早逝の昭和の名優・市川雷蔵は元歌舞伎役者という異色の二枚目映画スター!

37歳の若さでこの世を去った昭和の銀幕スター・市川雷蔵についてご紹介。もともと歌舞伎役者だったのですがむしろ映画界でより才能を花開かせたちょっと異色の俳優でした。

市川雷蔵

市川雷蔵(いちかわ らいぞう)

1931-1969年 京都府出身

出生名は亀崎 章雄、後の八代目市川雷蔵

市川雷蔵は昭和の映画界には欠かせなかった大スター

まず市川雷蔵の代表作をいくつかご紹介しましょう。

「薄桜記」(1959年)

忠臣蔵の物語

「薄桜記」では昭和の名優・勝新太郎とも共演

かっこいいですね!

「斬る」(1962年)

美しい殺陣がなんといってもみどころの剣客もの

「眠狂四郎」シリーズ(1963-69年)

シリーズものにも多数出演した市川雷蔵

「ある殺し屋」(1967年)

時代ものだけでなく、こんなニヒルな殺し屋もクールに演じた市川雷蔵

しかし元々は歌舞伎役者だった市川雷蔵

叔父が歌舞伎役者で、幼いころ叔父に引き取られ芸の修行を受けた市川雷蔵は、三代目市川壽海の養子となりました。

養子になった市川雷蔵

昭和24年頃は歌舞伎役者だった市川雷蔵

仮名手本忠臣蔵に出演した市川雷蔵

左が市川雷蔵

歌舞伎役者から映画俳優への転身

歌舞伎役者として順調に活躍していた市川雷蔵でしたが、昭和29年に大映から誘いを受け、映画の世界に転進することに。一気に映画界のプリンスとなりました!


映画の世界に本格的に入った理由として、歌舞伎の世界で受けた待遇にやや不満があったからという噂もあります。

「歌ごよみお夏清十郎」(1954年)

デビューしてわずか数年で、大スター美空ひばりと堂々共演しました!

生涯の出演映画は153本。娯楽映画から、芸術作品まで、数々の話題作に主演し、主な映画賞を総なめにし、雷蔵独自の、確固たるスターの地位を築いた。

出典:歌舞伎俳優名鑑 想い出の名優篇 「八代目市川雷蔵」

以後の銀幕での活躍はさきほどあげた雷蔵の作品一覧からうかがえるかと思います。

市川雷蔵の凄みは「殺陣」

『眠狂四郎』シリーズにおける雷蔵の演技について勝新太郎は、「眠狂四郎をやる時にかぎり、鼻の下がちょっと長くなるのね。死相を出すというのかな。人間、死ぬ時の顔だね、あれは」「立ち回りなんかも、雷ちゃん、顔で斬ってたね。剣で斬らないで顔で斬ってた」と述懐、「雷ちゃんは、眠狂四郎を殺陣でもセリフでもなく、顔でやっていたんだとおれは思うよ」と評している。

出典:市川雷蔵 (8代目) - Wikipedia

「薄桜記」で共演した名優・勝新太郎が絶賛

緊迫した殺陣が市川雷蔵最大の魅力?

早すぎる死

しかしもともと身体があまり丈夫ではなかった市川雷蔵、がんに冒され37歳の若さでこの世を去りました。

雷蔵本人の「痩せてしまった姿を誰にも見せたくない」「きれいな顔のままを皆さんに覚えておいてもらいたい」という願いから、死後は、養父の壽海と社長の永田以外の者には死に顔を見せなかったという。

出典:市川雷蔵 (8代目) - Wikipedia

俳優としてのプロ意識を感じますね。

日生劇場「勧進帳」に出演しながらも病苦に悩んでいたという市川雷蔵

日本の映画界は実に惜しい才能をなくしたと述懐する関係者も多かったとか。

それほど市川雷蔵の銀幕における存在感は素晴らしかったんですね。

もっと長生きしてほしかった!市川雷蔵

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング