載寧龍二 スーパー戦隊と仮面ライダーになった男

日曜朝の特撮では様々な俳優が出演しますが、スーパー戦隊と仮面ライダーの両方に変身した人は珍しいのではないでしょうか。載寧龍二さんについてまとめました。

俳優、載寧龍二

ニチアサで有名に

載寧龍二さんは、特撮で有名になった俳優です。

1981(昭和56)年10月8日生まれ。広島県東広島市出身。

「載寧」という名字は本名で、全国でも100人ぐらいしかいないらしい希少な名字らしい。

明治大学在学中に、特に芸能界に憧れていたわけではないが、偶然、雑誌のモデル募集告知を見て面白そうだと応募し、生まれて初めてのオーディションをクリアしてファッションモデルとしてデビューした。

出典:載寧龍二とは (サイネイリュウジとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

載寧龍二がファッションモデルを務めていた雑誌

「BOON」という雑誌の専属モデルでした。

ファッションモデルから俳優へ

モデル時代に俳優という仕事に携わり、芝居の面白さに惹かれて俳優に転身したそうです。

特撮に出演する載寧龍二

子供の母親のハートを鷲づかみ

載寧龍二さんは後述の作品で名前が知れ渡るように。子供はもちろん、母親にも人気が出たようでイメージDVDも発売されたとか。

特捜戦隊デカレンジャー

赤座伴番(デカレッド)

出典:pbs.twimg.com

赤座伴番(デカレッド)

警察をモチーフにしたスーパー戦隊では、破天荒な新米刑事のレッドを演じました。

※中央の人物が載寧龍二演じる赤座伴番です。

デカレンジャーのデカレッド

やっぱりレッドはかっこいいですね!

2004年には、スーパー戦隊シリーズ「特捜戦隊デカレンジャー」にて、「バン」こと「赤座伴番(あかざ ばんばん)/デカレッド」役に抜擢された。抜擢当初は、頼りがいのあるリーダーで優等生と言うスーパー戦隊シリーズのレッドのイメージを持っていた為か、自分には合わないと考えていた時期があり、オーディションの際も、ブルーやブラック役を希望していたが、演じる「バン」が、所謂リーダータイプのレッドではなく、破天荒な行動で突っ走るタイプだった為、自分らしいレッド像をつくりあげていった。

出典:載寧龍二とは (サイネイリュウジとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

1:00 特捜戦隊デカレンジャー 新番予告映像集

特捜戦隊デカレンジャー 新番予告映像集

仮面ライダーウィザード

仮面ライダーにもなった載寧龍二

「劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land」では、魔法使いの国で仮面ライダーに変身する近衛隊長の役で出演しました。

仮面ライダーメイジ

「誰でも仮面ライダーに変身できる世界」で、敵と戦っています。

0:15 劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land 予告

劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land 予告

その他、載寧龍二の出演作品

テニスの王子様の実写映画

大人気マンガの実写映画にも、載寧龍二さんは出演しています。

跡部景吾を演じた載寧龍二

氷帝学園中テニス部の部長で凄腕のテニスプレーヤーである跡部景吾を演じました。

1:33 the prince of tennis

the prince of tennis

7:04 実写映画テニスの王子様:スペシャル対談

実写映画テニスの王子様:スペシャル対談

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング