【舞台】演出家として一線で活躍を続ける蜷川幸雄さんの演出の世界

演出家、映画監督で知られる蜷川幸雄さんの、その舞台へのこだわり、魅力を紐解いていきます。

俳優から演出家の道へ転向した蜷川幸雄氏

俳優時代の蜷川幸雄さん

蜷川 幸雄(にながわ ゆきお、1935年10月15日 - )は、日本の演出家、映画監督、俳優。桐朋学園芸術短期大学名誉教授。
画家を志して東京藝術大学美術学部を受験するが失敗し、将来の進路に迷っていたとき偶然「劇団青俳」による安部公房『制服』の公演に接し、衝撃を受けて「劇団青俳」に参加。俳優として活躍していたが「自分は演出に向いている」と悟り劇団を結成し演出家に転向する。

出典:Wikipedia

俳優としての経験を経て、1969年には、『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビューし、以降は俳優業よりも演出家としての活動に傾倒していくことになります。

蜷川幸雄氏が演出した『真情あふるる軽薄さ』の当時の画像

出典:www.asahicom.jp

蜷川幸雄氏が演出した『真情あふるる軽薄さ』の当時の画像

1955年 開成高校卒業後、「劇団青俳」に入団。
1967年 「劇団青俳」を退団し、蟹江敬三、石橋蓮司らと劇団「現代人劇場」結成。
1969年 『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビュー。

出典:Wikipedia

蜷川幸雄の舞台へのこだわり

舞台への情熱を語る蜷川幸雄

今年で80歳の蜷川幸雄氏

リアルな演劇を追求していた活動に対して「それはヨーロッパのマネじゃないか!」と反発した。その結果、時間と空間を越え、人称も時代も自由に変わっていくような演劇が生まれたし、実は、そういった手法では日本のほうが先行していたと思うんですよ。ただ、そればかりになってしまい、戦うべき大本のリアリズムがなくなり、誰もそこをやらなくなっちゃった気がする。僕がやりたいのは、その二つを併せ持つこと。

出典:特集...

『ロミオとジュリエット』で大劇場へ進出、以後日本を代表する演出家として国内外の現代劇から近松門左衛門、シェイクスピア、ギリシャ悲劇など幅広い作品を次々と世に送り出している。

出典:NINAGAWA

蜷川幸雄氏の世界観が判る一冊

『ロミオとジュリエット』では、全てが男優で演じるということでも話題を呼びました。
ロミオ役を演じた菅田将暉さんも非常に意欲的に役に向き合い、それに対して蜷川氏もかなり期待を寄せて演出に当ったようです。

蜷川幸雄演出の舞台『ロミオとジュリエット』

出典:www.sanspo.com

蜷川幸雄演出の舞台『ロミオとジュリエット』

全出演者が男優という、蜷川幸雄の新たな試み

蜷川氏によって二回も舞台化された海辺のカフカ

村上春樹氏が著者である『海辺のカフカ』は、蜷川氏によって二回にわたり舞台化されています。
2012年版は、柳楽優弥さんが出演して話題になっています。

蜷川幸雄氏が舞台化した海辺のカフカ

そして、2014年版の舞台『海辺のカフカ』は、蜷川幸雄氏の80周年を記念した作品です。
その出演者も宮沢りえさんや藤木直人さんなど、話題を集めましたが、なによりも原作の世界観を見事に舞台として演出したこの作品は、大きな話題を呼びました。
演出家として更に挑戦を続ける蜷川氏の80周年記念作品にふさわしいものとなったようです。

蜷川幸雄氏の2014年版『海辺のカフカ』

出典:butai-kafka.com

蜷川幸雄氏の2014年版『海辺のカフカ』

『海辺のカフカ』記者会見での蜷川幸雄氏

出典:www.sanspo.com

『海辺のカフカ』記者会見での蜷川幸雄氏

蜷川幸雄が手がけた実際の舞台の様子

ニューヨーク・タイムズ「年間ベストブック10冊」や、世界幻想文学大賞に選ばれた村上春樹の傑作長編小説を蜷川幸雄が演出し注目を集めた舞台「海辺のカフカ」。原作の世界観を、世界のニナガワならではの美しくも壮大なスケールで舞台化し、大きな話題を呼んだ本作が、2015年蜷川幸雄生誕80周年を記念しロンドン・ニューヨーク・埼玉・シンガポール・ソウルの5都市で上演される。

出典:蜷川幸雄80周年記念作品『海辺のカフカ』|彩の国さいたま芸術劇場

増々、演出家としての活躍が期待される蜷川幸雄氏

出典:mrs.living.jp

増々、演出家としての活躍が期待される蜷川幸雄氏

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング