著名な作家である司馬遼太郎の名言とは?!

小説家であり、エッセイストであり憂国の士であった司馬遼太郎は、著名な作家でした。戦争に参加せざるを得なかった時を経て、国の在り方に疑問を呈し、若かりし頃の自分へ向けて小説を書き始めたのが、司馬遼太郎です。歴史を多角的な視点から読み解き、膨大な資料から調査を行い小説を書き上げていた、司馬遼太郎には多くのファンが今もいます。ここでは、多くのファンに惜しまれながら鬼籍に入られた作家、司馬遼太郎の名言について取り上げます。数えきれない名言の中から、ほんの少しだけピックアップしたものです。

著名なる作家、司馬遼太郎の紹介!!

笑顔の司馬遼太郎

司馬 遼太郎(1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名、福田 定一。大阪府大阪市生まれ。筆名は「司馬遷に遼に及ばざる日本の者(故に太郎)」から
産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。

出典:司馬遼太郎 - Wikipedia

若かりし頃の司馬遼太郎

日本が誇る作家、司馬遼太郎の名言とは?!

在りし日の司馬遼太郎

出典:kikoubon.com

在りし日の司馬遼太郎

人の諸々の愚の第一は、
他人に完全を
求めるということだ。

出典:司馬遼太郎の名言 | 地球の名言

在りし日の旅する、司馬遼太郎

人間にとって、
その人生は作品である。

出典:司馬遼太郎の名言 | 地球の名言

仲間と旅する、司馬遼太郎

出典:kikoubon.com

仲間と旅する、司馬遼太郎

人間は、自然によって
生かされてきた。

古代でも中世でも
自然こそ神々であるとした。

このことは、
少しも誤っていないのである。

出典:司馬遼太郎の名言 | 地球の名言

作家、司馬遼太郎

例えば、友達が転ぶ。
「あぁ痛かったろうな」
と感じる気持ちを、

そのつど自分の中で
作りあげて
いきさえすればよい。

出典:司馬遼太郎の名言 第2集 | 地球の名言

人間は決して、
孤立して生きられるようには、
作られていない。

出典:司馬遼太郎の名言 | 地球の名言

在りし日の司馬遼太郎

勇気と決断と、
行動力さえ
もちあわせておれば、

あとのことは
天に任せればよい。

出典:司馬遼太郎の名言 | 地球の名言

悩む司馬遼太郎

志を守り抜く工夫は、日常茶飯の自己規律にある。

出典:名言ナビ・キーワード - 【司馬遼太郎の名言】 No.21〜40

人間の泣くこと
笑うことは、

いまもむかしも
変わらない。

出典:司馬遼太郎の名言 第2集 | 地球の名言

小説家、司馬遼太郎の名言!!

小説家、司馬遼太郎

出典:book.asahi.com

小説家、司馬遼太郎

智恵よりも大事なのは覚悟や、と。覚悟さえすわれば、智恵は小智恵でもええ、浅智恵でもええ、あとはなんとかなるやろう。

出典:名言ナビ・キーワード - 【司馬遼太郎の名言】

憂国の人、司馬遼太郎

世の中の人は何とも云えばいへ。我がなすことは 我のみぞ知る。

出典:"司馬遼太郎"のビジネス名言一覧|ビジネス名言ポータル

何でも思い切ってやってみることですよ。
どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。

出典:名言ナビ - 何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転ん

名言をいくつも残した司馬遼太郎

おれは、かつて、おれ自身に惚れこんだことがなかった。自分に惚れこみ、自分の才を信じて事を行えば、人の世に不運などはあるまい。

出典:名言ナビ - おれは、かつて、おれ自身に惚れこんだことがなかった

英雄とは、自分だけの道を歩く奴のことだ。

出典:名言ナビ・キーワード - 【司馬遼太郎の名言】 No.41〜60

歴史作家、司馬遼太郎

業なかばで倒れてもよい。そのときは、目標の方角にむかい、その姿勢で倒れよ。

出典:名言ナビ・キーワード - 【司馬遼太郎の名言】 No.41〜60

世に生きものというのは、人間も犬も虫もみな同じ衆生で、上下などはない。

出典:名言ナビ・キーワード - 【司馬遼太郎の名言】 No.61〜80

大作を残した、司馬遼太郎

これからも、大作家であった司馬遼太郎の名言を心していきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング