総資産2兆円のポール・アレンはトレジャーハンター!戦艦武蔵を日本に寄付するらしい【みんなの反応】

見てみたいと思う反面、そのままにしておいてほしいという思いも。それにしても、お金持ちの道楽すごすぎ。

ポール・アレン

マイクロソフト社共同創業者のポール・アレン

言わずと知れた、マイクロソフト社の創業者。
ビル・ゲイツの方が有名になっているが、彼を焚き付けた人物でもある。

マイクロソフトで莫大な富を築く

現在では当たり前となっているインターネットの世界ですが、彼らがいなければここまで発展していなかったのかもしれませんね。

ポール・G・アレン財団を運営している

大資産家として知られており、6つの財団を傘下においている。
慈善事業等にも積極的に援助しています。

総資産は2兆円超え

小国の国家予算なんかよりも莫大な資産をもっています。
それだけあったら使い道が気になりますよねw

大学時代の専攻は意外にも「考古学」

経営だとか、エンジニアとかそういったものに関連があるのかなとおもっていたら、ぜんぜん違う考古学でした。

それが、のちにこんなことになるなんて。

「マイクロソフトのイメージからアランをエンジニアだと思っている人がいると思いますけど、彼が大学時代に専攻していたのは考古学です。昔からトレジャーハンターになりたかったとよく話していました。あまり知られていませんが、過去にアランは1898年のアメリカ=スペイン戦争のときの沈没船を引き上げています。そのときに見つかった財宝で200億円手に入れた、という話をしていました。

出典:戦艦武蔵 日本への寄贈を希望するポール・アレン氏に横ヤリ? - ライブドアニュース

ポール・アレン氏が戦艦武蔵を発見!

実はトレジャーハンターでもあるポール・アレン氏

面白い人ですよね。しかし、武蔵に狙いをつけたあたりにセンスを感じますw

今回、武蔵を探した理由について、『父親が太平洋戦争に従軍していたから興味があった』と話しているようですが、実際には一番になりたかったっていうのが理由でしょう。彼は『大和はすでに発見されているから、俺は武蔵を見つけたいんだ』と10年ほど前から話していましたから。アランはものすごい負けず嫌いなんですよ。共同創業者なのにビル・ゲイツにも対抗心丸出し。というのも、ビル・ゲイツを口説いたのはアランですからね。だから、『なんで、ビルばかり注目を集めるんだ……』と悔しがってた時期もあるようです(笑)」

出典:戦艦武蔵 日本への寄贈を希望するポール・アレン氏に横ヤリ? - ライブドアニュース

0:57 Musashi Expedition 03/06/15

Musashi Expedition 03/06/15

人々の反応はどうなっているの?

天下のウーロン@superuuron

戦艦武蔵をフィリピンが自国のものと言ってるらしいけど流石に冗談きついと思う

Velc(Vまうす)@Garuda@Velc_Fr

武蔵の件もそうだけどやはり金があるっていうのは色々できるね。

脳筋の親玉@blackmanba248

無償で戦艦武蔵を日本に寄贈するとかイケメンすぎだよ

社会という名の檻から解放されたい眞穂さん@maho1864

戦艦武蔵の寄付とか実現しちゃったらもうマイクロソフトに頭上がらないね

ken@akiyamakensama

戦艦武蔵、寄贈の意向ですか。 日本政府には「墓場を掘り起こした貴方のものです。」って固辞するような格好良い対応をしてほしい。

たいちょー@かげろう使い(ザコ@c_default

戦艦武蔵を引き揚げるとか話してるみたいだけどそのまま海底で眠らせておいてあげなよ…国のために戦って亡くなった人たちの墓標を騒ぎ立てて弄るのはよくないと思うわけで

みっちー@\ファンタジスタッドー/@6812000

戦艦武蔵に関してはこのままそっとしておいて欲しいとは思うけど、賊にサルベージされる危険性が残るのなら引き揚げて日本のあるべき場所で展示保管してほしいとも思う

初空咲太@uisorasakuta

アレン氏は武蔵を日本に寄贈するつもりらしいな もしそうなれば無冠の絶対強者戦艦武蔵の帰還がはたされるわけだ 胸が熱いな

Naoya@scf@noy_scf

武蔵を引き上げて日本にお渡ししたい、というすさまじいことをおっしゃってるポール氏だが、マジでそれやりかねないのに加えて「よし次は大和を引き上げて直そうか」みたく戦艦大和のサルベージに取り掛かってきそうで、怖いような見てみたいような

あおば。@nemui171

戦艦武蔵はアメリカで管理してもらったほうがいいと思う。何隻もWW2の艦艇保存してるし。

思いは様々ですね。
今後どうなっていくのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング