ギタリスト春畑道哉のギターテクニックは天賦の才能?【略歴まとめ】

春畑道哉のギターテクニックは天賦の才能? それとも、努力によるもの? それを検証するために彼の略歴をまとめました。

春畑道哉

知る人ぞ知る名ギタリスト 春畑道哉

本名:春畑道哉(はるはた みちや)
愛称:ハル
性別:男性
生年月日:1966年11月5日

「TUBE」のギタリストを担当するかたわら、
作曲家、音楽プロデューサーとしても活動しています。

「シルクロード音楽祭」でベストギタリスト賞を受賞!

「TUBE」の結成経緯

さらに、同音楽祭でベストヴォーカル賞を受賞した前田亘輝と意気投合し、プロデビューを前提にアマチュアバンド「パイプライン」を結成!

翌年に、「The TUBE」と改称してプロデビューを果たしています。

CMに起用!

Sailing To Your Heart

JR四国の関西・首都圏向けCMイメージソングに「Sailing To Your Heart」が起用されたのをきっかけに、メディア展開されていくようになりました。

楽曲提供

TWINZER「LEAVE ME ALONE」

ZARD「IN MY ARMS TONIGHT」

Mi-ke「Pink Christmas」

春畑道哉氏名義だけでなく、前田亘輝氏と共同で行っている「PIPELINE PROJECT」でも楽曲提供を行っているそうです。

上戸彩「感傷」

V6「出せない手紙」

椎名へきる「Everlasting Train ‐終わりなき旅人‐」

MAX「あの夏へと」

中武佳奈子「約束」

稀代の名曲「シーズン・イン・ザ・サン」

0:31 30s キリンビール CM 1989年 キリンびん生 曲 チューブ シーズン・イン・ザ・サン

30s キリンビール CM 1989年 キリンびん生 曲 チューブ シーズン・イン・ザ・サン

バンド名を「The TUBE」から「TUBE」に改名して以降、初のシングル。
前作の「センチメンタルに首ったけ」の売れ行きがあまり良くなく、「この曲で売れなかったらもうクビだよ」と言われた中でのリリースでしたが、歌番組「ザ・ベストテン」で1位にランクインするなどの名曲となりました。
キリンビールのCMで聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

音楽を始めたのは幼少期、でもギターを始めたのは中学生からだった?

幼少時代に「ピアノを習いたい」と両親に頼み、ヤマハ音楽教室に通い始める[3]。小学6年の時、「ピアノは女がやるもんだ、男は野球」の理由で途切れるが、中学時代に春畑がピアノを弾けることを知った同級生からバンドに誘われピアノを再開させる。しかし舞台等で演奏する時、ステージ前方のギタリストが注目されることに対し自身のキーボードの位置がステージ端なことに不満を持ち、ギターを始める。家にあった父のアコースティックギターを手にし、実際自分でエレキを買った時期は高校の時であった。

出典:春畑道哉 - Wikipedia

高校生からギターを始める人、自分でギターを買ってみる人って多いですよね。
春畑道哉さんだって初めてギターを買ったのは高校生からというのですから、
ギターを始めてみるか迷っている方は、思い切って挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

春畑道哉の愛用ギター

FENDER Michiya Haruhata Stratocaster Ⅲ

フェンダー・カスタム・ショップ、シニア・マスター・ビルダーのジョン・イングリッシュ氏とビル・ウォール・レザー氏が共同制作したモデルだそうです。

経緯を聞いただけで凄そうなギターですね……。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング