筋50回×3セット

その腹筋台で足をかけるところに手でもって足をあげる腹筋50回×3セット

ベンチの前で仰向けに寝て足を預け上体を起こす腹筋50回×3セット

同じく5キロのダンベルを頭の後ろにもって50回×3セット

同じく10キロのダンベルを頭の後ろにもって50回×3セット

しかし凄い内容です!

出典:極真空手のブログ 『緑健児に学ぶ鍛錬内容』

腹筋だけで1日450回!想像を絶する内容でした。

スゴい人になった緑健児

出典:sugoihito.or.jp

スゴい人になった緑健児

緑健児の蹴り

出典:i.ytimg.com

緑健児の蹴り

4:51 【新極真会】 四股 空手トレーニング:緑健児代表セミナー  SHINKYOKUSHINKAI KARATE Training SHIKO

【新極真会】 四股 空手トレーニング:緑健児代表セミナー SHINKYOKUSHINKAI KARATE Training SHIKO

海外で行われた緑健児さんのセミナーでのトレーニング指導の様子です

長渕剛を教えていた

緑健児から指導された長渕剛

極真会館時代に緑健児が空手を指導した縁で、長渕剛が新極真会の会歌を作った。

出典:緑健児 - Wikipedia

マンガにもなっている緑健児

このマンガの帯も長渕剛さんが書いてますね

トレーニング指導したつながりからテーマ曲を作った長渕剛

出典:pds.exblog.jp

トレーニング指導したつながりからテーマ曲を作った長渕剛

トレーニング姿勢で話す緑健児

出典:pds.exblog.jp

トレーニング姿勢で話す緑健児

強靭な肉体とすさまじい精神力はトレーニングの賜物でしょうか?まさに平成の三四郎ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング