【吸血・親殺し…】漫画家・冬目景の代表作「羊のうた」に隠された人類のタブー

冬目景の代表作『羊のうた』で語られているのは、人類のタブー!?吸血、親子の肉体関係、親殺し…、決して全てを語らない物語をファン達はどのように考察しているのでしょうか?読めば読むほど深い『羊のうた』の魅力をご紹介します!

漫画家・冬目景の代表作『羊のうた』とは?

冬目景の代表作『羊のうた』

主人公は高校1年生の高城 一砂(たかしろ かずな)

月刊漫画雑誌『コミックバーガー』1996年1月号から、『コミックバーズ』2002年11月号に連載された。単行本は全7巻。

出典:羊のうた - Wikipedia

主人公は高校1年生の高城 一砂(たかしろ かずな)

一砂の姉、千砂

どんなあらすじかというと…

 幼い頃に母親を亡くした高城一砂は
 父親の友人に預けられた。
 そんな高校二年のある日、
 実の姉である高城千砂と再会する。
 そこで一砂は高城家の「病」の事を聞かされる。

 その病とは吸血鬼の様に他人の血が欲しくなり、
 理性をなくして他人を襲うという奇病であり、
 千砂自身もその病に冒されていた。
 だが、既に一砂は発病していた。

 一砂は再び千砂のもとに訪れ、そのことを打ち明ける。
 同じ病に苦しみ、先の見えない未来を
 2人は寄り添い生きていく。

出典:【冬目景の最高傑作】 羊のうた 冬目 景 : 漫画キャラDATA

冬目景が「羊のうた」で描いた人類のタブーとは?

「羊のうた」では、吸血・親子の肉体関係・親殺しなどがテーマとして扱われています

物語のキーになるのは、吸血鬼のように血を欲する奇病

旧家や着物などの和の雰囲気と、吸血鬼という題材がうまくマッチしていて独特の世界観がありました

出典:雑談ブログ: 「羊のうた」を読もうよ! (再録)

父娘相互依存がにおわす親子の肉体関係

作者の構想の上でも、社会的なタブー意識に触れるような近親者間の秘儀的交渉は、『羊のうた』の主題の一つとしてあっただろう、というのはあながち不当な憶測ではないでしょう。しかしそれ自体は、すでに「自分の血を相手に飲ませる」ことによって、すでにメタファーとして象徴的に描かれきっています

出典:「千砂」と「志砂」の関係は!?: 冬目景を語る

親の死に隠された親殺しの疑惑

「羊のうた」は近親相○と並んで人類の二大タブーとなっている「親殺し」にも言及しています。実の父親を精神的に追い詰めて自殺させたと考えている千砂には,意識の底に封印された記憶がありました。

出典:私的漫画世界|冬目景|羊のうた

冬目景「羊のうた」に隠された意味をめぐる、ファン達の議論

 母親が亡くなった時点で、何処にでも見られる平凡な普通の形の家庭は、千砂一砂にとって欲しくても手に入らないものとなってしまいました。この常識論的な家族を「原家族」とでも定義しておきましょうか。即ち「原家族」とは血の繋がった父母兄弟姉妹により構成される一般的な家庭であり、『羊のうた』はその原家族の喪失、そして代替的な家族をアンビヴァレントな感情の下に左右されながら追い求める物語であるということが出来ます。

出典:『羊のうた』に見られる家族の様相: 冬目景を語る

千砂の儚く寂しい人生は最後に生き甲斐を見つけ、充実したものになった。人が生き甲斐を持って生きられる事ほど幸せな事は無い。そして結果的に、彼女が愛した一砂を希望のある未来に導く事ができた。長く生きる事ができない千砂の人生にとっては、これが最大の幸福だったと思う。

出典:日記 携帯ホームページ フォレスト

吸血モノという点と近親モノという点が合わさることによって直接的に視覚に迫るエ○さと間接的な背徳感からくるエ○さがあり、2方向から迫られることが極上のエ○ティシズムを感じている要因であろう

出典:完結マンガ狂 羊のうた/冬目景 

冬目景作「羊のうた」は、後にアニメ化・映画化もされた

2003〜2004年にかけて、OVAが制作された

2001年には映画化!

第14回東京国際映画祭コンペティション部門にも出品。小栗旬が主演を務めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング