【昭和の大スター】美空ひばりの歌唱力の秘密は、彼女の人生にあった?【人生まとめ】

名曲「川の流れのように」は、みなさん、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 彼女の美しくも力強い歌唱力の秘密はどこにあったのでしょうか。

美空ひばり

美空ひばりのプロフィール

芸名:美空 ひばり
本名:加藤 和枝(かとう かずえ)
愛称:お嬢
性別:女性
生没年:1937年5月29日‐1989年6月24日

日本で女性初となる国民栄誉賞を受賞した歌手、女優です。
名曲「川の流れのように」は誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか。

幼少期の美空ひばり

NHK「素人のど自慢」で美空ひばりがまさかの落選

予選で「りんごの唄」を歌いましたが、
「子供らしくない」「非教育的だ」「真っ赤なドレスもよくない」との理由で、審査員は悩んだ結果、落選としました。

「悲しき口笛」を歌う12歳の美空ひばり(左画像)

翌年の春、横浜で行われたのど自慢大会終了後、審査員のもとへ駆けつけ、アカペラで「悲しき竹笛」を歌いました。

審査員は感心して、「歌手になるなら頑張りなさい」とエールを送ったそうです。

このころには、昭和の大スターとしての片鱗を見せ始めていたということでしょうか。

川田一座と美空ひばり

杉田劇場、神戸松竹劇場への出演を経て、川田義雄氏に気に入られ、川田一座で歌を歌うことになります。

当時のスター歌手笠置シズ子の歌真似が得意でしたが、純粋に「かわいい」と言ってくれる人もいる一方で、「子供が大人の恋愛の歌を歌うのはよくない」と否定的にみる人も少なくなかったようです。

サトウハチロー氏の辛口批評

出典:pbs.twimg.com

サトウハチロー氏の辛口批評

詩人のサトウハチロー氏は、当時の身空ひばりを猛烈に批判し、「近頃、大人の真似をするゲテモノの少女歌手がいるようだ」という論調の記事を書いています。

地方巡業での事故

美空ひばりと大豊町のバス事故

高知県へ地方巡業をしていた際に、美空ひばりが乗っていたバスが崖から転落。
運よく、バンパーが桜の木に引っ掛かって、美空ひばりは一命をとりとめました。
事故直後は、左手首を切って気絶し、瞳孔も開いて仮死状態だったそうです。

父親の反対を押し切って、歌手の道へ

意識を取り戻し、家に戻った後、
事情を聴いた父親に、「歌をやめろ」と言われますが、
美空ひばりは「歌をやめるなら死ぬ」と反対を押し切り、歌手になる道を選びました。

美空ひばり塩酸事件

美空ひばりがファンの女の子に塩酸を浴びせかけられたときの新聞記事

出典:pbs.twimg.com

美空ひばりがファンの女の子に塩酸を浴びせかけられたときの新聞記事

国際劇場の「花吹雪おしどり絵巻」に出演していた美空ひばりは、花道に這い上がってきた同い年の少女に塩酸を浴びせかけられました。

ファンの女の子に塩酸を浴びせかけられる

近くにいた共演者は失明のおそれがあるやけどや、顔面に火傷を負うなど、大変な騒ぎになりましたが、
幸いにも、美空ひばりは奇跡的に、顔に火傷の跡は残らず、全治三週間で済みました。

短すぎる幸せな時期ー小林旭との結婚と、離婚ー

小林 旭(こばやし あきら)

芸名:小林 旭
愛称:マイトガイ
性別:男性
生年月日:1938年11月3日生まれ

美空ひばり 小林旭との結婚

出会いは、雑誌が企画した対談でした。

のちに小林旭氏はテレビ番組「徹子の部屋」で、「結婚生活でのひばりは懸命によき妻を演じようとし、女としては最高だった」と述べています。

理解離婚した美空ひばり

出典:pbs.twimg.com

理解離婚した美空ひばり

美空ひばりは歌に未練を残しており、また芸能関係者たちの介入によって、二人はわずか二年で離婚。

記者会見で、小林旭氏が「和枝(ひばりの本名)が僕と結婚しているより、芸術と結婚したほうが幸せになれるのなら、と思って、理解離婚に踏み切った」と説明したことがきっかけで、「理解離婚」という言葉が流行語となりました。

相次ぐ両親の死と、蝕む病魔

両親や親友、恩師との別れ

1980年代に、相次いで肉親や親友、恩師を亡くし、
お酒とたばこに依存していくようになります。

晩年、美空ひばりはさまざまな病苦と戦いますが、このお酒とたばこの依存が間接的な死因だといわれています。

病苦に悩まされる美空ひばり

重度の肝炎と大腿骨の壊死症と診断され、入院。
退院後、
「『もう一度歌いたい』という信念が、私の中にいつも消えないでおりました。ひばりは生きております」
「お酒は止めますが、歌は辞めません」
といった言葉を残しています。

しかし、退院後もこれらの病に苦しまされることになります。

「川の流れのように」

「川の流れのように」は、美空ひばりが最後にレコーディングしたシングルです。
この曲は、美空ひばりの強い要望でシングル化した曲だといわれています。

「えー… もう『川の流れのように』の曲を1曲聴いていただくと、10曲全てが分かるんじゃないでしょうか。だからこれからの私。大海へスーッと流れる川であるか、どこかへそれちゃう川であるかっていうのは誰にも分からないのでね。だから『愛燦燦』とはまた違う意味のね、人生の歌じゃないかなって思いますね…」

出典:美空ひばり - Wikipedia

アルバム「不死鳥パートII」に収録されている10曲についての説明を求められた際の、美空ひばりの回答です。

美空ひばりはいったい何を思い、シングル化を希望したのでしょうか。

2:56 美空ひばり 川の流れのように

美空ひばり 川の流れのように

彼女の人生を知ってからこの曲を聴くと、
少し印象が変わって聴こえてきます。

美空ひばりさんのご冥福をお祈り申し上げます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング