映画への挑戦を続ける前田敦子の活動

前田敦子は映画に対してこれまで積極的にアプローチを続けてきました。AKB48を卒業してからはとりわけ女優業に集中してさまざまな映画に取り組んでいます。自身も映画が大好きだという前田敦子がインタビューで垣間見せた 出演映画への想いをここでは紹介します。

前田敦子が出演した映画「苦役列車」

前田敦子出演映画「苦役列車」

AKB48卒業後まもなくして、前田敦子自身が大ファンと公言する映画監督である
山下敦弘監督の作品「苦役列車」に出演しました。インタビューでは演じると
いうことについて独自の考えを述べています。

「演じる上ではやっぱり、リアルなものを追求していきたい。その想いが自分のなかには、確実にあります。自然に演じるって、いちばん難しいことだと思うけど、それを表現するためには『普通』を経験していくのかがいちばんなんだろうな、って思います」

出典:前田敦子インタビュー『苦役列車』 - 【楽天エンタメナビ:映画】

今までなかなか送れなかった普通の生活を体験することが大切だと語っています。

映画内ではずぶ濡れになってがんばりました

夢を叶えることの難しさと大切さを伝えた「もらとりあむタマ子」

前田敦子出演映画「もらとりあむタマ子」

尊敬する山下敦弘監督と再びタッグを組み「もらとりあむタマ子」では主演を果たしました。山下監督との対談では主人公タマ子に自分を重ねた上で、夢見ることの大切さを語っています。

――タマ子はその夢を周囲に隠そうとしますが、前田さんがデビューする前もそのような気持ちはありましたか。
前田:誰にも言わなかったですね。親に言うのも嫌だったので、なかなか挑戦しようと思う機会もなかったですね。たぶん誰でも恥ずかしいと思うんですよ。でも、誰かに言わないと実現しない。それが一番の難関だと思います。

出典:前田敦子×山下敦弘監督、『もらとりあむタマ子』から見えた初の恋愛映画構想...

シャイと評判の前田敦子らしい発言ですね。

この映画ではぐーたらなタマ子を熱演

ぐたっとする前田敦子がかわいい

新しい監督との出会いを語った「さよなら歌舞伎町」

不器用な若者を繊細に演じた前田敦子

2015年公開の映画「さよなら歌舞伎町」では共演した染谷将太との対談を果たしました。幅広いジャンルの映画を撮り続ける廣木隆一監督に多大な影響を受けたようで、撮影時を印象的に振り返っています。

前田「私は冷静に向き合ってくださる監督だなと感じました。時間がないのにもかかわらず、時間を惜しみなくくださる方でしたね。リテイクもしてくださいましたし、なんて役者に対して優しいんだろうって思っていました」

出典:さよなら歌舞伎町 インタビュー:...

染谷将太同様に絶大な信頼感を寄せているようです。

この映画ではラブシーンにもチャレンジ

いかがでしたでしょうか?女優として着実に成長していく前田敦子の様子が伝わりましたでしょうか?今後も多くの映画に出演する予定の前田敦子の姿から目が離せません!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング