爆発だぁ!で有名な岡本太郎。彼の創造力がコンバースにも炸裂だぁ!

「太陽の塔」で知られる芸術家、岡本太郎。そんな彼が「コンバース」とコラボしているのは、意外と知られていません。

岡本太郎のプロフィール

生まれながらの反逆児

生誕100年を過ぎても、決して古くならない魅力が岡本太郎にはあります。

1911年(明治44年)2月26日 神奈川県橘樹郡高津村二子/現在の川崎市高津区二子に生まれる。
1917年(大正6年) 東京・青山の青南小学校に入学
1918年(大正7年) 2回の転校ののち、東京・渋谷の慶應幼稚舎に入学
1929年(昭和4年)慶應義塾普通部を卒業、東京美術学校(現・東京芸術大学)
洋画科入学、半年後中退。父のロンドン軍縮会議取材に伴い、渡欧。その後、パリ大学ソルボンヌ校で哲学・美学・心理学・民族学を学ぶ。ただし、正式な入学であったのか、聴講生であったのかは不詳。

出典:岡本太郎 - Wikipedia

1940年(昭和15年) パリ陥落の直前に帰国。
1942年(昭和17年) 海外に在住していたために延期されていた徴兵検査を31歳にして受け、甲種合格。召集され、中国にて自動車隊の輜重兵として軍隊生活を送る。
1946年(昭和21年) 復員、東京都世田谷区上野毛にアトリエを構える。
1947年(昭和22年) 後に養女となる平野(旧姓)敏子と出会う。
1996年(平成8年)1月7日 急性呼吸不全のため慶應義塾大学病院にて逝去(満84歳没)

出典:岡本太郎 - Wikipedia

岡本太郎の作品たち

「太陽の塔」は、世界に誇る岡本太郎作品のひとつ

万博記念公園の中央口。

そのすぐ前に立つ太陽の塔。高さは70m。基底部の直径が20mある建造物です。

岡本太郎の没後、「岡本太郎ブーム」とも言える波がやってきます。若者を中心に、太郎の著作やことばがバイブルのような存在になります。

勇気づけられる岡本太郎の言葉

明日の神話

2006年(平成18年)
7月7日 大作の壁画《明日の神話》が汐留日テレプラザにて初公開される。これを期に岡本太郎ブームが再燃する(Be TAROと呼んでいる)。

出典:岡本太郎 - Wikipedia

岡本太郎 X コンバース

太陽の塔が「オールスター」に! 岡本太郎と「コンバース」のコラボスニーカー3種が発売

出典:太陽の塔が「オールスター」に! 岡本太郎と「コンバース」のコラボスニーカー3種が発売...

あまりに有名なアメリカのシューズ製造販売会社

1908年 - アメリカマサチューセッツ州モールデンのデパート経営者のマーキス・M・コンバースが創業。

出典:コンバース - Wikipedia

一番人気の太陽の塔モデル

出典:pbs.twimg.com

一番人気の太陽の塔モデル

ALL STAR OKAMOTOTARO TT HI

出典:pbs.twimg.com

ALL STAR OKAMOTOTARO TT HI

ALL STAR OKAMOTOTARO TT SHIN-HI

出典:pbs.twimg.com

ALL STAR OKAMOTOTARO TT SHIN-HI

岡本太郎氏の代表作の一つである「太陽の塔」をパターンアレンジとして落とし込んだオールスター。大きな羽部分、取り外しのできる中央の顔部分など、ギミックたっぷりのアイテムとなっている。

出典:岡本太郎×コンバース、「太陽の塔」ほか作品モチーフのオールスター発売

ALL STAR OKAMOTOTARO BH HI

出典:pbs.twimg.com

ALL STAR OKAMOTOTARO BH HI

岡本太郎氏の作品「爆発」をアッパー全面に大きくプリントしたアイテム。手書きのようなテープラインと、まるで溶けているかのようなアンクルパッチのプリントがポイントだ。

出典:岡本太郎×コンバース、「太陽の塔」ほか作品モチーフのオールスター発売

ALL STAR OKAMOTOTARO EY HI

出典:pbs.twimg.com

ALL STAR OKAMOTOTARO EY HI

代表的なモチーフの一つ「眼」にフォーカスし、岡本太郎の14作品の中から眼の部分だけをコラージュした柄が特徴的な一足。アンクルパッチの星部分には、岡本太郎が生み出したキャラクター「パイラ人」が落とし込まれている。

出典:岡本太郎×コンバース、「太陽の塔」ほか作品モチーフのオールスター発売

これらのコラボ商品はオリジナルボックスに入っているようです

岡本太郎は永遠だ!

今日の常識は明日の非常識

数多く残されている岡本太郎の作品とその言葉。

心に響くなにかが、太郎の遺産にはあります。

つまずいた時、彼の言葉がその壁を爆発させてくれるかも知れません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング