フルハウスでステファニーを演じたジョディ・スウィーティンのフルハウス出演時から現在まで

大人気アメリカのホームコメディードラマ「フルハウス」覚えていますか?そのドラマの中で次女ステファニーを演じたジョディ・スウィーティン、その天才的な演技力とルックスの愛らしさから超人気者となった彼女ですが、その後の彼女の人生は壮絶なものだったとか?人気子役ジョディ・スウィーティンについてまとめてみました!

ステファニーがかわいい! 大人気ドラマ フルハウス

日本でも大人気だったフルハウス

出典:dramanavi.net

日本でも大人気だったフルハウス

フルハウス』(Full House)は、アメリカで製作されたシチュエーション・コメディ(テレビドラマ)。ABCテレビで1987年から1995年にかけて全192話が放送された。制作はロリマー・テレビジョン[1]。妻を事故で亡くした男が、男友達に助けられながら子育てをしていく物語である。

出典:フルハウス (1987年のテレビドラマ) - Wikipedia

次女ステファニーを演じたジョディ・スウィーティン

出典:i2.wp.com

次女ステファニーを演じたジョディ・スウィーティン

正統派美少女のジョディ・スウィーティン

出典:i2.wp.com

正統派美少女のジョディ・スウィーティン

1986年、ホットドッグのCMでデビュー。1987年から1995年まで放送された、アメリカのシチュエーション・コメディ『フルハウス』は、オーディション無しでステファニー・タナー役に抜擢された。1995年までの8年間ステファニー・タナーを演じ、その後も数多くの番組にゲスト出演している。『フルハウス』のプロデューサーであるジェフ・フランクリンも彼女の演技力、飲み込みのよさ、女優としての心意気は大絶賛している。

出典:ジョディ・スウィーティン - Wikipedia

人並みはずれた演技力、カンのよさはフルハウス出演時の幼少期の頃からあったようです。

ステファニーを演じた、ジョディ・スウィーティーのその後の人生

大人の女性になったジョディ・スウィーティー

出典:i1.wp.com

大人の女性になったジョディ・スウィーティー

高校時代は、同じ学校に通っていた、

今ではあのgleeでも有名な ”マシュー・モリソン” と

一緒に劇場でミュージカルを演じていました。

出典:大人気ドラマ『フルハウス』次女ステフ役...

順調に見えたジョディ・スウィーティンの人生でしたが、その後大きく変わっていきます。

20歳で警官の男性と結婚したジョディ・スウィーティン

ジョディは20歳でロサンゼルス市警察に勤務する男性と結婚した。しかし、2005年にスウィーティンの薬物中毒が発覚し、夫はこれが警察官の地位を危うくしたとして離婚を申し立て、2006年に離婚が成立した。

出典:ジョディ・スウィーティン - Wikipedia

なんと薬物中毒になっていたそうです。

二度目の結婚をしたジョディ・スウィーティン

2007年7月14日、スウィーティンは俳優のコーディ・ハーピン(Cody Herpin)と再婚した。2007年9月13日、妊娠を発表した。2008年4月12日、第1子の女児を出産。しかし、働かない夫に嫌気がさしたため、離婚申請し、2010年に離婚が成立した。

出典:ジョディ・スウィーティン - Wikipedia

27歳でバツ2になったジョディ・スウィーティン

30歳で3度目の結婚をしたジョディ・スウィーティン

出典:x.celebee.info

30歳で3度目の結婚をしたジョディ・スウィーティン

大人気ドラマ「フルハウス」で次女のステファニーを演じていたジョディ・スウィーティンが3人目の夫との別居を申請したとTMZ.comが報じた。

出典:「フルハウス」の次女ステファニー役女優、3人目の夫と別居へ 結婚からわずか1年3か月

波乱万丈な人生を送るジョディ・スウィーティン

フルハウスが復活!?

20年ぶりの復活となるか?フルハウス

出典:pbs.twimg.com

20年ぶりの復活となるか?フルハウス

日本でも人気を博したテレビドラマ「フルハウス」が復活することがわかった。1995年に放送を終了してから、およそ20年ぶりに新エピソードが製作される。

出典:「フルハウス」復活!20年ぶりに新作が製作(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース

大人になったステファニーが見られるかも!?

ステファニーのキャラに変化は見られるのか?

壮絶な半生を送ってきたジョディ・スウィーティンのプライベートがどのように演技に反映されるのか期待してしまいますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング