グランジの神様・ニルヴァーナ!バンドの基本情報とTシャツについてまとめ

ニルヴァーナを知らなきゃモグリ!音楽ファンなら知ってて当然!現在も伝説は続いています!ドキュメンタリーの公開、Tシャツの新しいデザインなどが発表されています!

知らないと恥ずかしい?ニルヴァーナ!

ロックの殿堂入りを果たしたニルヴァーナ

ニルヴァーナ (Nirvana) は、1987年に結成された、アメリカのロックバンド。バンド名には、仏教用語の「涅槃の境地」という意味合いと「生け贄」という意味合いがある。「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」のヒットで知名度を上げ、1990年代以降のロックに影響を与え、しばしばオルタナティヴ・ロックシーンにおいて『ニルヴァーナ以降』という言い方をされる。

出典:ニルヴァーナ (バンド) - Wikipedia

ニルヴァーナのメンバー

ニルヴァーナのヴォーカル

カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain、1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカのミュージシャン。
1990年代を代表するワシントン州シアトルのグランジバンド、ニルヴァーナでボーカルとリードギターを担当し、アルバム『ネヴァーマインド』の成功で一躍ロックスターの仲間入りを果たすものの、1994年自宅にてショットガンで自殺。27歳没。

出典:カート・コバーン - Wikipedia

ニルヴァーナのベーシスト

クリス・ノヴォセリック(Krist Novoselic、1965年5月16日 - )は、クロアチア系アメリカ人のミュージシャン。元ニルヴァーナのベーシストとして知られる。姓は正しくは「ノヴォセリッチ」と発音する。

出典:クリス・ノヴォセリック - Wikipedia

ニルヴァーナのドラマー

デヴィッド・エリック・グロール(David Eric Grohl、1969年1月14日 - )はアメリカのミュージシャン。ロックバンド、ニルヴァーナの元ドラマーで、現在はフー・ファイターズのボーカル、ギターを務め、ジョン・ポール・ジョーンズらと共に結成した「ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ」のドラマーも務めている。

出典:デイヴ・グロール - Wikipedia

ニルヴァーナ、カートの死

彼はニルヴァーナそのものだった

自身のイメージや思い通りに曲が作れない苛立ち、また、少年時代からのうつ病と薬物中毒に苦しみ、ローマでの自殺未遂を経た末、1994年4月8日、シアトルの自宅で薬物を服用の上、ショットガンで頭部を撃ち抜いて自殺しているのが発見される。警察の報告によると、死亡推定日は4月5日。遺書には強烈な筆圧で、親交のあったニール・ヤングの「ヘイ・ヘイ・マイ・マイ」の歌詞の一部「It's better to burn out than to fade away」が引用されている。

出典:カート・コバーン - Wikipedia

今も人気のニルヴァーナ・Tシャツ

ニルヴァーナといえば、コレ!

出典:www.polyvore.com

ニルヴァーナといえば、コレ!

アルバムデザインのTシャツ

ユニクロからもニルヴァーナTシャツ

出典:im.uniqlo.com

ユニクロからもニルヴァーナTシャツ

これもユニクロ・ニルヴァーナ

出典:im.uniqlo.com

これもユニクロ・ニルヴァーナ

ヴィンテージのTシャツ

カートの遺書がプリントされたTシャツ

出典:pds.exblog.jp

カートの遺書がプリントされたTシャツ

直筆をプリントしたTシャツ

出典:s.eximg.jp

直筆をプリントしたTシャツ

ニルヴァーナのフロントマンだったカート・コバーンの遺書をプリントしたTシャツとタンクトップが、悪趣味との苦情が殺到し販売が中止された。

出典:カート・コバーンの遺書Tシャツ、苦情殺到で販売中止

ニルヴァーナの伝説は、今も生まれている

ニルヴァーナ=カート・コバーンの映画

200時間を超える未発表楽曲と未公開映像、日記、写真等カート・コバーンの私的なアーカイブから、かつてない手法で幼少期から追い、不可能と思われる程の距離で彼の生涯に迫る。むき出しで、正直で、全てをさらけ出してもなおひるまない、カート・コバーンの決定版ともいえる作品が遂に日本で公開される

出典:カート・コバーンのドキュメンタリー、日本での公開決定

音楽だけでなく、カート・コバーンのカリスマ性に触れたら、目が離せなくなる!

今こそ、ニルヴァーナにハマろう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング