宝塚の人気スター・甲にしき(小川甲子)の来歴 現在は宝塚の支配人!

小川甲子(おがわかつこ)さんは現在宝塚の支配人です。以前は男役として絶大な人気を誇っていました。彼女の半生を振り返ります。

女優、甲にしき

宝塚出身の名女優

甲にしき(小川甲子)さんは、宝塚出身の元女優です。

男役をする甲にしき

宝塚の男役として活躍してから、芸能界でも多いに実力を発揮しました。

現在の甲にしきさんは宝塚の支配人をしています。
それまで何があったのか、彼女の半生を振り返ってみましょう。

甲にしきの宝塚時代

首席で入団した甲にしき

出典:pbs.twimg.com

首席で入団した甲にしき

首席で入団し初舞台をこなした後は、花組に入り男役を演じます。1970年代には主演男役の座に着きました。

1960年、宝塚歌劇団入団。宝塚歌劇団46期生。宝塚入団時の成績は首席。初舞台の公演演目は星組公演『春の踊り(日本の恋の物語)/ビバ・ピノキオ』。同期に山吹まゆみ(女優)、上月晃(女優)、古城都(本郷功次郎夫人)、振付師司このみらがいるが、同期の上月(星)・古城(月)とは“3K”と呼ばれ、絶大な人気を博した。

出典:小川甲子 - Wikipedia

甲にしきと同期の山吹まゆみ

同期の娘役山吹まゆみさんは、テレビドラマや演劇で活動。

甲にしきと同期の上月晃

星組の主演男役まで上り詰めた上月晃さんは、フランスで活躍することもありました。

福田:入学なさってから、どうでしたか?
写真小川:負 けず嫌いなのかもしれませんけど、レッスンが好きでしたので、学校が終わった後も、ダンス、日舞、歌、演劇とレッスン、レッスン!夜遅くまであちこちお稽 古に通っていましたので、毎晩、母が駅まで迎えに来てくれたのですが、「帰りはお稽古着が汗で重くなっていた」と、よく言っていました。

出典:14:小川甲子 | 《UCDA》

甲にしきの宝塚退団後

退団後の甲にしき

出典:pbs.twimg.com

退団後の甲にしき

甲にしきさんは一度、宝塚を去ります。当時の宝塚OGは普通ミュージカルなどに進出するのですが、テレビ時代劇や舞台の道を歩き始めました。

nonnon925@nonnon925

今週の日経新聞夕刊に連載されている甲にしきさんの記事。退団時に東宝松岡社長(一三翁の次男、松岡修造さんの祖父)が尾上松緑さんに「彼女に日本物で息の長い女優になれるように仕込んでほしい」とお願いしてくださったとのエピソードが心に残りました。

昭和49年1月『花のお嬢吉三/カルナバル・ド・タカラヅカ』で退団。その後すぐテレビドラマ『たすきと包丁』に出演。舞台では長谷川一夫や尾上松緑らと共演した

--長谷川さん、松緑さん、ともに大先生ですね。

日本物の女のしっとりした色気なんてすぐには出せませんから、いろいろ教えていただきました。最初はね「宝塚の子だからしようがないなあ」と許してくださるの。宝塚出身ということは、そういう面でも得していましたね。

出典:宝塚歌劇団 sumirestyle 小川甲子

甲にしきの夫

甲にしきの旦那は萬屋錦之介

甲にしきさんの夫は、時代劇などでよく共演していた萬屋錦之介さんです。しかし、彼にはすでに妻がいました。

1980年代後半、共演が多かった萬屋錦之介と恋におち、当時経済的、人間関係などで不遇であった錦之介を支えたが、錦之介は甲との浮気により淡路恵子と別居、加えて淡路は甲の親友でもあったため(甲はこれを否定)甲は不倫のバッシングを受け仕事を干される事となる。

出典:小川甲子 - Wikipedia

萬屋錦之介の前妻、淡路恵子

この人もまた、色々苦労しています。

甲にしきの現在

萬屋錦之介の死後、甲にしきは

出典:pbs.twimg.com

萬屋錦之介の死後、甲にしきは

甲にしきさんは再び宝塚に帰ってきました。

甲にしきが支配人として働く宝塚の劇場

甲にしきさんは現在、宝塚の支配人として新しいステージに立っていらっしゃいます。

--支配人としての課題は
男性客と、今まで一度も宝塚歌劇団の舞台を見たことのないお客さまに来ていただくことです。ロータリークラブに出向いたり、いろいろ営業活動もしています。

--東京宝塚劇場は今年1月の開場以来、全公演完売ですね

ありがたいことですが、劇場は客席数が決まっていますから、今はよくても、今後どうなるか分かりません。この数を落とさないことが課題。営業・広報担当としては、落ちないための下地をつくっていくことが大事だと思っています。

出典:宝塚歌劇団 sumirestyle 小川甲子

淡路恵子と甲にしきのエピソードはこちらをどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング