はいだしょうこの宝塚時代のエピソードをまとめました

天然キャラでバラエティなどに出演している元「うたのおねえさん」のはいだしょうこさん、実は元宝塚の娘役さんだったんです。宝塚時代のしょうこおねえさんについて知りたい!

元歌のお姉さんのはいだしょうこ

はいだしょうこ

2003年4月より2008年3月28日まで、NHK「お母さんといっしょ」の第19代うたのおねえさんとして活躍しました。

うたのおねえさん時代のはいだしょうこ

おかあさんといっしょのうたのおねえさんでした。

天然キャラが大人気で、現在はバラエティなどで活躍しているしょうこお姉さん、実は元宝塚の娘役さんだったんです。

「千琴ひめか」という名前だった

宝塚時代の芸名は「千琴(ちこと)ひめか」といいました。

宝塚時代のしょうこおねえさん

以下しょうこおねえさんの宝塚時代のエピソードをいくつかご紹介!

宝塚時代からやはり美声の持ち主はいだしょうこ

「エトワール」を務めた

「エトワール」を務めた千琴ひめかこと、はいだしょうこ

パレードのスタートを告げる歌い手エトワールのポジションを務めたはいだしょうこ

2001年、星組公演『ベルサイユのばら2001』で通常最低でも6年目以上でないと努められないと言われているエトワールを異例の入団3年目で務めた。

出典:はいだしょうこ - Wikipedia

歌の評価はかなり高く、ショーやレビューでエトワールを 務めるほとだったそうです。

出典:結婚して話題のはいだしょうこ 宝塚時代の動画 | ラケットニュース

エトワールというのは、ショーやレビューのラスト、フィナーレ(大階段が登場し出演者全員が降りてくる場面)で1番最初にど真ん中で歌う人のことで、歌の上手い娘役が務めることが多いんです。

4:03 しょうこお姉さんの伝説のエトワール (千琴ひめか)(*^^)v

しょうこお姉さんの伝説のエトワール (千琴ひめか)(*^^)v

しょうこおねえさんが務めたエトワールは宝塚の歴史の中でもちょっとした事件と言われるほどの腕前だったんです!!

もはやオペラ歌手のような、つややかで伸びのある声ですね。この時アカペラでの歌唱も披露したとか。

声楽部門では首席卒業

宝塚音楽学校生徒時代のはいだしょうこ

出典:pbs.twimg.com

宝塚音楽学校生徒時代のはいだしょうこ

美少女ですね!

宝塚音楽学校卒業時には「オペラ部門主席/ポピュラー部門最優秀歌唱受賞」を受賞。

出典:はいだしょうこ - Wikipedia

お母様が声楽家でお父様も音楽家という音楽一家に育ち、宝塚に入る前から人前で童謡などを披露する機会が多かったそうです

真矢みきに「あなた拝田っていうの?」と言われる

1:31 はいだしょうこ 宝塚予科生時代 真矢みきに言われた一言

はいだしょうこ 宝塚予科生時代 真矢みきに言われた一言

音楽学校生時代、大先輩である真矢みきに本名の珍しさを指摘されたそうです!

苦労も多かった宝塚音楽学校生時代

音楽学校近くの橋を涙しながら渡ったはいだしょうこ

学校のレッスンが辛くて、橋を渡って登校しながら人知れず泣いてしまったこともあったそうです。

他に、先輩から「顔が生意気だ」と怒られたこともあったそうです……


顔について怒られたらどうしようもない感じがありますよね。

生意気な顔?

「私の基礎を作ってくれた場所」

出典:はいだしょうこ、衝撃体験を告白。「“顔が生意気”と怒られた」...

ハードな歌のお姉さんを立派につとめあげられたのも、ハードな宝塚時代の生活があったからこそ。宝塚はしょうこおねえさんの第二のふるさとなのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング