人気番組「あざみ大家族」のストーリーって?青木家の壮絶な物語【家出/妊娠】

日本全国の大家族を取材した番組は様々ありますが、かつて人気を博した「あざみ大家族」を覚えていますか?父と一緒になって一家を支えた当時10代だった長女あざみさんの健気な姿は多くの反響を呼びました。今回はそんなあざみ大家族についてまとめてみました!

テレビ番組の大家族と言えば

大家族ものといえばこれ!「7男2女11人の大家族石田さんチ!」

1997年に放送され、2016年現在まで人気がある大家族系番組の「石田さんチ」。肝っ玉母ちゃんと個性豊かな家族の日常はお茶の間にすっかり浸透しています。

RINA@0216rinayamamo1

9月2日『大家族 石田さん家』❕❕ 楽しみすぎる🖖🖖 大家族好きすぎて毎回楽しみ💯😍

大家族が芸能界入り!「ビッグダディ」シリーズ

2006年から2013年にかけて放送された「痛快!ビッグダディ」シリーズ。一家の大黒柱である林下清志さん(通称ビッグダディ)とその家族に密着。奄美大島移住など波乱万丈な家族物語でした。番組の人気をきっかけに、林下さんをはじめ家族の数名は芸能界デビューをしています。

そよか@soyoka61109

大家族密着テレビおもしろい 1番はビッグダディ好きだったけど

「石田さんチ」や「ビッグダディ」は人気大家族ですが、忘れてはいけないもう一つの大家族があります。

大家族シリーズの「あざみ大家族」

TBSで放送された「あざみ大家族」シリーズ

TBSで放送された『激闘大家族』シリーズの中で2002年から2006年にかけて放送された「あざみ大家族」。一家の長女青木あざみさんをメインに描かれる家族ドラマが大好評でした。

今回はそんなあざみ大家族についてまとめてみました!

「あざみ大家族」の特徴

「あざみ大家族」を支えたのは父と長女!

上記の2つの大家族シリーズと「あざみ大家族」の異なる点は、親だけでなく子供が一家を支える立場にあった点だと考えられます。このシリーズの青木家を支えたのは一家の長女青木あざみさんでした。

大黒柱の父・信義さんと母親代わりの長女・あざみちゃんを中心に明るく前向きに日々の生活を過ごしていた。

出典:大家族の青木家 - Yourpedia

「あざみ大家族」青木家を支えた長女青木あざみについて

「あざみ大家族」開始当初は14歳だった青木あざみ

番組が開始された際、母親の失踪から家族の物語はスタートします。母親が居なくなり家族が不安に包まれる中、父、そして長女のあざみさんは家族が明るく前向きに過ごせるように支えます。その健気な姿は大きな反響を呼びました。

母親は家族を捨てて、ある日、不意に家出してしまったのである。母がいなくなった後で、母親代わりをつとめているのが長女の「あざみ」で、彼女も父に呼応して「お母さんは、やっぱりあざみたちのお母さんだからね」と弟妹に言い聞かせている。

出典:青木家と石田家

そんな14歳の少女が母親として一家を支えていくストーリーです

※画像はイメージです

しかし平穏には終わらないのが「あざみ大家族」です。

青木あざみ、16歳のときに訪れた衝撃

青木あざみ、16歳で本当の母になる

2004年、16歳になったあざみさんの妊娠が発覚。家族には戸惑いもありましたが、最終的にあざみさんの出産を後押しし、あざみさんはシングルマザーになる決意を決めました。

2004年08月
 家族で海に行く。そういえばあざみちゃんはおなかが出ているのね……と思っていたらまさかこんなことになるとは誰にも想像できなかった。

2004年10月
 番組スタッフに一本の電話。長女の妊娠六ヶ月を知る。

出典:[mixi]これまでのあらすじ - 3世代10人激闘大家族!青木家 |...

14歳で母親代わり、16歳で妊娠

壮絶な人生です。しかしどんなことにもめげずに生きていく長女あざみの姿は多くの日本国民の心をつかみました。

2006年に「あざみ大家族」は放送終了。その後あざみさんは

青木あざみ、2006年に自伝を出版

番組で語られなかった青木さんの半生を綴った著書「まっすぐに。」。児童養護施設でのこと、子供の父親のことなどが当時17歳だったあざみさんから赤裸々に語られています。

これからも幸せな家庭を築いていってもらいたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング