宝塚歌劇団雪組の魅力をざっくり知りたい!!

雪組といえば「日本物」。日本的で細やな芝居、美しいお着物に所作、日本舞踊に表されるような和の心を得意としています。

宝塚歌劇団には5つの「組」と「専科」が存在する

宝塚には5つの「組」と「専科」

1世紀以上も人々を魅了してきた宝塚歌劇団。タカラジェンヌと呼ばれるこの劇団のメンバーはいずれも、「花組」「月組」「星組」「雪組」「宙組」、そして「専科」に属しています。


「専科」は、もともと5つの組に所属していたが一芸を劇団から買われた人が所属するところ。ベテランが集い、年齢を重ねた人の役をやったりすることも多いのが特徴。

華やかな宝塚歌劇団の世界

雪組の魅力とは?

その中のひとつ「雪組」は他の組と違うどんな特徴があるんでしょうか?

日本物の雪組

取り立てて派手な「何か」が行われているのではなく、むしろ「静」の場面をきちんと我慢し、自然に行間が生まれるところが雪組日本物の魅力ではないでしょうか。

台詞も音楽もない時間を、どれだけ作り、そこに中身を生み出せるか。

昨日今日では作れない雪組ならではの伝統とセンスだと思います。

出典:『【回答編】宝塚歌劇についての質問〜5組の特徴(歌、ダンス、芝居の個性を中心に)〜』

雪組『心中・恋の大和路』

近松門左衛門の世話物「冥途の飛脚」を宝塚で舞台化

たおやかな美しさ溢れる雪組の日本物

派手に抱き合うのでも、告白をするのでもなく心の情感を交わすふたりは、必見です。

出典:宝塚歌劇雪組「星影の人」は、新撰組の切ない青春モノ

日本物はただ華やかなだけではない宝塚の魅力のひとつといえるでしょう。

質実剛健の雪組

宝塚に3番目に生まれた雪組は、渋く、いぶし銀的な魅力にあふれた組だと思います。質実剛健、優等生のようなまとまりのある、安心して見ていられる組です。

出典:花月雪星宙…宝塚の5つの組の違い「組カラー」を徹底解剖

雪組のお芝居には安定感があります。

安定感のある雪組

雪組の歴代トップスター

ちなみに、そんな雪組には今までどんなトップスターたちがいたのでしょうか?

宝塚時代の一路真輝

さすが日本物の雪組。

ちなみに大人気演目「エリザベート」が初演されたのは雪組

この時主役トートを演じたのが一路真輝だった

雪組娘役トップだった紺野まひる

雪組娘役トップだった白羽ゆり

高い歌唱力と品格ある美しい容姿で魅了、水夏希とコンビを組んだ

星組でもトップを務めた

現在の雪組は?

早霧せいな・咲妃みゆコンビの雪組

「ルパン三世」を宝塚で初めて舞台化したことでも話題になった雪組

ルパンを早霧せいなが演じた

雪組男役トップスターの早霧せいな

少し女性的な魅力もあるのが早霧さん

長崎県出身

雪組娘役トップの咲妃みゆ(さきひ みゆ)

愛らしいルックスと安定感のある歌声が魅力

宮崎県出身

なんとおふたりとも九州出身!「質実剛健の雪組」にピッタリかもしれませんね~

早霧せいなについては詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング