チョ・インソンはどんな映画に出演していたの?

チョ・インソンは映画2002年から2008年までに6本の映画に出演しています。その中には過激な役もありました。どんな映画に出ていたのか調べてみました。

チョ・インソン の映画デビューは2002年

デビュー映画となった「トイレどこですか?」

出典:movie.daum.net

デビュー映画となった「トイレどこですか?」

人気若手俳優、チョ・インソンのデビュー作となる青春ロードムービー。北京の公衆トイレで偶然通りかかったおばあさんに拾われて育てられた男が、病に倒れたおばあさんの治療薬を求めて旅に出る。
捨てられた自分を助けてくれたお婆さんの病気を治すため、ドンドンは妙薬を探す旅に出た。その行く先々で愛する人の命を救うため奔走している人々と出会う。“やっぱり、愛する人の命は、あきらめきれない”。

出典:Amazon.co.jp | トイレ、どこですか? [DVD] DVD・ブルーレイ...

長く生きられない病の役だったチョ・インソン

出典:www.hrising.com

長く生きられない病の役だったチョ・インソン

映画「マドレーヌ」で主演したチョ・インソン

この映画では優しくて誠実な男性を演じました。

大学休学中のジソク(チョ・インソン)はある日、中学時代の同級生で美容師のヒジン(シン・ミナ)と再会する。その後、ヒジンは交際する気の無いジソクに1ヶ月間だけ交際することを提案し、交際が始まる。しかしジソクは、同じ中学時代の同級生で初恋の相手であるソンヘとも再会し、ヒジンとの間ですれ違いが起きる。一方ヒジンは、元彼の子を妊娠していることがわかり、ジソクとの別れを決意する。

出典:マドレーヌ (2003年の映画) - Wikipedia

契約恋人を演じたチョ・インソン

出典:mamimami.biz

契約恋人を演じたチョ・インソン

チョ・インソンのコメディ映画「 ラブ・インポッシブル」

キスシーンが話題となった映画

若手ナンバーワン俳優、チョ・インソン主演によるロマンティックコメディ。ナンパに明け暮れる都会派プレイボーイの韓国人大学生と、気の強い北朝鮮のエリート女学生。許されない境遇の中で燃え上がるふたりの恋の行方を描く。

出典:Amazon.co.jp | ラブ・インポッシブル ~恋の統一戦線~...

プレイボーイを演じたチョ・インソン

出典:blog.goo.ne.jp

プレイボーイを演じたチョ・インソン

チョ・インソンの代表作でもある映画「ラブストーリー」

ラブストーリーも似合うチョ・インソン

ジヘ(ソン・イェジン)は同じ大学の演劇クラスを取り仕切るサンミン(チョ・インソン)に想いを寄せるが、友人スギョンにサンミンへのメールの代筆を頼まれ、自らの想いを隠してスギョンとしてのメールを送る。ジヘはスギョンの為にサンミンと距離を置こうとするが、偶然により何度も顔を合わせる事となる。

出典:ラブストーリー (映画) - Wikipedia

二人の女性から想いを寄せられる男性を演じたチョ・インソン

今までの映画にはないワイルドな役を演じたチョ・インソンの「卑劣な街」

暴力団のナンバーツーを演じたチョ・インソン

日本での人気・知名度が一躍急上昇したチョ・インソン。
本作ではそんな“貴公子”ぶりから一転、『マルチュク青春通り』のユ・ハ監督とタッグを組み、家族や子分思いの優しい一面を持ちながらも、暴力の世界にはまりこんでいく危険な男を熱演。『マイ・ブラザー』のイ・ボヨンとの濃厚なキスシーンも話題に!

出典:KNTV ドラマ 映画『卑劣な街』

チョ・インソンの魅力いっぱいの映画「卑劣な街」

出典:www.kntv.co.jp

チョ・インソンの魅力いっぱいの映画「卑劣な街」

チョ・インソンが体当たりで演じた「霜花店(サンファジョム」

同性愛が話題となった映画「霜花店(サンファジョム」

『霜花店(サンファジョム)―運命、その愛―』は2008年公開の韓国映画。高麗末期の宮廷を舞台に、高麗王とモンゴル人王妃、そして王の寵愛を受ける近衛部隊の隊長の三角関係を描く。

出典:霜花店 運命、その愛 - Wikipedia

「霜花店」では体当たりの全裸シーンや、同性愛の濡れ場を披露した。

出典:チョ・インソン (俳優) - Wikipedia

今までにない役柄を演じたチョ・インソン

日本でも人気のあるチョ・インソンですが、やんちゃでわがままな役が多かった以前の作品から、様々な役をこなして成長しているという印象があります。これからの演技にも期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング