【エレキの神様】寺内タケシの逸話まとめ【ギターは弾きなきゃ音が出ない】

「エレキの神様」と呼ばれている寺内タケシさん。日本各地の高校でハイスクールコンサートを行っていたり、国際連合ピースメダルを受賞していたりします。 そんな寺内タケシさんのエピソードをまとめました。

寺内タケシさんってどんな人?

寺内タケシ

生年月日:1939年1月17日
性別:男性
出身:茨城県

日本を代表するギタリストの一人で、「テリー」や「エレキの神様」といった愛称で親しまれています。

寺内タケシさんの幼少時代

「やればできる」子だった寺内タケシさん

まともに勉強をせずにギターの練習ばかりしていた寺内タケシさんを心配して、両親から、「一度でよいから、一科目でよいから一番を取ってくれ。そしたら好きなギターを好きなだけやってもいい」といわれ、実際に期末テストっで1位の成績を収めたそうです。

しかし、「俺はやれば出来るんだからやらない」といってそこで勉強をやめてしまったんだとか。

寺内タケシさんとエレキギター

寺内タケシさんと三味線

母親が三味線の名手であったため、母親の三味線に負けないくらい大きな音が出せるギターを作りたい一心で、電話機を改造してエレキギターを自作しています。

大人になってからギターで津軽じょんがら節を弾いているのは、もしかしたら母親の影響があるのかもしれませんね。

寺内タケシさんとソリッドボディギター

「マイクで弦の振動を拾うため、ギターには大きな空洞は必要ない」として、ソリッドボディーギターを製作。

1949年にフェンダー社がソリッドボディーギターの一般発売をしているため、世界初であるとは言えませんが、ほぼ同時期に自分で製作していることは驚くべきことです。

寺内タケシとブルージーンズ

寺内タケシとブルージーンズ

米軍キャンプで演奏を行ったり、アメリカ人とバンドを組んでいたりしました。

米軍キャンプでジミー時田や碇矢長一(後のいかりや長介)と知り合い、ブルージーンズを結成しました。

寺内タケシさんと海外バンド

アニマルズやアストロノウツなど、海外のエレキバンドが1960年代にこぞって来日。

しかし、寺内タケシの演奏に驚いて、帰っていくという伝説を残しています。

寺内タケシさんとエレキ節

エレキギターで日本の民謡をカバーしていたりします。

代表曲は、

・津軽じょんがら節(青森県)
・ノーエ節(静岡県)
・おけさ節(新潟県)
・斉太郎節(宮城県)
・ソーラン節(北海道)

など。

5:10 寺内タケシ&ブルージーンズ -  津軽じょんがら節

寺内タケシ&ブルージーンズ -  津軽じょんがら節

寺内タケシさんが「エレキの神様」と呼ばれる所以

寺内タケシ「ギターは弾かなきゃ音が出ない」

60年以上ギターを弾き続けて悟ったことが、

「ギターは弾かなきゃ音が出ない」

とても含蓄のあるお言葉です。

最後に司会者が「魂のプレーありがとうございました。ギター人生について」とマイクを向けると、寺内さん曰く「好きなんだね。年間189回公演するけど、まだ入り口が見えない。一つだけ分かったことは、ギターは弾かなきゃ音が出ないということ」(と答えた)

出典:ギターは弾かなきゃ音が出ない | どっこい祭儀

今では彼の座右の銘となっています。

寺内タケシさんとエレキギター

エレキギターが不良少年の温床だという世間の認識が強くなった時期がありました。

そこで寺内タケシさんは、各地の高校を渡り歩き、各高校の校長と話をしてエレキギターの良さを認めてもらおうとしたそうです。

ほとんど門前払いでしたが、母校に訪れると校長は快く迎え入れてくれ、現在1500校を超える「ハイスクールコンサート」の第一回目の公演を行いました。

寺内タケシさんと国際連合ピースメダル

1976年、当時ソ連に住んでいた寺内タケシさんのファンであるという白血病の少女に生演奏を聴かせるため、赤字を覚悟でツアーを決行。

ツアー最中に起きた社会的事件(ミグ25事件)があっても続行し、観客42万人動員の大成功に終わらせました。

この功績を認められ、交際連合からピースメダルを贈られています。

オマケ

寺内タケシさんのもう一つの名言

寺内タケシさんの名言といえば、「ギターは弾かなきゃ音が出ない」ですが、

ハイスクールコンサートの際に呼びかけている、「お前らにモテるコツを教えてやる。それは制服をきちっと着ることだ」というのも、名言だと感じます。

エレキの神様、寺内タケシの言。
あいつには才能が有ると云われた。
俺に本当に才能が有ったなら、生まれた時から5本の指に(ギターの)タコが出来てた筈じゃないか。
才能、それは努力しない大人の負け言葉だ。

出典:中学生です。シンガーソングライターになるのが夢です。

「寺内さんは、天才ですよねぇ。」
すると寺内さんは激昂するんだ。
「お前何言ってんだよ。」
(中略)
「おれを天才なんて言い方で褒めないでほしい。何万時間、何億時間、ギターを練習し続けたか知っているか。ふざけんなよ。どうせ褒めるなら、俺の努力をほめてやってくれ。」

出典:日々是感動:2007年07月

これもまた名言です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング