哲学エッセイスト池田晶子の名言を全ての年代の人に送ります【14歳からの哲学】

2007年に惜しくも亡くなった哲学エッセイスト池田晶子さんの名著をご紹介し、名言をお送りしたいと思います。

池田晶子

池田晶子(いけだ あきこ)

1960-2007年

日本の哲学者、文筆家。東京都出身。2007年2月23日、腎臓ガンのため46歳の若さで逝去。

実は学生時代池田晶子は「JJ」で読者モデルをやっていたこともあった

しかしモデル業は長くは続けず、新聞の論説委員だった父の影響を受けて文筆家になることを志しました。

お茶の間でも人気を博した池田晶子

池田晶子の哲学エッセイ

池田晶子が考える「哲学」とは一体?

哲学という難しいチンプンカンプンのことを分かりやすく考える、伝えるということで哲学エッセイなるジャンルを切り開いた。

出典:池田晶子 - ある男のつぶやき・・・

池田晶子の著書は、平易な言葉を使って哲学を語っているのでとても読みやすいんです。

池田晶子の名著「14歳からの哲学 考えるための教科書」

「友達としゃべっても、メールのでの文字もしゃべり散らし、書き散らしでたちまち忘れてしまう。そういう言葉は、言葉のようで、実は本当の言葉ではないんだ。本当の言葉というのは、人間をそこに立ち止まらせ、耳を澄まさせ、考え込ませるものなんだ。」

出典:池田晶子 14歳からの哲学 | おっさん道 中年の生き方を考えるブログ

同書の名言。

本当の言葉、どれくらい接してますか?

池田晶子「14歳の君へ どう考えどう生きるか」

池田晶子「帰ってきたソクラテス」

噛み砕いた言葉でソクラテスを考える、対話形式の哲学書。

池田晶子の名言まとめ

そんな池田晶子の名言をご紹介します。シンプルな言葉だけれど、じんわり時にぐさりと心にくるものがありますね。

ブレイクスルーな言葉@breakthrough_jp

「お金は幸せになるための手段かもしれないけど、それが目的になっちゃったら、これはもう不幸だね。」(池田晶子)

お金を目的にしてしまったら不幸

ひとりで心折れそうな時に聞きたい名言@hitorikokoro

「努力を放棄された理想は、単なる空想か漠然とした憧れにすぎない」 池田晶子

努力できない人にはぐさりと刺さりますね…

ブレイクスルーな言葉@breakthrough_jp

「無意味ではなくて非意味」という言い方を私はよくするのですが、「意味がある」に対する「意味がない」ではなくて、意味「ではない」という意味で「非意味」、この存在の非意味ということに気がつくことが、もしかしたら救いなのかなと思えなくもない。」(池田晶子)

ブレイクスルーな言葉@breakthrough_jp

「死後の世界は在るか無いか」という問い方が為される。なにをもって「死」と言うかが明瞭でないのに、何をもって「死後」と言うべきか。在る側の我々が、「在る」と言うなら同じ「在る」だし、無いなら無いで、無いことの無いを、ある我々にいかにして知り得ましょうか。(池田晶子)

死はよく池田晶子が扱ったテーマのひとつ

本人が早逝してしまったのが残念です

キリギリスよりもアリのほうが賢い人生を送ったというのは、絶対にウソだ。
人生の不思議と哀しみを、心に深く知っていたのは、うわの空で生きていたキリギリスの方だった、と私は思う。
行き倒れて雪の降り積む彼の顔の上には、すべてこれでよしという至福の笑みが、広がっていたのではなかったか。

出典:名言集・池田晶子

よりよい生活が人生の目的だとは思いません。何のために生きるのかを考えることこそが大事なことです。

出典:名言集・池田晶子

池田さんは、若者から死を迎える大人にまですべての人に語りかけます。

池田晶子さんの言葉に触れる

ご本人が亡くなっても著書はたくさん手に入りますからぜひ読んでみてください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング