鬼編集長アナ・ウィンターの性格を物語るエピソード【女帝】

映画『プラダを着た悪魔』のモデルとなっているアナ・ウィンター。雑誌「VOGUE」の編集長として長年活躍している女性です。鬼編集長と言われており、その性格はかなりキツいとのこと。知られざる性格についてまとめてみました!

映画『プラダを着た悪魔』のミランダ編集長のモデルになった事で有名!

映画『プラダを着た悪魔』のミランダ編集長のモデルで有名なアナ・ウィンター!

お綺麗な方ですね!
他人に厳しい分、自分にも厳しいからこのように美しく入れるんですかね?!

映画ではメリル・ストリープがミランダを演じました!

アナ・ウィンターをモデルとした鬼編集長ミランダ!

映画を見れば分かりますが、出来なければ見捨てるという、怒るタイプではなく冷たく突き放す感じなので結構怖いです。

にわか映画好きbot@NIWAKA_Movie

プラダを着た悪魔/デヴィッド・フランケル 主人公アンディはNYの人気トップファッション誌「ランウェイ」の女性編集長ミランダの下で助手として働くことになるが、そのミランダはまさに悪魔そのものであった…。 「キャリアウーマンな」にわか映画好きにオススメ。

コルクマリー@人狼PL@Korkmarie

@himatsubu_jinro プラダを着た悪魔は、私はミランダが好きなキャラでした。性格はきついですけど仕事は優秀で、いいキャラ付けになってたと思います。

予告を見ただけでもそのキツさはうかがえると思います!

2:12 プラダを着た悪魔 予告編 The Devil wears Prada - trailer + Brands

プラダを着た悪魔 予告編 The Devil wears Prada - trailer + Brands

ちなみに自信をモデルにしたこの『プラダを着た悪魔』に対してアナ・ウィンターは大激怒しているらしいです。

相当性格がキツイとされるエピソードを紹介!

エピソード① 編集長就任時に人が辞める

アナがVogueの編集長に就任した際、 最終的に首を切られた、もしくは自主退社した人数は30名と言われています。

性格のキツさから「雪の女王」と揶揄されるアナ・ウィンター!

上手い感じに「アナと雪の女王」になっていてビックリです笑
ここに由来してたりしないんですかね笑

エピソード② ファッションショーの日付を変更できる!

アナ・ウィンターはパリのファッションショーの日取りを、自分の都合で思うままに変更する事ができる。

相当な自己中とも言われているアナ・ウィンター!

大々的なものを自分一人で変えてしまうってその事時代も凄いですけど、メンタルも強そうです。

エピソード③ 学校にて

脚が太くなりたくないという理由で 体育の授業を不参加していたといいます。

脚が細く綺麗なアナ・ウィンター!

中学、高校の頃からこういう事って考えるものなんですかね?!

エピソード④ 部下への態度

長年尽くしてくれた部下が好条件でヘッドハンティングされると、「昇進させる」と嘘をついてチャンスを潰したという。

自分に都合の悪い事が大嫌いなアナ・ウィンター!

ここまで来ると羨ましさを感じてしまいますね。
凄いメンタルです!

仕事は超一流!現在もアメリカ版『VOGUE』の編集長として君臨!

US(アメリカ)版『VOGUE』

アナ・ウィンターはイギリス人ですが、本国アメリカより依頼されているらしいです。

今後はどんなエピソードが飛び出てくるのでしょうか?

Lantis Gaudy(Aile)@LantisGaudy

例えるなら、プラダを着た悪魔のミランダって感じ 彼女の授業は厳しかったけど、教わった作法や立ち振る舞いは今でも役に立ってますね(^-^)

プラダを着た悪魔セリフbot@prada_debil

ミランダはランウェイの編集長よ。伝説的存在。彼女の元で1年働けば、どこの出版社でも通用する。 エミリーhttps://t.co/dDXAhrWE54

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オトナ女子にもっとハッピーな休日を

この記事を友達に教える

この記事に関するお問い合わせ

ランキング