ケニー・Gの甘いサックスの音に酔いしれる…!【スタバのフラペチーノも考案?】

世界を代表するソプラノサックス奏者のケニー・Gの甘く美しい音を堪能する動画を集めました!ちなみにスタバのフラペチーノを考案した張本人との噂まであります。

ケニー・G

ケニー・G(Kenny G)

正式名 Kenneth Gorelick

1956年6月5日生まれ、アメリカ合衆国シアトル出身

サックスミュージシャン。スムーズジャズ/フュージョンでの著名なソプラノサックス奏者として知られています。

セールスという観点から見れば、ジャズやフュージョンというジャンルを超えて、現在のインストゥルメンタル・ミュージック全体においての別格的な王者となるのがケニー・Gです。

出典:女子JAZZ部 -LEGEND-

ソプラノサックスを吹くことが多いですが、アルトやテナーもライブで演奏するそうです!

ソプラノサックス

サックスというと曲がっている印象が強いかもしれませんがソプラノはほとんど曲がっていません

名門ワシントン大学を卒業後に華々しくデビュー。以降、多数のソロアルバムを発売すると共に、ホイットニー・ヒューストン、ナタリー・コール、アレサ・フランクリンら多くのアーティストとのコラボレーションも行っています。

ちなみに五木ひろしもケニー・Gと共演した1人です

ケニー・Gの甘い音を堪能する動画

あれこれ言葉で説明するよりもまずは彼の甘いサックスの音を聴いてみてください♪

4:08 Kenny G - Forever In Love

Kenny G - Forever In Love

ケニー・Gのソロ曲の中では最も有名な曲。

美しい風景が心の中に蘇るようです。

美しい風景が心の中に蘇るようなケニー・Gの音

4:17 Kenny G - Sentimental

Kenny G - Sentimental

しっとりした楽曲。遠い昔を懐かしむような印象です。

上2曲が収録されているケニー・Gの大ヒットアルバム「ブレスレス」

4:04 Kenny G _ You send me (with Michael Bolton)

Kenny G _ You send me (with Michael Bolton)

ヴォーカルとのコラボレーションも美しいですね。サックスの歌いまわしが本当に人間の声のようです!

4:00 Luis Royo Art / Kenny G. & Michael Bolton - You send me

Luis Royo Art / Kenny G. & Michael Bolton - You send me

ヴォーカルとのコラボレーションも美しいですね。サックスの歌いまわしが本当に人間の声のようです!

美しい音とテクニックで観客を魅了するケニー・G

45分のロングトーンができるギネス記録保持者

ちなみにケニー・Gは、45分47秒もの間ロングトーンをし続けるというギネス記録を持っています!

しかしどうしてそんなことが可能なんでしょうか?

45分もロングトーンし続けられるケニー・G

サックス等の管楽器では「循環呼吸(サーキュラー・ブリージング)」と言う呼吸法があります。口の中に溜めた息でサックスを吹きながら、瞬間的に鼻で息を吸い、また口に息を送る、と言うことを繰り返して、息継ぎをすることなく連続的に音を出す奏法です。

出典:サックスお悩み相談室 » Blog Archive »...

その理由がこの「循環呼吸」。それにしてもすごいですね。

余談:スタバのフラペチーノの考案者はケニー・G?

これまで世界規模で7500万枚もの作品のセールスを誇るジャズ・ミュージシャンのケニー・Gだが、スターバックスのフラペチーノなどは自身が考案したものだと語っている。

出典:ケニー・G、スターバックスのフラペチーノを考案したのは自分だと語る...

スタバのフラペチーノの考案者はケニー・G?

ケニー・Gいわく彼はスターバックスの初期からの投資者であって、創業者に軽くアドバイスした案が本当にメニューになってしまったそうです……!

世界のスタバにも影響を与えた?ケニー・G

ジャズ界への影響は言わずもがな

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング