松坂大輔の現在の様子をまとめました

大リーグからソフトバンクに復帰した松坂大輔選手の現在の身の回りの様子をまとめてみました。

松坂大輔とは

松坂大輔は高校時代から怪物くんとして球界をに賑わせていた

高校時代からその剛腕に周囲はざわつく程に注目されていた松坂大輔選手

出身地
東京都江東区

生年月日
1980年9月13日(34歳)

身長
体重
183 cm
93 kg

出典:松坂大輔 - Wikipedia

大リーグに挑戦をした松坂大輔

夢を抱いて大リーグへ向かった松坂大輔の闘志は燃えたぎっていたのですが・・

苦悩の多かったメジャーリーグ時代

大リーグ時代には苦悩が続いた松坂大輔

出典:images.npn.co.jp

大リーグ時代には苦悩が続いた松坂大輔

思うように成績を残せずに伸び悩んだ松坂大輔は精神的にも追いつめらえていたと言われています。

大リーグ時代の松坂大輔

出典:www.zakzak.co.jp

大リーグ時代の松坂大輔

色んな意味で海外での野球人生は紆余曲折の繰り返しだった松坂大輔

メジャーリーグでの松坂大輔

日本に復帰するも、精神的に不調に

ソフトバンクにてもう一花咲かせたい松坂大輔

出典:ks.c.yimg.jp

ソフトバンクにてもう一花咲かせたい松坂大輔

心機一転海外から国内に復帰し抱負を語っていた松坂大輔

開幕直前でインフルエンザにより離脱、その後は怪我をしてしまい、ノースロー調整となりました。まさに踏んだり蹴ったりという状況が松坂大輔投手を襲っていますね。

出典:松坂大輔の現在と今後は復帰か引退か?原因はメンタル(うつ)? | 星々の煌めき

笑顔で会見に臨む松坂大輔

この笑顔をもう一度ソフトバンクの中で見たいものです。

ソフトバンク球団関係者は、松坂大輔投手のメンタル上の問題について、

「練習を再開したものの、心身ともにピッチングができる状態になっていなかった」

「新しい環境で、ずっと気を張り詰めて過ごしてきた。精神的にきつい部分もあり、そんな状態でインフルエンザでの1軍登板消滅。気持ちの切り替えができなかったのだろう」

と指摘しています。

出典:松坂大輔の現在と今後は復帰か引退か?原因はメンタル(うつ)? | 星々の煌めき

再度スランプに落ち込んでいる松坂大輔

自分自身の方向性が見えない松坂大輔の活躍を期待しているファンも多いはずです。

今は自分自身の向き合う松坂大輔

出典:m.sponichi.co.jp

今は自分自身の向き合う松坂大輔

メンタル面の不安と故障面の不安を乗り越えるべく調整は続いているようです。

現在の様子

佐藤コーチは「松坂の考えも大事にしてあげたいが、いまのフォームをどうにかしないと…」とも語っていた。松坂が投球フォームを崩したのはレッドソックス時代にさかのぼる。その後も移籍先の米球団で投球フォームの指導をされてきたが、悪癖は完全に体に染みついており、佐藤コーチも手を焼いているようだ。
 4年16億円とも言われる契約だが、はたしてこれからどのくらいの価値を見出すことができるだろうか。

出典:松坂大輔復帰のメド立たず 状態はキャンプ前の自主トレ以下 - リアルライブ

復帰が待たれる松坂大輔

出典:www.sankei.com

復帰が待たれる松坂大輔

調整を重ねて一軍復帰をして現在の力を存分に発揮してほしい松坂大輔です。

かつて『平成の怪物』と呼ばれ、日本のエースとして活躍した大投手といえども、2~3年もメンタルの回復を待つということはできません。

今年中に、来シーズン以降の進退について、松坂大輔投手の口からはっきりと説明し、周囲を納得させなければならないでしょうね。

出典:松坂大輔の現在と今後は復帰か引退か?原因はメンタル(うつ)? | 星々の煌めき

現在はまだ試合での登板予定はない松坂大輔

出典:www.asahicom.jp

現在はまだ試合での登板予定はない松坂大輔

現実はなかなか厳しいようで野球人生においての分岐点を迎えているのかもしれません。

右肘が上がらず、踏み出す側の左足の膝を外側に折れる悪癖が全く直っていないとも話していたそうで、事実上の戦力外通告になりかねない内容だった。
 「松坂自身もまだ修正段階であることは明かしていました。リハビリのためとはいえ、チームを離れたことで“自己流の調整”がさらに色濃くなり、的確なアドバイスをできる人が周りにいなくなってしまった」(球界関係者)

出典:松坂大輔復帰のメド立たず 状態はキャンプ前の自主トレ以下 - リアルライブ

松坂大輔の一日も早い復帰を願いたい

かつての松坂大輔ファンばらば同じ気持ちのはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング