子宮ガンとの付き合い方:女優・洞口依子と子宮会議

「ドレミファ娘の血が騒ぐ」で有名な女優:洞口依子さん。彼女は2004年子宮がんになりました。子宮がん発症前の兆高、手術への苦しみ、手術後も残るPTSDなどについてです。

洞口依子

洞口依子

1965年3月18日(49歳)の女優。
黒澤清や伊丹十三などの映画に出演する実力派の女優さんです。
1997年、NHKのディレクターと結婚。
2004年に子宮がんとなります。

若かりし頃の洞口依子

篠山紀信によって見出され、やがて映画デビュー。

カルトムービー「ドレミファ娘の血が騒ぐ」で映画デビュー

ドラマ「翔ぶが如く」で坂本竜馬の妻おりょうをやるなど脇役ながらその演技力は高く評価されていた。

女優・洞口依子とガンとの闘い

冬になると気持ちが落ちる洞口依子

新年を迎えるころ、毎年1月から彼女は鬱になるという。
それはあの闘病生活が思い出されるからだ

 毎年このくらいの季節になると、カラダは元気なのに、気持ちがどんより落ちる時がある。
 自称・ソーラーパワーシステム・ガールとしては、屋外で裸足になってお陽様に当たらないと、元気が出ない。


 日照時間が少ない故の「冬鬱」というのもあるそうだが、それとはまたちょっと違う。
 私の場合、過去の子宮がん闘病体験を思い出させる時期なのである。

出典:私は一人自警団?!:のら猫万華鏡: - エンタメ - 47NEWS(よんななニュース)

ガンの前兆

受診を先延ばしにしているうちに、取り返しのつかない経験をした人がいる。

洞口依子は発覚半年前から兆しがあったそうです

その前の年の夏ごろから生理不順が続いていたんですが、夏の疲れやストレスのせいだろうと思い込んでいたんです。そのうちに生理以外のときに出血があり、痛みも出始めました。

出典:NEWSポストセブン|洞口依子 子宮筋腫だと思って検査したら子宮頚がんだった│

女医でないと嫌だとおもう洞口依子さん

女医さんじゃなきゃイヤだという気持ちが強かったのと、自分では子宮筋腫を疑っていたんで、入院設備が整った大きな病院で診てもらう必要があると思っていたんです。

出典:女優洞口依子さんが語る、子宮頸がんと共存するまでの、長い長い道のり...

結局友人の手配で山王病院にいき、そこで見てもらい女医のすすめで東京医療センターできちんと検査してもらうことに。

2004年1月、洞口依子ガン発覚

東京・駒沢の東京医療センターで子宮頸がんの1B2期と診断された。

子宮ガンと診断された洞口依子さん

がんは5センチくらいの大きさになっているが子宮頸部に留まっており、他の臓器への浸潤は見られないという。

出典:女優洞口依子さんが語る、子宮頸がんと共存するまでの、長い長い道のり...

手術とリスク

洞口依子さんのように子宮がんには女性として悔しいリスクが伴います。

広汎性子宮全摘手術は、子宮だけでなく卵巣、卵管、膣の一部、骨盤内のリンパ節までを一度に切除してしまう大手術で、医師の説明を聞いていて、思わず固まってしまいました。いつか夫との子供を産めたら、と漠然と思っていましたが、断念するしかありませんでした

出典:NEWSポストセブン|洞口依子 子宮筋腫だと思って検査したら子宮頚がんだった│

こどもを諦めるしかなかった。。。

理解できないという思いが募ってしまう。

医療知識のない洞口依子さん。がんの大きさは5センチなので、なぜ、そこまでするのか理解できなかったそうです。

数ミリの場合は消失するが、5センチの場合は完全に消失したように見えても残っていて再発するケースが少なくない

8時間の手術を決断した洞口依子さん

決め手になったのは、『もし放射線で完全に退治できなかった場合、手術を受けたくても受けられないんですよ』と言われたことだそうです。

手術後も襲う脅威

洞口依子さん、手術後も子宮がなくなったということの恐怖が残りました。

そう、何年経っても、この季節の空気感、真冬の匂い、どんより低いねずみ色の空から覗く黄金色の陽射しだけでも、子宮とさよならした当時の記憶が蘇ってしまう。


 突然、激しい呼吸困難に襲われることもあった。


 婦人科の医師の勧めもあって、精神科を受診すると、手術によって失われたモノへのトラウマが起こす「不安障害」と言われた。
 いわゆる、心的外傷後ストレス障害(PTSD)である。

出典:私は一人自警団?!:のら猫万華鏡: - エンタメ - 47NEWS(よんななニュース)

河口「子宮を失って気づいたことがあります。でも、このつらさは誰にも経験してほしくない。」

私にとって、人生のおとしまえをつける最期にふさわしい場所はどこなのか?


 だけど、私は生きるために、ここまで生きて来た。そして、これからも生き抜くだろう。

出典:私は一人自警団?!:のら猫万華鏡: - エンタメ - 47NEWS(よんななニュース)

洞口依子さんの著書「子宮会議」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング