世界的な映画監督である宮崎駿氏の漫画とは?!

風の谷のナウシカなどの代表作を手掛けた宮崎駿氏は、人間へ一貫したメッセージを伝える子供向けの作品を発表し続けてきた、世界的な映画監督です。世界中に多くのファンを持つジブリワールドを作り上げた、宮崎駿氏の漫画が映画の原作となっているようです。ここでは、宮崎駿氏の漫画について取り上げます。

世界的な映画監督、宮崎駿氏の紹介!!

宮﨑 駿(みやざき はやお、1941年〈昭和16年〉1月5日 - )は、日本の映画監督、アニメーター、漫画家。別名として秋津 三朗(あきつ さぶろう)、照樹 務(てれこむ)がある。映画などのクレジットタイトルでは宮崎 駿と表記されることもある。株式会社スタジオジブリ取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長、三鷹市立アニメーション美術館館主。

出典:宮崎駿 - Wikipedia

宮崎駿氏の手による数々の作品群

出典:hibikihajime.com

宮崎駿氏の手による数々の作品群

アニメーションで子供の心を救う宮崎駿氏の漫画とは?!

SF・ファンタジー作品。科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を描く。

出典:風の谷のナウシカ - Wikipedia

宮崎駿氏の漫画、シュナの旅

谷の底の小さな王国の王子、「シュナ」という青年の物語である。チベット民話「犬になった王子」(文:君島久子、岩波書店)が元となっている。麦を求めて王子が旅をするという民話で、『シュナの旅』も基本的に同じ構成ではあるが、登場人物・キャラクター等は宮崎独自のもの。

出典:シュナの旅 - Wikipedia

宮崎駿氏の漫画、飛行艇時代

アニメ制作の合間に模型雑誌『月刊モデルグラフィックス』に不定期連載されたもので、作者の趣味である軍事関係の船舶、航空機、戦車等を題材にしている。全13話。

出典:宮崎駿の雑想ノート - Wikipedia

傑作映画の元となった宮崎駿氏の漫画たち!!

宮崎駿氏の漫画、泥まみれの虎

「宮崎駿の妄想ノート『泥まみれの虎』」は、実在のナチスドイツ軍の戦車兵、オットー・カリウスの回顧録「ティーガー戦車隊」を原作とするエピソード。永遠の冬の大地、ロシアの東部戦線で波のように押し寄せるソ連軍をわずかな戦車で押しとどめ、友軍が撤退する時間を稼いだ「ナルヴァの戦い」を描いています。

出典:宮崎駿の描く「戦争」漫画、「宮崎駿の妄想ノート『泥まみれの虎』」

宮崎駿氏の漫画、ハンスの帰還

「宮崎駿の雑想ノート」は模型雑誌「モデルグラフィクス」にて掲載されている漫画作品。だいたいは1回、多くとも数回が1つのお話として短期連載されます。映画の制作の合間をぬって描かれている
目立たなくとも生きるためにがんばる姿にこそドラマがある、というのは宮崎作品を通じてのテーマです。

出典:「ハンスの帰還」の検索結果 - Wikipedia

森を侵す人間たちとあらぶる神々との対立を背景として、犬神(山犬)に育てられた「もののけ姫」と呼ばれる少女サンとアシタカとの出会いを描く。

出典:もののけ姫 - Wikipedia

宮崎駿氏の漫画、風立ちぬ

世界的な孤立の果てにある煉獄へと突き進む日本。そして永久の別れへと向かう愛妻との日々。過酷な現実に遭遇し続けながら、それでも空を見上げ、夢を追い続ける一人の男の物語・・・
宮崎駿が『モデルグラフィックス』誌上にて発表した連載漫画であり、その後、スタジオジブリによりアニメーション映画化された

出典:風立ちぬ (宮崎駿の漫画) - Wikipedia

宮崎駿氏の漫画、天空の城ラピュタ

監督である宮崎の小学校時代に考えていた架空の作品が骨子となっており、原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品である
鉱山町で働く少年パズーは、青い光とともに空からゆっくりと降りてきたシータを助け、自宅にかくまう。一夜明け、パズーはシータの行方を追うドーラ一家や特務機関からシータを守り逃走を図る。

出典:天空の城ラピュタ - Wikipedia

引退からの復帰を世界各国の多くのファンが待つ宮崎駿氏には、これからも、宮崎駿氏にしか表現できない作品を世に出し続けてほしいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング