【三億円事件】長瀬智也の出演したクロコーチというドラマ

長瀬智也のドラマクロコーチは未だ未解決事件をもとに描かれたドラマです。長瀬智也が角刈りとなって話題になりました。

長瀬智也が演じたクロコーチというドラマとは

長瀬智也はクロコーチの中で汚職刑事を演じました

『クロコーチ』は、リチャード・ウー(原作)およびコウノコウジ(作画)による日本の漫画、またそれを原作としたテレビドラマ。
代表的な未解決事件である三億円事件に対し、一つの仮説を示すことが趣旨である。ジャンルとしては「ダーク・ミステリー」とされる。

出典:クロコーチ - Wikipedia

原作のビジュアルにかなり似せたそうです

「これだけのコトさせといて、タダってわけにはいかないでしょー」 刑事とはいえ、ワイロあり、強請りあり、実力行使ありの、手段を選ばない極悪刑事であるクロコーチ。彼は、警察の闇の奥に存在する巨大なる「ある組織」の解明と追求のため、そして、日本中を震撼させた、昭和43年の「三億円事件」の真相にたどりつくため、極悪ながらも信念を背負って闇と対峙する。 未解決事件で終了したこの事件の三億円の在り処はどこなのか。

出典:クロコーチ - Wikipedia

クロコーチでは長瀬智也の決め台詞がありました

クロコーチの中で長瀬智也は剛力彩芽演じる清家に対して決め台詞を発していた

「口笛を吹きながら、『せいかーい!』って剛力ちゃんが演じる清家によく言うんだけど、不気味な部分と、彼女に何かを教えようとしている部分と両方あって。オセロのように表情が変わるのを楽しんでください」と話した。

出典:長瀬智也、新ドラマ「クロコーチ」の決めゼリフで「半沢直樹」に対抗!

アンアンではクロコーチにともない特集も

また長瀬智也の演技で様々な表情が話題に!

長瀬智也の演技は時には狂気を感じました

作品をぜひご覧ください!

クロコーチという作品でますます演技に幅の出た長瀬智也

長瀬智也はクロコーチではダークヒーローを演じた

原作を読んで「善と悪についてものすごく考えさせられた」という長瀬は「実際にこういうことがあるのかなぁ…まったくないとも言えないなぁ…と。そういう意味で面白かった」と興味津々。「いろいろな可能性があるというか、殻みたいなものがいい具合にはがせる作品になると思うので楽しみにしています。今までのイメージを覆すような新ジャンルの刑事ドラマを作っていきたい」

出典:長瀬智也&剛力彩芽、刑事役で初タッグ マンガ『クロコーチ』連ドラ化

長瀬智也はそれまでもたくさんの役を演じてきました

謎の部分がいろいろあるけど個人的にはいい最終回だった。基本ジャニーズ嫌いだけど長瀬の演技は素晴らしかったな。渡部篤郎はもちろん、久々の壱成、レオ最高でした。スペシャルあるのかなー。視聴率悪くても大ヒットした映画あるから、映画化もいいな。また1話から見たいドラマ。

出典:クロコーチ ドラマの感想(長瀬智也) - ちゃんねるレビュー

長瀬智也は以前にもヤクザの若頭を演じたこともあります

長瀬は、同作で初タッグを組む剛力について「よく家族の話をしてくれて、癒やされる」と笑顔で明かし、打ち解けている様子を見せていた。

出典:長瀬智也、癒やしは剛力との会話「家族の話してくれる」

そのときも強面の長瀬智也にはぴったりの役どころでした

『クロコーチ』は出演者が剛力彩芽以外は結構アクが強かったと思います。悪徳刑事ながらも自分の信念を持った長瀬智也の演技には好感を持ちました。なかなか面白かったと思います。長瀬智也のドラマは他にも好きなドラマが多いので、またドラマで違った魅力を見せてほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング