キングカズ・三浦知良の年俸・年収はいくらなの?

日本サッカーのレジェンドキングカズは一体いくらもらっているのでしょうか。やっぱりお高い?

三浦知良

三浦知良

静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。
横浜FCに所属。

2015年2月現在、プロフェッショナルリーグで実働する
日本の最年長プロサッカー選手であり、
1993年のJリーグ発足当時からプレイを続ける唯一の現役選手でもある。
ニックネームは“カズ”、または“キング・カズ”。

年俸・年収で見る三浦知良という選手。

日本サッカー界のレジェンド・キングカズはやっぱり年俸・年収もたくさんもらっているのでしょうか?

ブラジルでサッカー修行

15歳でサッカー留学。そしてプロ契約へ。

高校を8ヶ月で中退し、単身ブラジル・CAジュベントスへ留学。1984年の秋頃、ジュベントスからキンゼ・デ・ジャウーへ移籍。その育成組織で活躍し、プロ契約を勝ち取ることになる。

86年サントスFCとプロ契約

ブラジルの強豪クラブサントスと契約しプロ生活をスタートさせる。
その後、 パルメイラス→マツバラ→CRB→キンゼ・デ・ジャウー→コリチーバと渡り歩き、
90年に再びサントスに移籍。

もう一度サントスでプレーして自分の力を証明したい

レギュラーポジションを確保し、同年4月29日のパルメイラス戦で1得点1アシストと活躍。ブラジルの新聞はスポーツ紙から一般紙に至るまでカズの活躍を伝えた。

残念ながら、ブラジル時代の年俸についてはデータがありませんでした。

Jリーグ開幕で日本に復帰。そして欧州移籍も

読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎 →現東京ヴェルディ)に

日本のW杯出場に貢献するためにブラジルに残ることよりも日本でプレーすることを決断。
92年のJ開幕。V川崎の黄金期を築いた。

この時の年俸はなんと2億4000万円

この時代にこんなにもらっていたんですね。

日本人初のセリエA選手に ジェノアに期限付き移籍

日本人初だけではなく、アジア人初のセリエAプレーヤーとなった。
しかし、怪我もありあまり活躍できず。

この年の年俸は、およそ1億円です。

クロアチアのザグレブにも在籍

クロアチアのザグレブ約1年程在籍。

年俸などの契約についてはわからず。ただし、このチームが契約をしたのは、スポンサー収入を狙ってとの噂も。

再びJに復帰。関西のチームを中心に渡り歩く

京都でJ通算100得点を記録

やや陰りが見え始めたが、100得点を記録する。

年俸は8000万円程。

神戸ではキャプテンとしてチームを引っ張る

しかし、移籍2年目以降なかなか得点を重ねることができず、衰えが顕著になってくる。
それに合わせて、8000万→4500万と年俸も減っていく。

現在の所属チームである、横浜FCに移籍

横浜FCで現役最年長記録の更新を続ける

40歳も超え、更には今年で47歳となるが、なおも現役を続行。
ホントに50歳まで続けるのか?

<三浦知良の年俸変遷>
年  歳  金額
1986 19
1987 20
1988 21
1989 22
1990 23
1991 24
1992 25 2億4000万円
1993 26
1994 27
1995 28 1億円
1996 29
1997 30 2億4000万円
1998 31
1999 32
2000 33 8000万円


2001 34 8000万円
2002 35 7500万円
2003 36 4500万円
2004 37 4200万円
2005 38 3500万円
2006 39
2007 40 4000万円
2008 41 4000万円
2009 42 3000万円
2010 43 3000万円
2011 44 3000万円
2012 45 1700万円
2013 46
2014 47
2015 48

カズの年俸は、高かったのか?低かったのか?

2014年度のJリーグ高額年俸者

ビッグネームで獲得したフォルランを除くと、1.5億円。
このように見ると、やはりカズは相当もらっていたといえるのではないでしょうか?

Jの平均年俸は2217万円

現在ではさすがに下回っていますが、これまでは十分にもらっていたことがわかりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング