スノーボード界の成田童夢、今井メロ(成田夢露)兄妹について

トリノ五輪でスノーボードハーフパイプに出場、期待の星だったある兄妹がいました。そんな兄妹の当時の話題と現在についてまとめました。

兄、成田童夢

成田童夢【プロフィール】

出典:blogs.c.yimg.jp

成田童夢【プロフィール】

生年月日 1985年9月22日
性別 男
出生地 大阪府

中学を卒業後、競技に専念するため高校には進学していません。世界を渡り歩き、技を磨いてきました

記者会見での成田童夢

出典:blogs.c.yimg.jp

記者会見での成田童夢

競技中、選手はイヤホンで音楽を聞くことが多いのですが、童夢さんは大きなヘッドホンを使うのが特徴的です

以下、童夢さんの成績です

2004年 3月 - ワールドカップ(イタリア・バルドネッキア) 4位
2004年12月 - ワールドカップ(カナダ・ストーンハム) 3位
2005年 1月 - 世界選手権(カナダ・ウィスラ一) 10位
2005年 2月 - ワールドカップ(イタリア・バルドネッキア) 3位
2005年12月 - ワールドカップ(カナダ・ウィスラー) 優勝

出典:成田童夢 - Wikipedia

このほか、2002年3月には日本選手権優勝、2002年12月W杯優勝など、輝かしい成績を収めています。2005年のW杯の成績を踏まえ、五輪代表に選ばれました

妹、今井メロ(成田夢露)

今井メロ(成田夢露)【プロフィール】

生年月日 1987年10月26日
性別 女
出生地 大阪府

幼少期は成田姓で活動していましたが、トリノ五輪前に母親の姓(両親は離婚している)に改名しました

エアを決める今井メロ

出典:pds.exblog.jp

エアを決める今井メロ

自身の名前の付いた大技が武器でした。
以下、メロさんの成績です

2004年 全日本スキー選手権大会スノーボード競技 優勝
2005年2月 スノーボード・ワールドカップ韓国・星宇大会 優勝
2005年3月 ワールドカップ・レークプラシッド大会 3位
2004 - 05シーズン ワールドカップ種目別 総合優勝
2005年10月 ワールドカップザースフェー大会 優勝

出典:今井メロ - Wikipedia

数々の大会で優勝を収め、童夢さんより先に五輪出場を決めました

揃ってトリノ五輪に出場した成田童夢と今井メロ!結果は…?

2005年2月には次のような成績も収めました。

スノーボードのワールドカップ(W杯)は10日、イタリアのバルドネッキアでトリノ五輪のテスト大会を兼ねて男女のハーフパイプ(HP)を行い、女子で17歳の成田夢露(夢くらぶ)が41.4点で初の表彰台となる2位に入った。

出典:成田兄妹が表彰台に スノーボードW杯 : スノーボード | スノボーの最新ニュース...

夢露の兄でW杯優勝経験のある19歳の成田童夢(夢くらぶ)も42.1点で男子の3位に入り、兄妹で同日にW杯の表彰台に上がる快挙を成し遂げた。

出典:成田兄妹が表彰台に スノーボードW杯 : スノーボード | スノボーの最新ニュース...

メダル候補と期待されての五輪出場でしたが…

【成田童夢】選手団ウェア姿

出典:www.joc.or.jp

【成田童夢】選手団ウェア姿

表彰台でこんな笑顔を見れることを期待されていました

【成田童夢】競技終了後

着地に失敗し得点が伸びず、残念ながら予選落ち(36位)でした

【成田童夢】五輪後のコメント

出典:www.joc.or.jp

【成田童夢】五輪後のコメント

4年後のバンクーバーには出場できませんでした。
2011年、現役引退を発表しました

【成田夢露(今井メロ)】競技終了後

オリジナル技「メロウセブン」の着地に失敗し、予選落ちに終わりました

【その後】成田童夢は、好きだったことを仕事に

多彩な活動をする成田童夢

出典:www.wasimiya.org

多彩な活動をする成田童夢

オタ芸師、アニメや漫画などサブカルチャーの情報発信など、幅広い活動をしています

日本痛板協会、名誉会長の顔も持つ成田童夢

出典:pbs.twimg.com

日本痛板協会、名誉会長の顔も持つ成田童夢

現役は引退していますが、イベントなどには参加しています

【その後】今井メロは、シングルマザーに

自叙伝も出版した今井メロ

夜の仕事をしていたこと、2度の離婚をして子どもが2人いることなどを告白しています

写真集を発売した今井メロ

このときの会見には兄の童夢さんも駆けつけました

競技生活からは離れたお二人ですが、それぞれが新しい場所で活躍されるのが楽しみです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング