【歌姫】ホイットニー・ヒューストンの死因は?

「ボディガード」で一躍日本でも知られるようになったホイットニー・ヒューストンが亡くなったのは2012年のことです。死因はなんだったのでしょうか。

ホイットニー・ヒューストンの死因は何だったのか。

2012年2月11日に、カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリーヒルトン・ホテル4階客室の浴槽の中に倒れていたところを発見され、救急隊が20分間にわたって蘇生処置を施したが、同日午後3時55分に死亡が確認された。48歳没。ホイットニーは、グラミー賞の授賞式を翌日に控え、クライヴ・デイヴィスが主催する恒例の前夜パーティに参加するために、同ホテルに滞在していた。

出典:ホイットニー・ヒューストン - Wikipedia

ソウルシンガーのホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンの死因はコカインの摂取によるものと発表

シンガーとして素晴らしかったホイットニー・ヒューストン

米ロサンゼルス郡検視局の発表によると、ホイットニーの死はアテローム硬化性心疾患と、コカインの摂取によってもたらされたものだという

出典:ホイットニー・ヒューストンの死因が明らかに

ホイットニー・ヒューストンの生涯はどんなものだったのでしょうか

「ボディガード」にも出演していたホイットニー・ヒューストンです

6:52 Whitney Houston - I Will Always Love You 1999 Live Video HQ

Whitney Houston - I Will Always Love You 1999 Live Video HQ

ホイットニーといえば、1992年にケビン・コスナーと共演した映画『ボディガード』があまりにも有名。主題歌『オールウェイズ・ラブ・ユー』など6曲を収録したサウンドトラックは14週連続全米No.1となり、日本でも洋楽史上最高となる250万枚超えを果たしました。これまでの累計レコード売り上げは全世界で1億7,000万枚以上。

出典:ホイットニー・ヒューストンを早死にさせた本当の理由【前編】 | キャリア |...

夫ボビーブラウンのトラブルなどで悩まされる日々

その一方で、元夫ボビー・ブラウンによるDV、摂食障害、薬物やアルコールなどの数多くの依存症と嗜癖に苛まれ、リハビリ施設への入退院を繰り返していたホイットニー。

出典:ホイットニー・ヒューストンを早死にさせた本当の理由【前編】 | キャリア |...

ホイットニー・ヒューストンの死因にはコカインの常用が関係していました

ホイットニー・ヒューストンの歌声は素晴らしいものがありました

ホイットニー・ヒューストンの美しい歌声は消えることはありません

もうホイットニー・ヒューストンが亡くなって3年が経ちました。しかし彼女の歌声は忘れられずに残っていますし、今でも歌姫ホイットニー・ヒューストンとして存在し続けています。生で素晴らしい歌声を聞けないのは残念ですが、彼女の魂が安らかにいられますようにと祈らずにはいられません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング