芸能界を引退した喜多嶋舞ってどんな経歴の持ち主なの?

女優として活躍して、2015年に芸能界を引退した喜多嶋舞の経歴について詳しく紹介します。

2015年に芸能界を引退した喜多嶋舞

女優人生に幕をおろした喜多嶋舞

女優として活躍した喜多嶋舞は2015年11月30日に芸能界を引退しました

女優の喜多嶋舞(43)が8日発売の女性誌「婦人公論」(12月22日・1月4日号)の独占取材に応じ、芸能界からの引退を表明した。

出典:喜多嶋舞、芸能界引退を表明「残りの人生を母として妻として生きる」 —...

残りの人生は母として生きると決めた喜多嶋舞

長男のために残りの人生を生きようと決意した喜多嶋舞

出典:pbs.twimg.com

長男のために残りの人生を生きようと決意した喜多嶋舞

「自分が芸能人であるせいで息子が好奇の目にさらされてしまっている」と思ったため、このような決断をしたといいます。

喜多嶋は引退理由について「私が女優だから、息子や家族が世間の好奇な目にさらされてしまった」と説明した。「女優としての自分の人生にピリオドを打ち残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた」と、長男のために芸能界を離れるとした。

出典:喜多嶋舞、芸能界引退を表明「残りの人生を母として妻として生きる」 —...

そんな喜多嶋舞とはどのような人物なのでしょうか?紹介していきます。

喜多嶋舞の経歴を紹介します

芸能一家に産まれる

母親は女優で父親は音楽プロデューサーという芸能一家に産まれた喜多嶋舞

出典:pbs.twimg.com

母親は女優で父親は音楽プロデューサーという芸能一家に産まれた喜多嶋舞

ちなみに父親は元ザ・ランチャーズでもあります。

母親は女優の内藤洋子、父親は元ザ・ランチャーズで、音楽プロデューサーの喜多嶋修。

出典:喜多嶋舞 - Wikipedia

2歳の時に海外へ

喜多嶋舞は両親と移住してカリフォルニア州で育った

2歳の時から海外にいたなんてリッチですね。

2歳のころに、両親とともにアメリカ合衆国へ移住、カリフォルニア州で育った。

出典:【実父判明?!】大沢樹生・喜多嶋舞の息子の父親騒動のその後とは|MARBLE [マーブル]

1986年に芸能界デビュー

奥田瑛二と共演したCMで芸能界デビューした喜多嶋舞

1986年に、富士写真フイルムのコンパクトカメラ 「ニューカルディア」のCMで芸能界デビュー。共演者は、俳優の奥田瑛二だった。

出典:カッコウ女、喜多嶋舞が引退!「大沢が初めて付き合った人」と肉食説を否定 | 芸能先生

1988年に歌手デビュー

音楽プロデューサーの父・喜多嶋修のプロデュースで歌手デビューした喜多嶋舞

お父さんが音楽プロデューサーだと心強いですね。

1988年 父・修がプロデュースしたシングル『Whisper』で歌手デビュー。

出典:【実父判明?!】大沢樹生・喜多嶋舞の息子の父親騒動のその後とは|MARBLE [マーブル]

1988年にドラマで主演を務める

ドラマ『ときめきざかり』で初主演を務めて女優として活動し始めた喜多嶋舞

出典:pbs.twimg.com

ドラマ『ときめきざかり』で初主演を務めて女優として活動し始めた喜多嶋舞

このドラマ『ときめきざかり』では『Whisper』が挿入歌としてつかわれました。

女優としてフジテレビ系ドラマ『ときめきざかり』で初主演、NHKの大河ドラマ『春日局』などにも出演していた。

出典:喜多嶋舞が芸能界引退を発表!長男の本当の父親は「再鑑定で明らかにする」と宣言

時代劇にも多く出演

アイドル女優と言われていた喜多嶋舞は徐々に大人の女優に

出典:pbs.twimg.com

アイドル女優と言われていた喜多嶋舞は徐々に大人の女優に

可愛らしい印象のある女優から大人の落ち着いた印象の女優になっていったんですね。

1990年代に入ってからは単なるアイドル女優から脱皮して、時代劇への出演や現代劇でも悪女役などに挑戦する。

出典:喜多嶋舞 - Wikipedia

1996年に結婚

元光GENJIの大沢樹生と結婚した喜多嶋舞

出典:pbs.twimg.com

元光GENJIの大沢樹生と結婚した喜多嶋舞

その後、男児を出産しましたが、2005年に離婚します。

長年交際していた男性アイドル・大沢樹生(元光GENJI)と1996年6月、妊娠(当時妊娠3か月)を契機に結婚する。その後男児を出産したが、2005年に大沢と離婚。

出典:喜多嶋舞 - Wikipedia

そしてこの時に出産した長男のために芸能界を引退しました。

母親として生きると決めた喜多嶋舞

母として妻として幸せに暮らしていってほしいですね!

出典:pbs.twimg.com

母として妻として幸せに暮らしていってほしいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング