【ゲーム理論】ノーベル賞も取ったジョン・ナッシュが交通事故で亡くなる【ビューティフル・マインド】

ゲーム理論の重要な概念である「ナッシュ均衡」を証明したことで知られる数学者のジョン・ナッシュさん。映画「ビューティフル・マインド」のモデルにもなった天才は、2015年5月23日に、交通事故で亡くなりました。

天才数学者

ジョン・ナッシュ

本名:ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニア
1928年6月13日 - 2015年5月23日
アメリカ出身

ゲーム理論で有名

ナッシュ均衡

ナッシュが証明したことでその名がついた「ナッシュ均衡」。これを証明した時、ナッシュはまだ大学院生でした。

ナッシュ均衡は、他のプレーヤーの戦略を所与とした場合、どのプレーヤーも自分の戦略を変更することによってより高い利得を得ることができない戦略の組み合わせである。ナッシュ均衡の下では、どのプレーヤーも戦略を変更する誘因を持たない。

出典:ナッシュ均衡 - Wikipedia

囚人のジレンマ

有名な囚人のジレンマも、ナッシュ均衡によって説明されます。

「互いに協調する方が裏切り合うよりもよい結果になることが分かっていても、皆が自身の利益を優先している状況下では、互いに裏切りあってしまう」というようなジレンマを指す。

出典:囚人のジレンマ - Wikipedia

2人とも黙秘した方が得なのに、AさんもBさんも相手が自白した時のことを考えて自白するという選択を取ってしまう(お互いにとって最悪の結果を招く)というものです。

ドラマ化された人気漫画にも影響

「LIAR GAME」

登場人物に課される様々なゲームと、その中での人間の選択。この作品はゲーム理論に基づいているところが大きいです。

ゲーム理論に与えた影響が評価され、ノーベル賞受賞

受賞記念スピーチをするナッシュ

出典:pbs.twimg.com

受賞記念スピーチをするナッシュ

経済学において重要なゲーム理論に対する功績が認められ、ノーベル経済学賞を受賞しました。

現実社会での「ナッシュ均衡」では、各国の核競争で、核兵器を使わないものの、互いに持ち合いながら廃棄もせず相互ににらみ合っているような状態が典型例だ。

出典:【日本の解き方】天才数学者ナッシュ氏の功績 核の「均衡」も示すゲーム理論

各国が核兵器を持ちながら世界大戦が起きていない現状も、ナッシュ均衡で説明できるとのこと。

研究者としての成功後、統合失調症に

統合失調症の主な症状

出典:pbs.twimg.com

統合失調症の主な症状

ナッシュはこの中でも特に、「妄想」が酷かったそうです。

妄想が彼を苦しめる。国家のために暗号解読をしているという思い込みと、それ故にソ連のスパイに狙われているという被害妄想。そして存在しないはずの人物が見えてしまうという幻覚。ついに研究者としては完全にダメになり、精神病院への入院を余儀なくされ、夫婦生活も崩壊寸前となる。

出典:『ビューティフル・マインド』

ナッシュの妄言のせいで、無実の人が逮捕されたり殺されたり、といったこともあったそうです。

病気の影響で研究ができなかったナッシュ

彼が実際に研究者として活躍できたのは、20代までだったそうです。

映画「ビューティフル・マインド」のモデルに

ビューティフル・マインド

天才数学者、ジョン・ナッシュをモデルにハリウッドで制作された映画です。

「ビューティフル・マインド」のモデルとなったジョン・ナッシュ

ナッシュを演じたラッセル・クロウ

統合失調症という難しい役を熱演しました。

2:23 ビューティフルマインド

ビューティフルマインド

アカデミー賞も獲得した名作映画です。

2015年5月23日、交通事故でこの世を去る

米ニュージャージー州の警察当局は25日までに、米プリンストン大学の数学者で、その半生が映画「ビューティフル・マインド」の題材にもなったジョン・ナッシュさんが交通事故で死亡したと発表した。86歳だった。

出典:米数学者のジョン・ナッシュさんが交通事故死、半生映画化も

奥さんのアリシアさんも一緒に亡くなったそうです。

追悼メッセージを送ったラッセル・クロウ

自身が演じた役のモデルということもあって、追悼メッセージを発表しています。

非常に驚いています……。ジョン、アリシア、そして2人の家族に心からお悔やみを申し上げます。2人の素晴らしいパートナーシップ。美しい考え方、美しい心

出典:ラッセル・クロウが数学者ジョン・ナッシュ夫妻に追悼メッセージ。 - エキサイトニュース

日本でも大きく報道されたナッシュの死

栄光を掴み、病気と闘った86年の人生でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング