【音の魔術師】魅惑のポップモンスター“MIKA”のおすすめ楽曲を紹介!

2007年のデビュー以来世界中で人気を集めるUK出身のポップアーティスト“MIKA”の、5オクターブの音域で描き出される魅惑の世界を、デビューアルバム『Life In Cartoon Motion』(2007年リリース)の中から独断と偏見で選んだ6曲をご紹介したいと思います!

新時代のポップモンスター“MIKA”

ミーカ(Mika, 1983年8月18日 - )は、レバノン出身、現在ロンドン在住のシンガー・ソングライター、音楽プロデューサー、グラフィック・デザイナー。正式名はマイケル・ホルブルック・ペンニマン・ジュニア (Michael Holbrook Penniman, Jr. 。またミカ・ペンニマン (Mica Penniman のち Mika Penniman) としても知られる。

出典:ミーカ - Wikipedia

音楽界の偉人と比較されるほどの音楽性の高さがMIKAの魅力!

2007年にデビュー。裏声を多用する高音のボーカルを武器に、ウィットに富んだ純度の高いポップチューンが特徴。その音楽性は、しばしばフレディ・マーキュリー、シザー・シスターズ、エルトン・ジョンらと比較される。

出典:ミーカ - Wikipedia

モデル経歴もある彼だが、写真の憂いある佇まいとは裏腹に、実に軽快でポップな音を生み出す。しかも、このポップが並じゃない。"フレディ・マーキュリーの再来"とまで形容されるハイトーンボイスと、全身全霊で音楽を表して、最大級のハッピーを届けてくれる音楽センス。

出典:全英大ヒット!MIKA グレース・ケリー 特集

デビューアルバム『Life In Cartoon Motion』

2007年リリース、MIKAのデビューアルバム『Life In Cartoon Motion』

百聞は一見にしかず!
それではMIKAのデビューアルバム『Life In Cartoon Motion』から魅力あふれる楽曲を紹介していきましょう!

彼がリスペクトするプリンス、エルトン・ジョンなど、名立たるポップシンガーたちのいいところだけをギュッと凝縮したポンジュースならぬ、ポップジュース。デビューアルバム『ライフ・イン・カートゥーン・モーション』が、その100%ポップを堪能出来ることは言うまでもない。

出典:全英大ヒット!MIKA グレース・ケリー 特集

『Grace Kelly』

3:16 MIKA - Grace Kelly

MIKA - Grace Kelly

セクシーとポップを融合したMIKAの魅力がたっぷりつまったナンバー

『Lollipop』

3:14 MIKA - Lollipop

MIKA - Lollipop

かわいらしい軽快なポップがクセになります!

『Love Today』

3:24 MIKA - Love Today

MIKA - Love Today

MIKA独特のやさしいハイトーンが光る一曲!

『Relax,Take It Easy』

3:56 MIKA - Relax, Take It Easy

MIKA - Relax, Take It Easy

落ち着いたリズムとあたたかみのある低音ボイスで、MIKAの音楽の幅広さを実感できます。

『Big Girl (You Are Beautiful)』

3:12 MIKA - Big Girl (You Are Beautiful)

MIKA - Big Girl (You Are Beautiful)

心地よいベース音にMIKAの透き通った声がのったクールなポップチューン!

『Erase』

3:30 Mika - Erase

Mika - Erase

ポップさをなくしたゆったりしたテンポとせつない歌詞が何とも言えない一曲。心にきます。

『Happy Ending』

3:41 MIKA - Happy Ending (Long Version)

MIKA - Happy Ending (Long Version)

ポップモンスター“MIKA”が歌い上げる珠玉のバラード。名曲です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング