中村獅童の父親と母親のエピソードについてまとめてみた!

中村獅童の父親と母親のエピソードについてきになったのでまとめてみました!一体どのようなエピソードがある?

今回ピックアップする中村獅童のプロフィール

二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、1972年(昭和47年)9月14日 - )は、歌舞伎役者、日本の俳優・声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。

出典:中村獅童 (2代目) - Wikipedia

歌舞伎役者としての中村獅童

このように凛々しい歌舞伎役者さんとしてご活躍をされているようです。

中村獅童と父とのエピソードは!?

歌舞伎の名門・小川家に生まれた。父は歌舞伎役者の初代 中村獅童。

しかし、獅童さんのお父さんは早くに歌舞伎界から退き銀行員となった。

母・陽子さんと結婚。10年目にして待望の長男幹弘(現在の獅童)が生まれた。

出典:中村獅童 偽者の歌舞伎俳優、母の支えとは?父の存在、金スマで涙!

歌舞伎役者としての中村獅童

このような経緯で生まれてきたのですね。

幹弘は叔父の錦之介さんの演技に憧れ、歌舞伎の道へ進んだが、そこに歌舞伎界の

慣習が立ちはだかった。

父は早くに歌舞伎界から退いていたため偽物の御曹司と言われていた。

出典:中村獅童 偽者の歌舞伎俳優、母の支えとは?父の存在、金スマで涙!

56年6月獅童8歳の時、歌舞伎座『妹背山婦女庭訓』御殿の豆腐買の娘おひろで二代目

中村獅童を名のり初舞台 。「獅童」は父・三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三

代目中村時蔵の俳号に由来する。獅童さん自ら舞台に出たいと祖母に直訴したそうです。

出典:中村獅童 偽者の歌舞伎俳優、母の支えとは?父の存在、金スマで涙!

歌舞伎で活躍を見せる中村獅童

現在ではすっかり歌舞伎役者として定着されていますが、
歌舞伎の世界も大変なのですね

御曹司には付き人や父の弟子が付き何から何までやってくれる。しかし御曹司でない獅

童には番頭も付き人もおらず、楽屋の支度は全て母・陽子さんが付き添って行っていた

そうですね。親から芸を伝承してこそ本物の歌舞伎俳優。陰口をたたかれることはしば

しばあったそうです。

名門萬屋の子役として初めこそ話題になったものの、中学、高校と進学するにつれ、役

は回ってこなくなったそうです。

出典:中村獅童 偽者の歌舞伎俳優、母の支えとは?父の存在、金スマで涙!

このような複雑な事があったそうです。

中村陽子さんは中村獅童さんの母親でもあり付き人としてもお世話されました。

出典:pbs.twimg.com

中村陽子さんは中村獅童さんの母親でもあり付き人としてもお世話されました。

本来なら歌舞伎は父から息子、そのまた息子へと芸を

引き継ぐことで成立。後ろ盾のない獅童さんは苦労したそうです。同世代の御曹司には

付き人や父のお弟子さんが付く中、御曹司でない獅童さんには付き人も居らず、母・陽

子さんが楽屋に入れる鏡台やじゅうたんを担いで階段を何往復もしていたそうです。

出典:中村獅童 偽者の歌舞伎俳優、母の支えとは?父の存在、金スマで涙!

中村獅童の母が何度も往復した楽屋のイメージ

出典:pbs.twimg.com

中村獅童の母が何度も往復した楽屋のイメージ

中村獅童の母親は悩みながらも助けてくれていた。

歌舞伎での中村獅童

ここまでの活動をするのには並外れた大変なご苦労があったようです

大変だったと思いますよ。でも、彼女は当時のことを“すごく悩んだけど、獅童が歌舞伎をやってみたいと思うならもう全力で応援しようと決心したの。これからは何でもやる”と話していました。

出典:中村獅童の母 歌舞伎役者目指し大学中退の息子を後押しした

資金繰りも大変だったみたいで、忙しい合間をぬって、自宅の近くにブティックを開いて、着物に刺繍したり、裁縫教室を開いたりして懸命に働いていましたよ」

出典:中村獅童の母 歌舞伎役者目指し大学中退の息子を後押しした

勘三郎が座長を務める平成中村座の試演会で若手俳優が1日だけ行う舞台・・

勘三郎は自分が主演する役に獅童を抜擢。

プレッシャーの中10キロも体重が減るも舞台をやり遂げた。

母・陽子さんも初めてすごく喜んでくれたそうです。

出典:中村獅童 偽者の歌舞伎俳優、母の支えとは?父の存在、金スマで涙!

このようなエピソードもありました。

今回ピックアップした中村獅童

厳しい歌舞伎界の慣習にぶつかりながら、母と手をとって頑張ってきた中村獅童!これからも色んなシーンでのご活躍が期待出来そうですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング