「エイジハラスメント」脚本の内館牧子ってどんな人?【横綱審議委員もやってました】

テレビ朝日で7月から放送されているドラマ「エイジハラスメント」。ハラスメントを扱うことで話題の作品の脚本を務めているのが内館牧子さん。顔を見ると「あれ、この人前朝青龍と喧嘩してなかったっけ?」と思う人もいるのではないでしょうか。脚本家をはじめ元横綱審議委員など多岐にわたり活躍している内館牧子さんについてまとめました。

内館牧子のプロフィール

内館牧子のプロフィール

出典:pbs.twimg.com

内館牧子のプロフィール

1948年生まれで脚本家、作家として活躍する内館さん。これ以外にも東日本大震災復興構想会議委員や、ノースアジア大学客員教授など様々な分野で活躍されています。

内館さんの意外な活動?

内館牧子は女性初の横綱審議委員だった!

出典:pbs.twimg.com

内館牧子は女性初の横綱審議委員だった!

2000年に横綱審議委員会のメンバーに唯一の女性として選ばれ、委員を10年務めました。どうして内館さん務めたのでしょう?

内館牧子が大相撲に興味を持ったきっかけとは?

幼い頃にいじめられていた経験のある内館さん。そのとき助けてくれたのが身体の大きな男の子で、それをきっかけに大相撲に興味が出てきたそうです。

内館牧子、元横綱朝青龍との確執

内館牧子が朝青龍に物申す!

出典:pbs.twimg.com

内館牧子が朝青龍に物申す!

2003年1月場所後、朝青龍が横綱に昇進した際、朝青龍の素行があまりよくなかったことに苦言を呈した内館さんの発言が度々話題になり、朝青龍VS内館牧子の構図が度々騒がれました。

相撲には相撲道という精神があり、横綱は俗世間の人間くささや男くささを封じ込めて、人間離れした境地に立たなくてはなりません。

 双葉山しかり、大鵬しかり、貴乃花しかり、白鵬しかりですが名横綱と呼ばれる人たちは、そういった社会の俗のところを封じ込めて、己を磨いてきた人たちです。その点でいうと朝青龍は横綱としての品格がかけていたから、苦言を呈していました。

出典:NEWSポストセブン|内館牧子「朝青龍と相撲以外で会っていたら気が合ったはず」│

犬猿の仲に思われた2人ですが・・・

お互い笑みを浮かべる内館牧子と朝青龍。実際はそこまで険悪でもなかったのかも。

出典:pbs.twimg.com

お互い笑みを浮かべる内館牧子と朝青龍。実際はそこまで険悪でもなかったのかも。

2009年の横綱審議会の稽古総見に内館さんが訪れた時のこと。内館さんは退院直後だったのですが、稽古に来ていた朝青龍とこんなエピソードがありました。

「そのとき、あの朝青龍は私に向かって、いたずらっぽい目をしてOKサインを出したんですよ。そればかりか、稽古が終わったとき、ダーッと駆け寄ってきて私をハグして、“治ってよかったですね”って。思わず、あ、こいつ、いいやつじゃんって(笑い)」

 会場からは「内館さん、もう朝青龍のこといじめないでね」といった野次が飛んだが、内館さんは泰然と微笑んでいた。反目しあいながらも、お互いに力を認め合っていたふたりの、本物のバトルだったというべきかもしれない。

出典:NEWSポストセブン|内館牧子氏 朝青龍からハグされ「こいつ、いいやつじゃん」│

内館牧子はプロレスもお好き!?

プロレスも好きな内館牧子

大相撲だけでなく、プロレス好きでもある内館さん。東京スポーツが行うプロレス大賞の特別審査員も務めているほどなんです。また2002年には「プロレスラー美男子烈伝」という本も書いているほど。

4:59 内館牧子の大日本プロレス〝観戦記〟

内館牧子の大日本プロレス〝観戦記〟

内館牧子は過去に訴えられたことがある?

内館牧子と伊藤英紀の法廷バトル

出典:pbs.twimg.com

内館牧子と伊藤英紀の法廷バトル

雑誌のコラムでコンピュータソフトウェア「Puella α」と塚田泰明の対局を取り上げた時、その内容に名誉毀損と侮辱を示す言葉があったとしてソフトウェア開発者の伊藤英紀さんに将棋連盟、マイナビと共に提訴された内館さん。裁判の結果は、賠償金と謝罪記事の掲載、問題記事の撤回を条件に和解になりましたが、被告側の全面的な敗訴となりました。

脚本家としての活動

内館牧子脚本の作品①白虎隊

2007年テレビ朝日にて放送された白虎隊。当時newsのメンバーだった山下智久さんや、現在Kis-My-Ft2として活躍する藤ヶ谷太輔さんなどが出演して話題となりました。

内館牧子脚本の作品②連続テレビ小説「私の青空」

2000年に放送されたNHKの連続テレビ小説。同シリーズで初めてシングルマザーを題材にした作品で、視聴率が平均24.1%、最高視聴率が28.3%を記録するなど視聴者からの反響も大きく、2002年に続編が放送されたほどでした。

内館牧子脚本の作品③塀の中の中学校

2010年TBS系列で放送されたスペシャルドラマ。松本少年刑務所の中に実在する公立中学校「松本市立旭町中学校桐分校」を舞台に生徒と教師の交流を描いた作品・モンテカルロ・テレビ祭のテレビ・フィルム部門で最優秀作品賞など3つの賞を獲得し高い評価を得ました。

内館牧子10年ぶりの脚本となる連続ドラマ作品とは

内館牧子最新の脚本作品は「エイジハラスメント」

内館さんが10年ぶりに脚本を務めるのはテレビ朝日放送の「エイジハラスメント」。武井咲さん演じる新人OLが、会社に蔓延るモラハラ、パワハラ、セクハラに立ち向かいます。

以前の脚本でも社会の様々な面から作品を描いてきた内館さん。最近社会でも話題になる「○○ハラスメント」を通して視聴者に何を訴えていくのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング