宝塚歌劇団花組の魅力をざっくり知りたい!!

忙しい人用・宝塚歌劇団花組の特徴と魅力のざっくりまとめです。花組にはあの真矢みきや越路吹雪も在籍していたんですよ。

宝塚歌劇団には5つの「組」と「専科」が存在する

5つの「組」と「専科」がある宝塚

1世紀以上も人々を魅了してきた宝塚歌劇団。タカラジェンヌと呼ばれるこの劇団のメンバーはいずれも、「花組」「月組」「星組」「雪組」「宙組」、そして「専科」に属しています。


「専科」は、もともと5つの組に所属していたが一芸を劇団から買われた人が所属するところ。ベテランが集い、年齢を重ねた人の役をやったりすることも多いのが特徴。

華やかな宝塚歌劇団の世界

花組の魅力とは?

その中のひとつ「花組」は他の組と違うどんな特徴があるんでしょうか?

最も長い歴史を背負う花組

花組が「宝塚で最も歴史の古い組」とされている。全5組の筆頭でもある。

出典:花組 (宝塚歌劇) - Wikipedia

草創期の宝塚歌劇団

組制度はそもそもジェンヌの人数増加により誕生した制度。

「ダンスの花組」

花組のダンスを観ずに、宝塚のダンスは語れません。

出典:『【回答編】宝塚歌劇についての質問〜5組の特徴(歌、ダンス、芝居の個性を中心に)〜』

花組は、宝塚の中でも特にダンスがアツいと知られています!!

ダンスの花組

踊れるスターが過去揃ってきた花組

ショーやレビューから花組を観てみては?

有名な男役トップスターを数々輩出

そして宝塚の名物詩・男役の宝庫とも言われているのが花組。

花組男役トップスターだった真矢みき

花組男役トップスターだった越路吹雪

後にシャンソンの女王と呼ばれる越路吹雪が宝塚財団中トップスターを務めたのも花組

花組男役トップスターだった蘭寿とむ

「宝塚100年に1人の逸材」「男役の中の男役」と言われる蘭寿とむも花組だった。

歌や芝居の魅力は?

歌は決して強い組とは言えませんが、リズム感やテンポ感のあるコーラスに関しては伝統的にセンスがあると思います。

出典:『【回答編】宝塚歌劇についての質問〜5組の特徴(歌、ダンス、芝居の個性を中心に)〜』

お芝居に関しても、リズム感、テンポ感のあるものが得意という印象を受けます。
「メランコリック・ジゴロ」「ハウ・トゥ・サクシード」・・・など、あの芝居のテンポは他の組では出せないでしょう。

出典:『【回答編】宝塚歌劇についての質問〜5組の特徴(歌、ダンス、芝居の個性を中心に)〜』

テンポ感のよい芝居が得意な花組

「アーネスト・イン・ラブ」

「花組ポーズ」とは?

実は花組には「花組ポーズ」という伝家宝刀?のポーズがあります。

花組ポーズ

腕で、逆側の頬をつかむのが花組ポーズ

花組ポーズの画像

みんなで花組ポーズ!

ショーやレビューなど実際の舞台でもやっています

現在の花組

現在の花組トップコンビ

右:明日海りお(男役トップスター)

左:花乃まりあ(娘役トップスター)

このコンビでの花組はまだ幕を開けたばかり。どんな花組をこれから作ってくれるのか楽しみですね!

こじま司令官@mirio_f

なんかもう次から次から好きになって誰が贔屓か分かんなくなってくる事態な。花組いとおしいわ。

花組の最新情報はこちらをチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング