ローラン・ブランの現在までを振り返る【セクハラの過去も?】

1998年サッカーW杯フランス大会でフランス代表を支えたローラン・ブラン。現在はパリ・サンジェルマンの監督として活躍する彼のこれまでの軌跡を振り返ります。

「青い壁」と称されたローラン・ブラン

ローラン・ブランとは

1965年生まれのフランス国籍。ポジションはDF。1983年にモンペリエでデビューすると2003年まで活躍しました。元フランス代表です。

ローラン・ブランの現役時代

当時のフランス代表を支えたロロとチームメイトたち

ロロがフランス代表として活躍した当時のフランス代表にはジネディーヌ・ジダンやディディエ・ディシャンなどがおり、彼らの活躍は目ざましかったそうです。

栄光を掴んだローラン・ブラン

1998年母国フランスでの開催となったワールドカップ。ローラン・ブランはセンターバックとしてフランスの優勝に貢献しました。

ロロ自身もゴールを決めました!

決勝トーナメント第一回戦のパラグアイ戦、延長戦までもつれ込みましたがローラン・ブランのゴールで見事チームは勝利しました。

ローラン・ブランのおまじない?

ローラン・ブランの「幸運のキス」

ワールドカップフランス大会の毎試合前に、ブランがGKファビアン・バルテズの頭にキスをしていたことが今でも語られています。ブランなりの縁起担ぎなのでしょうか。

クラブチームでも活躍!

ローラン・ブラン現役最後のタイトル

2001年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したローラン・ブラン。2003年にマンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグを制覇し、ブランはその年に現役引退を宣言しました。

現役引退後は・・・

ローラン・ブラン”監督”誕生

現役引退後、コーチング・ライセンスを取得したブランは、2007年ボルドーの監督に就任。2年後の2009年にはチームをリーグとリーグカップの2冠に導き、2009年から2010年にかけてのUEFAチャンピオンズリーグでベスト8入りを果たしました。

そして、フランス代表監督へ

フランス代表を23試合無敗に導いたブラン監督

2010年夏にフランス代表監督に就任したローラン・ブラン。最初の2試合こそ敗れるものの、その後はなんと23試合無敗という記録を出しました。ローラン・ブランは2012年のEURO本大会でスペインに敗れるまで監督を務めました。

現在はフランスで

パリ・サンジェルマンの監督を務めるローラン・ブラン

2013年からパリ・サンジェルマンの監督に就任しています。現在チームはリーグ1位ですよ!

尊敬する人物は?

ロロが尊敬する監督は名将ファーガソン?

ファーガソンは長い間マンチェスター・ユナイテッドの監督を務めていました。

ファーガソン監督は単なる監督、サッカー指導者を超えた存在だった。まるで父親のようだったよ。指導者の仕事について私が真剣に考えるきっかけになった人なんだ。監督というのは、ピッチ上ではチームのメンバー選びや戦術、試合中あるいはハーフタイムの言動についても、素早い判断が求められる。それと同時に、チームの選手たちを人間的なレベルで支えていかなければならない。ファーガソン監督は私のお手本であり、あの発想を自分のヒントにできればと思う。なかなか難しいけれどね

出典:UEFAチャンピオンズリーグ - ニュース – UEFA.com

そんなローラン・ブランにある疑惑が

パリSGが最近の試合で、以前使用していた「4-4-2」のフォーメーションから「4-3-3」への変更を行った理由についてスウェーデン紙『Aftonbladet』の記者であるヨハンナ・フランデン氏が尋ねると、ブラン監督は回答する前にまず、「女性がサッカーの戦術について語ることはビューティフルだ。素晴らしいと思うよ。4-3-3がどういうものか知っているかい?」とコメント。

出典:PSG指揮官がセクハラ発言…「女性が戦術を語るのはビューティフル」

この後、すぐ話の内容を修正したそうですが会場は冷ややかな空気に包まれたそうです。

密度の濃い人生を送るローラン・ブラン

今後の動向に注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング