手塚治虫の活動と設立したプロダクションについてのまとめ

手塚治虫は漫画家としてデビュー後プロダクションを設立しました。順風満帆に見えたプロダクションの倒産など不遇の時代もありましたが、見事に復活して我々に多くの作品を残してくれました。

手塚治虫

医学博士でもあった漫画の神様 手塚治虫

生誕 1928年11月3日
日本の旗 大阪府豊能郡豊中町
(現・豊中市)
死没 1989年2月9日(満60歳没)

出典:手塚治虫 - Wikipedia

大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医学博士取得。血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市名誉市民。

出典:手塚治虫 - Wikipedia

手塚治虫、漫画家としてデビュー

漫画家 手塚治虫の誕生!

大阪帝国大学附属医学専門部[1]在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー

出典:手塚治虫 - Wikipedia

手塚治虫のデビュー作『マアチャンの日記帳』

手塚の正式なデビュー作として知られる

出典:マァチャンの日記帳 - Wikipedia

手塚治虫がプロダクションを設立

手塚治虫の虫プロダクション

1961(昭和36)年 医学博士の学位を取る。手塚治虫プロダクション動画部設立。(翌年12月、株式会社虫プロダクションとして正式に発足)

出典:手塚治虫 実験アニメーション作品集 -New Animation Animation-

スタッフの給料から制作費まですべてを手塚の描いた漫画の原稿料で賄い、1年をかけて40分のカラー長編アニメーション作品『ある街角の物語』を制作。この作品でブルーリボン賞や文部省芸術祭奨励賞など数々の賞を受賞する

出典:手塚治虫 2/2 : kairakunozaのブログ

虫プロダクションが制作して大人気となったアニメーション

手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」のアニメ

1963年に「鉄腕アトム」が放送開始。これが現在のテレビアニメ番組の一般的フォーマットに則って作られた日本最初の作品となった。

出典:虫プロダクションとは (ムシプロダクションとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

虫プロダクションがカラーで制作「ジャングル大帝」

1965年には「ジャングル大帝」を製作し、同じく日本初のテレビアニメのカラー作品を世に送り出した。

出典:虫プロダクションとは (ムシプロダクションとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

虫プロダクション制作「新宝島」

1965年1月3日放送

26本連続の1時間番組という現在でもあまり例のないアニメ番組『虫プロ・ランド』の第1作として製作されました。日本初のテレビ用1時間アニメです。とはいえ、この番組は企画段階でボツになり、残ったのはこの第1作だけでした

出典:新宝島:アニメ・映像wiki:TezukaOsamu.net(JP) 手塚治虫 公式サイト

手塚治虫のプロダクションが倒産

数々の作品を世に送り出してきた手塚治虫だったが

昭和48年 44歳 虫プロ商事、虫プロダクション倒産。業務内容、資本的にも独立していた手塚プロダクションは倒産を免れた

出典:チューリップ様、手塚治虫の東京での足跡を簡単にまとめてみました -...

手塚治虫復活!!

虫プロダクション倒産後連載開始した「ブラック・ジャック」

1973年に週刊少年チャンピオンで連載開始された『ブラック・ジャック』も、少年誌・幼年誌で人気が低迷していた手塚の最期を看取ってやろうという壁村耐三編集長の厚意で始まったものであった

出典:手塚治虫 2/2 : kairakunozaのブログ

手塚治虫が「三つ目がとおる」を出版

1977年 - 漫画作品『三つ目がとおる』、『ブラック・ジャック』により第1回講談社漫画賞少年部門受賞。講談社『手塚治虫漫画全集』(当初は第1 - 第3期の全300巻を予定)刊行開始。

出典:手塚治虫 - Wikipedia

手塚プロダクション

高田の馬場にある手塚プロダクション

手塚治虫によって設立された手塚プロダクションというアニメーション制作会社も存在するが、こちらは元々手塚の漫画制作や版権管理を目的に設立された会社であり、手塚が旧虫プロの経営から離れて同社が倒産する前後より独自にアニメーションの制作も始めた経緯を持つ。

そのため、現存する新虫プロとは直接的な関係が無い会社となっている。

出典:虫プロダクションとは (ムシプロダクションとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

後世に残る数多くの作品を発表して逝った手塚治虫さん、ありがとう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング