鈴木保奈美のドラマの代表作といえば?

鈴木保奈美といえば月曜日の街に女性がいなくなったと言われたほどのドラマ「東京ラブストーリー」ですが、他にも様々なドラマに出ていますし最近またドラマで活躍しているので調べてみました。

鈴木保奈美といえばやはり「東京ラブストーリー」の赤名リカ

人気のドラマ「東京ラブストーリー」は1991年に放送されました

平均視聴率は22.9%、最高視聴率は最終話の32.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。主題歌は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。ドラマのストーリーと非常にマッチした楽曲で、シングル売上は270万枚。当時の日本におけるシングルCDで最大のヒットとなった。
鈴木や織田は本作を経て、ドラマの主演級としての評価を確立した

出典:東京ラブストーリー - Wikipedia

鈴木保奈美・織田裕二との共演で今でも話題になるドラマです

『東京ラブストーリー』の赤名リカ役の髪型やメンズライクなファッション、スカーフ使いは当時の同世代の女性がこぞって真似をするほどであった。また、永尾完治の渾名を呼ぶ「カンチ!」は流行語にもなった。

出典:鈴木保奈美 - Wikipedia

げんおう@gen_oh_77

誰もいないから寂しいんじゃないよ。誰かがいないから寂しいんだよ。 こんな感じの台詞を東京ラブストーリーの中でリカが言ってたのを、ふと思い出した。10年以上前、DVD借りて一気に見て、目が真っ赤になってるところに来た配達員さん、その節は焦らせてすみませんでしたw

ドラマ「愛という名のもとに」も鈴木保奈美が主演で人気があった

「愛という名のもとに」で主演をした鈴木保奈美

最終回は人気を受けて、また脚本の野島伸司から「もう少し書きたいので時間を延長して欲しい」との要請もあって当時としては異例の15分拡大版で放送された。

出典:愛という名のもとに - Wikipedia

ドラマ「古畑任三郎」では田村正和との共演もあった鈴木保奈美

ドラマで犯人役を演じた鈴木保奈美

出典:ks.c.yimg.jp

ドラマで犯人役を演じた鈴木保奈美

このドラマではファーストレディを演じた鈴木保奈美

 脚本・三谷幸喜×主演・田村正和『古畑任三郎』でお馴染みのコンビが組んだドラマ『総理と呼ばないで』は、1997年4月から同年6月にかけてフジテレビ系列にて全11話を放送。「ある架空の国」の総理官邸を舞台に総理とその側近たちの混乱ぶりを描いたコメディ作品で、1.8%という内閣支持率に苦悩する総理大臣役を田村正和が熱演。派手好きな妻役を鈴木保奈美が演じている。

出典:三谷幸喜×田村正和のドラマ『総理と呼ばないで』がDVD化 -...

鈴木保奈美は「古畑任三郎」に引き続き、同じ三谷幸喜脚本のドラマに出演していました。

ドラマ「ニュースの女」でも主演でした

10年間の空白期間の後、ドラマに再登場した鈴木保奈美

 ドラマ『家族ゲーム』で、15年ぶりに民放連ドラ復帰を果たした鈴木保奈美。彼女を女優復帰へと奮い立たせる出来事が起きた。2011年に夫・石橋貴明の母が急死したのだ。デビュー直後に父親を亡くした彼にとって、その後厳しい芸能界にあって、いつも自分の味方だった母を失った悲しみは計り知れない。
 失意の夫と一緒に自分までどん底になったら、3人の娘たちは路頭に迷うことになる。45才の再起には、そんな家族の事情も隠されていた。

出典:石橋貴明 母の死でふさぎ込み妻・鈴木保奈美は女優復帰を決意 - エキサイトニュース

10年というブランクがありながらも美しさを保っている鈴木保奈美です。今の年齢を活かしたドラマで活躍していくことでしょう。応援していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング