【しゃべくり】水嶋ヒロの意外な特技・弱点とは?空白の3年間、何をしていた?【劣化】

2013年、3年ぶりのバラエティ番組に出演したイケメン俳優・水嶋ヒロ。不思議な特技や意外な弱点を明かしてくれました。しかし視聴率が悲劇の1桁?一体なぜ?「空白の3年間」とも関係が?

しゃべくりに出演した水嶋ヒロ

2013年9月9日に、3年ぶりのバラエティ番組に出演した水嶋ヒロ

番組内での発言をまとめていきます!

水嶋ヒロの好きな食べ物は?

お寿司が大好きな水嶋ヒロ

国内よりも海外に旅行へ行くことが多いという水嶋ヒロ。
好きな食べ物を聞かれた時、「sushi」と思わずイングリッシュな発音になってしまいました(笑)

お寿司屋さんに行ったときは、端から端まで頼むという水嶋ヒロ

本当に好きなんですね。
しゃべくりでも、水嶋ヒロがお寿司を食べるだけのコーナーができてしまうほどの好きぶり!

水嶋ヒロの不思議な特技とは?

水嶋ヒロの特技:手笛

小学生の頃に住んでいたスイスで、森の中のおじいさんに教わったそうです。動物が集まることもあるんだとか?

水嶋ヒロの意外な弱点とは?

某巨大掲示板でも『水嶋ヒロの弱点を探すスレ』というスレッドがたつほど…。

それではその完璧なプロフィールを見ていきましょう。

イケメンで180㎝の長身
帰国子女で英語のネイティブスピーカー
全日本高校サッカー選手権大会の神奈川県代表
慶應義塾大学卒業
業界でも性格が良いと評判
処女小説『KAGEROU』で第5回ポプラ社小説大賞受賞
など。

出典:水嶋ヒロの完璧な経歴と壮絶過去?イケメンで性格良くて英語堪能! | りんたの365日日記帳

オールマイティな俳優として知られる水嶋ヒロ。こんなに完璧なのに、意外にたくさん弱点があるようで…

・・・お化け、高いところ、狭い所、くすぐったがり、ジェットコースター
人前に立つこと、腐敗した政治、崩壊するモラル、虫
早口すぎる関西弁、泳げない、注射

出典:水嶋ヒロが黒執事の番宣でしゃべくり: 話題ザクザクな毎日についてけるかな、ワタシ?

途中ツッコミっどころも沢山ありますが笑、こんなにも沢山の弱点が!隙のあるイケメンも、また素敵?♡

水嶋ヒロの素顔が明らかになった放送回。しかし視聴率は…

水嶋ヒロしゃべくり出演も、悲劇の視聴率1桁!

平均15%ほどある同番組が、まさかの9.5%に!
深夜番組並みの視聴率に、スタッフも騒然?

原因は、水嶋ヒロの劣化?

色が白くなったことを指摘された水嶋ヒロ

映画「黒執事」での役作りのために、日焼けしないように気を付けていたのだとか。それにしても白すぎ…?

視聴者からは「白すぎ、痩せすぎ、やつれている」「目元が窪んで、疲れてる印象」と、全盛期のビジュアルを懐かしむ声が上がっている。

出典:水嶋ヒロ、久々の登場に「劣化」の声! 「やつれ顔」にならざるを得ない訳 -...

番組では「3年くらいはテレビを見ていない」と現在のテレビ事情に疎いことを明かし、休日は外でアクティブに過ごすこともなく、「ジムで体を鍛えたりもしていない」という水嶋。

出典:水嶋ヒロ出演も低視聴率

学生時代にやっていたサッカーについても「まったくやってない」そうで、終始消え入りそうな声でボソボソと話す姿に、くりぃむしちゅー・有田哲平が「ちゃんとご飯食べてますか?」「声とかもなんかホラ……」と、ツッコむ場面も。

水嶋は登場時からフラフラ歩いていたと主張する有田に、水嶋は「歓声を浴びるのも、何年ぶりだ? ってぐらいだったので、圧倒されちゃいました。ビックリした」と、緊張気味に話していた。

出典:水嶋ヒロ出演も低視聴率

終始小声で、登場時もふらふらだった水嶋ヒロ

共演者から何度も「ご飯をちゃんと食べているか」と心配されることに。

ここで、デビュー当時・全盛期の水嶋ヒロの画像と比較してみましょう。

デビュー当時の水嶋ヒロ

「仮面ライダーカブト」にて主役を演じ、人気俳優の仲間入りを果たしました。

全盛期の水嶋ヒロ

「花盛りの君たちへ」出演時。爽やかかつ男前な印象です。

テレビから離れていた3年間に、一体何が?

水嶋ヒロ、空白の3年間に何をしていた?

一部週刊誌によると、事務所の研音を退社してからは、

執筆活動もせず、芸能活動もほとんどしていなかったとか。

出典:しゃべくり007 水嶋ヒロ 視聴率低?

2010年、絢香と極秘結婚・事後報告したことから、事務所との間に確執が生まれ、絢香と共に事務所を退社。独立していたのでした。

絢香と結婚した水嶋ヒロ

妻・絢香は、バセドウ病を患っていて、結婚当時は特に治療が必要だったみたいで…

事務所スタッフとして、掃除や郵便物の発送などを行っていたという水嶋は「ものすごく大変だった。二度と繰り返したくない」と振り返り、「(彼女の)病気を治すのが先決だった。どうやって病気とうまく付き合っていくのか、分からなかった。2年間で絶対復帰する、と目標を決めてましたから、その時に(2年後に)ちゃんと会社をしていよう、と」と必死だった3年間の心境を吐露した。

出典:水嶋ヒロ「大変だった」空白3年間語る/芸能速報/デイリースポーツ online

「空白の3年間」は、事務所スタッフとしての雑務と、絢香の病気治療に専念していたようです。

絢香の病気治療に専念していたという水嶋ヒロ

人知れず、大変な苦労をしていたようです。

そもそも、テレビに出ていなかった3年のブランクは事務所の圧力によるもの?

「研音の圧力により、現在でも水嶋が民放のドラマに出演することは難しい状況です。それだけに水嶋は、復帰作となる『黒執事』には相当のこだわりがあるようで、『作品のイメージに合うように減量してから』と、クランクインを延ばした上に、『実写化するには、この設定では無理がある』などと脚本にも口出しをしていたことが一部で報道されています。今回のテレビ出演に関しては、研音の圧力がバラエティには発揮されなかったためでしょう」(芸能ライター)

出典:水嶋ヒロ、久々の登場に「劣化」の声! 「やつれ顔」にならざるを得ない訳 -...

そのため、バラエティ番組である「しゃべくり」にて久しぶりのテレビ復帰が出来た…ということのようです。

俳優界のトップだった水嶋ヒロ

再びイケメン俳優として、ひっぱりだこの水嶋ヒロをお目に掛ける日は来るのでしょうか。
影ながら、応援したいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング