〔現ミネイロ監督〕日本代表監督候補クルピ監督の選手の育て方〔C大阪香川・山口・柿谷〕

香川、柿谷を育てた元セレッソ大阪の監督レヴィー・クルピ。若手を育てるのが上手い世界トップクラスのブリーダー監督が今回日本代表監督候補になっています。クルピの選手の育て方まとめ!

レヴィー・クルピ

レヴィー・クルピ

セレッソ大阪の監督として日本人を世界最高峰のクラブに送り出した男クルピ。

本人自身はサッカー選手としてはうまくはなかった。
だからこそ、若手を育てることが上手い「ニュー・ジェネレーション」の指導者。

クルピという監督のこれまで

選手としてはいまいちだったクルピ

1972年ブラジルのパラナ州にある古豪で元日本代表・三浦知良も所属したコリチーバFCでサッカー選手になる。8つのチームに所属したが、どこも長くはもたず、1985年に引退。87年からマネージャーに。

ブラジルの名門を指揮してきたクルピ

2006年名門だったが、2部に堕ちてしまったアトレチコ・ミネイロで監督に就任するとキセキの逆転昇格を果たす。

2007年、セレッソ大阪の監督に再度就任

1997年にセレッソ大阪の監督に就任し、チームを形成。
その後解任されるも、2007年から都並に代わり、セレッソ監督に就任。

2013年C大阪を去ったクルピ

清武弘嗣、乾貴士、香川真司、柿谷曜一朗、山口螢、扇原貴宏など若手を積極的に登用し、2009年にJ1昇格。
2013年、契約の問題でセレッソを去ることになるが、育てた若手は海外トップチームで活躍する選手に育った。

「セレッソのサポーターは、本当に素晴らしい。あれほど名残惜しんでもらって、本当に感激した。それなのに、『ぜひまた大阪に戻ってきたい。そのときは、もちろんガンバの監督として…』なんて冗談を言ってしまって(笑)。セレッソとそのサポーターのことは、これからも常に私の心の中にある」

出典:クルピが語る日本代表「私が監督なら闘莉王を使う。ボランチの軸は(山口)螢にする」

愛ある監督クルピ

若手を伸ばす監督として有名なクルピ

伸ばす力なんて本まで書いちゃってます。

「私は、若い選手を起用するのに躊躇がないからね。日本には、年長者を尊ぶ文化がある。それは素晴らしいことなのだが、スポーツでは時としてそれが邪魔になる。日本人監督の中には年上の選手を重用する人がいるようだが、私は選手の年齢にはまったくこだわらない。15歳であろうと40歳であろうと、能力があればピッチへ送り込む」

出典:香川・柿谷らの才能はなぜ磨かれたのか? 恩師クルピが語る育成論と日本サッカーの課題

曜一朗の素質はネイマールに引けをとらない。しかし、若い頃は『将来、自分はこんな選手になるんだ』という『夢』を持っておらず、練習に真剣に向き合わなかった。何度も呼んで話をしたが、効果がなかった。

 それで、J2のクラブ(徳島ヴォルティス)へ出したんだ。そこで、彼は初めて『夢』を抱き、生まれ変わってセレッソへ戻ってきた。私は、彼のことを息子同然に思っている。

出典:香川・柿谷らの才能はなぜ磨かれたのか? 恩師クルピが語る育成論と日本サッカーの課題

<クルピが選手に伝える成功のプロセス>

夢→規律→成功

君たちは、「夢」を持たなければならない。どんな選手になり、どこで、どんなことをしたいのか。選手として、何を成し遂げたいのかできるだけ強く思い浮かべるのだ。

と本では語られています。

そんな彼も日本代表の次期監督候補に挙がります。

だが日本の現状を考えると、良い意味で最も大きなサプライズの可能性を秘めるのが、C大阪で次々に若い選手を引き上げ、攻撃的なスタイルでJリーグを盛り上げたレヴィー・クルピかもしれない。

出典:元C大阪のクルピが日本代表新監督に適任?新戦力の抜擢に期待 : スパねこ...

クルピが就任したらどうなる?日本代表!

クルピが語る日本代表「私が監督なら闘莉王を使う。ボランチの軸は(山口)螢にする」

出典:クルピが語る日本代表「私が監督なら闘莉王を使う。ボランチの軸は(山口)螢にする」

2014年の頭に語っていたこと

「私が監督なら、闘莉王をピッチに立たせる。高さと強さがあり、精神的に非常に逞しく、リーダーシップがある」

出典:クルピが語る日本代表「私が監督なら闘莉王を使う。ボランチの軸は(山口)螢にする」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング