捜査官とアメリカンマフィアの戦いを描いた映画「アンタッチャブル」

「アンタッチャブル」と言われると、日本人ならお笑いコンビ「アンタッチャブル」を想像してしまうかもしれません。しかし、映画界における「アンタッチャブル」とは、実在したシカゴギャングのボス”アル・カポネ”との闘いを描いた映画のことなのです。ケヴィン・コスナーやロバート・デニーロ等が出演しアカデミー賞にもノミネートされた名作「アンタッチャブル」についてまとめました。

こちらのアンタッチャブルではなく・・・

映画「アンタッチャブル」の概要

映画「アンタッチャブル」とは

1987年公開のアメリカ映画。禁酒法時代のシカゴギャングのボスアル・カポネを逮捕すべく奔走するアメリカ財務省捜査官チーム「アンタッチャブル」の闘いを描きます。

なぜ「アンタッチャブル」なのか?

財務省捜査官としてチームを結成したエリオット・ネスは、酒の密造と違法流通の面から捜査を始め、違法な鋳造所の摘発、広範囲に及ぶ電話盗聴、チームを買収しようとしたアル・カポネの目論見を阻止し、それをマスコミに公表。そうした行動から、マスコミはネスのチームに「アンタッチャブル(手出しできない奴ら)」という渾名をつけました。

2:01 The Untouchables Movie Trailer

The Untouchables Movie Trailer

映画の時代背景

「アンタッチャブル」結成のきっかけとなったマフィアの繁栄

1920年から1933年まで、定められた禁酒法によって、アメリカ合衆国では、酒の製造、販売、輸送が全面的に禁止されました。この社会の裏で、マフィアは酒の密造を行うことで膨大な権力を持ちました。挙句の果てには裁判所や警察が買収されることもあり、社会に暗い影を落としました。

丞乃進P@JohnoshinP

今日は素敵なバレンタインデー! その昔、アル・カポネ率いるギャング団が、バレンタインデーにトミーガンで敵対組織のメンバーを虐殺した事があってだな…(以下略) https://t.co/lJyHucLmaO

「アンタッチャブル」の標的となったアル・カポネ 当時のシカゴを裏から支配していたアル・カポネ。

実際の「アンタッチャブル」エリオット・ネス

映画「アンタッチャブル」の主人公

「アンタッチャブル」の登場人物①エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)

主人公エリオット・ネスを演じたケヴィン・コスナー。

「アンタッチャブル」以外では「ダンス・ウィル・ウルフズ」で活躍するケヴィン・コスナー

エリオット・ネスを支えた「アンタッチャブル」メンバー

「アンタッチャブル」の主なメンバー①ジム・マローン(ショーン・コネリー)

ショーン・コネリーは「007」の初代ジェームズ・ボンドとしても有名ですね。

「アンタッチャブル」の主なメンバー②ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)

「アンタッチャブル」で一躍注目を浴び、このあとはイタリアン・マフィアを描いた映画「ゴッドファーザーⅢ」にも出演しています。

「アンタッチャブル」の主なメンバー③ジョージ・ストーン(チャールズ・マーティン・スミス)

今やチャールズ・マーティン・スミスはアメリカ映画の脇役に欠かせない人物となっています。

「アンタッチャブル」に立ちはだかるシカゴ・ギャング

「アンタッチャブル」宿敵アル・カポネ(ロバート・デニーロ)

実在したギャングのボス役を演じたのはロバート・デニーロ。役作りのために自ら頭髪を抜くという真剣さで、シカゴを牛耳るギャングの頭を見事に演じました。

2:34 Blood Bat (HD) - from The Untouchables (1987)

Blood Bat (HD) - from The Untouchables (1987)

アル・カポネのシーン。ギャングらしい非道な場面も見られます・・・

アカデミー賞取っちゃいました。

「アンタッチャブル」ショーン・コネリーが助演男優賞を受賞

「アンタッチャブル」はこの他に美術賞や作品賞にもノミネートされました。

実は映画と実話に相違点があるらしい・・・

実際のアンタッチャブルはもっと沢山居た!?

映画では、エリオット・ネスを含めた4人でアンタッチャブルが組まれていますが、実際は財務省が11人を任命していたんだそうな。

実は「アンタッチャブル」は数名が買収されていた!

映画ではメンバーの買収は無かったとされていますが、実際には数人が買収されていたそうです。人数が多いと詳細の把握は難しかったのでしょうね。

日本で言うヤクザであるマフィアと「アンタッチャブル」の闘いを描いた手に汗握る作品。ぜひ一度見てみてはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング