ジョン・トラボルタの出演してきた映画とは?!

ここでは、有名な俳優ジョン・トラボルタの出演してきた映画について取り上げます。

ジョン・トラボルタの紹介!!

ジョン・トラボルタ

ジョン・ジョセフ・トラボルタ(John Joseph Travolta、1954年2月18日 - )は、アメリカ合衆国の俳優。世界的にヒットし、若者文化に大きな影響を与えた『サタデー・ナイト・フィーバー』や『グリース』などへの出演により、70年代に一世を風靡した。

出典:ジョン・トラボルタ - Wikipedia

年代別、ジョン・トラボルタの出演してきた主な映画まとめ

~1970年代編~

サタデー・ナイト・フィーバー

映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のジョン・トラボルタ

70年代を背景にしながら、大人に脱皮してゆく若者たちの姿を描く。新しい土曜の夜の部族儀式というニック・コーンの映画化

出典:サタデー・ナイト・フィーバー : 作品情報 - 映画.com

当時の格差社会や人種差別なんかも挿入しているが、作品のキモは今よりも痩せていたトラボルタのフレッシュな演技と華麗なるダンスシーン

出典:「猫も杓子もそ〜れ、フィーバー、フィーバー♪」サタデー・ナイト・フィーバー...

グリース

映画『グリース』のジョン・トラボルタ

1950年代のアメリカの若者達の生活を、歌と踊りで綴るミュージカル映画。

出典:グリース : 作品情報 - 映画.com

音楽はなかなかだし、いいように言えば明るく軽快な喜劇

出典:「よくある安直な青春劇」グリース Cape Godさんの映画レビュー(感想・評価)...

~1980年代編~

ミッドナイトクロス

映画『ミッドナイトクロス』のジョン・トラボルタ

陰謀に巻き込まれながらも、真相を究明しようと奔走する主人公の姿を描いたサスペンス・スリラー。

出典:ミッドナイトクロス : 作品情報 - 映画.com

ジョン・トラヴォルタは、映画世界の展開とそれに伴うテンションに混じり合うように呼応し、音響効果マンの主人公を演じ切ってみせている。
良い監督と良い俳優による文句なしに良い映画だった。

出典:ミッドナイトクロス - みんなのシネマレビュー

~1990年代編~

パルプ・フィクション

映画『パルプ・フィクション』のジョン・トラボルタ

パルプマガジン的なストーリーをコンセプトに3つの物語が交錯するように語られるコメディ

出典:パルプ・フィクション : 作品情報 - 映画.com

ひとつひとつのシーンやセリフはすごく楽しめる。

出典:「お、おう(面白い)」パルプ・フィクション マスノブさんの映画レビュー(感想・評価)...

ゲット・ショーティ

映画『ゲット・ショーティ』のジョン・トラボルタ

映画フリークの借金の取立屋がハリウッドに乗り込んで、映画製作を巡る騒動に巻き込まれる姿を描いたオフビート・コメディ。

出典:ゲット・ショーティ : 作品情報 - 映画.com

トラボルタがかっこよかった。

出典:ゲット・ショーティ - みんなのシネマレビュー

フェイス/オフ

映画『フェイス/オフ』のジョン・トラボルタ

最愛の息子を失ったFBI捜査官アーチャー。この世で最も憎悪する互いの顔を取り替えた二人の男の果てしなき死闘を描いたバイオレンス・アクション巨編。

出典:フェイス/オフ : 作品情報 - 映画.com

役作りが本格的
トラボルタの子供を迎え入れるシーン・・ちょい泣ける

出典:「アクション」フェイス/オフ キングジェイさんの映画レビュー(感想・評価) -...

~2000年代編~

ママの遺したラヴソング

映画『ママの遺したラヴソング』のジョン・トラボルタ

孤独を抱える少女が、母の死をきっかけに戻った故郷での出来事を通し癒されていく姿をいた感動作。

出典:ママの遺したラヴソング : 作品情報 - 映画.com

オープニングの青空も街並みやみんなが集まる感じとか音楽も。白髪ジョントラボルタがアル中だが教授って設定も凄く似合う。

出典:ママの遺したラヴソング : 作品情報 - 映画.com

Be Cool/ビー・クール

映画『Be Cool/ビー・クール』のジョン・トラボルタ

旧友の妻と組んで、歌手志望の若い女性を大スターにしようとするが。

出典:Be Cool ビー・クール : 作品情報 - 映画.com

ザ・ロックのキャラが最高でした。

出典:Be Cool/ビー・クール - みんなのシネマレビュー

ロンリーハート

映画『ロンリーハート』のジョン・トラボルタ

新聞の恋人募集欄で見つけた女性をターゲットに結婚詐欺を繰り返すレイと恋人のマーサ。

出典:ロンリーハート : 作品情報 - 映画.com

同じような設定の映画の「俺たちに明日はない」は凶悪犯罪者をなんとなく英雄視していて好きになれなかったのだが、本作品の下劣な犯罪者を下劣に描くという視点も支持できる。

出典:「下劣な犯罪者の残酷な異常性を容赦なくさらす戦慄の演出」ロンリーハート Cape...

~2010年代編~

パリより愛をこめて

映画『パリより愛をこめて』のジョン・トラボルタ

エージェントとなる夢を持つCIAの下級職員が繰り広げる、スパイアクションです。

トラボルタのスキンヘッドなかなか似合ってます。

出典:パリより愛をこめて : 作品情報 - 映画.com

キリングゲーム

映画『キリングゲーム』のジョン・トラボルタ

出典:www.joblo.com

映画『キリングゲーム』のジョン・トラボルタ

戦争で心身に深く傷を持つ2人の男が、アパラチア山脈を舞台に戦う姿が描かれています。

ロバート・デ・ニーロとジョン・トラボルタ共演と若き日を知る映画ファンとしては期待していた

出典:キリングゲーム : 作品情報 - 映画.com

これからも、様々な作品で活躍するジョン・トラボルタに期待です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング